スキップしてメイン コンテンツに移動

Q.「技術者が中央に集中してしまう流れは止められないのか」

In responce to:
田舎Ruby親方:プログラマの東京集中は止まらない
東京に集中とか地方でプログラマとか - HsbtDiary

@hsbtさんに名指しされたので、ちょっと長文書いてみましょうか。



問題提起は「技術者が中央に集中してしまう流れは止められないのか」ということ。
僕の結論は「今は止まらないし、手を打たないといつまでも止められない」になる。

技術者が中央に集中する地方の要因は三つ。
  • 人件費が低い
  • 業務に新規性が無い
  • 一つの技術を追求することが難しい
その要因が発生する原因は二つ。
  • 案件数が少ない
  • 案件規模が小さい


(1)案件数が少ない
2005年度調査では、東京都の人口は1257万、北海道は562万。実に2.5倍の人口差があるわけで、もちろんその分企業の数にも差が出てくる。結果、東京での案件数に比べ、北海道の案件数は非常に少ない。
そもそも企業規模が小さく為、ちょっとPCに詳しい人がパッケージソフトウェアをマクロでカスタマイズしたようなシステムで事業が事足りていることが多く、外部に発注するようなシステムを必要としない。外部発注が必要な規模のシステムだと官公庁・文教(大学等)・金融・病院・大規模流通会社くらいだろうが、この辺は東京本社の大手ベンダががっつり抑えているし、発注側も実績の無いような中小企業になんて出さない。結果実績のある大手ベンダが抑え、その下に中小企業が孫請けひ孫請けで張り付く、という所謂IT土方の流れが構成されて切り崩せない。これじゃ地元にお金が落ちないよね、と地方自治体は地元企業指定で案件入札かけるが、そうは言っても大規模システムを受注しきれるような体力のある会社は地方にあるはずも無く「名前だけ地元企業→大手ベンダが子請け→更に中小企業が孫請け」というラインが出来る。
この階層請負システムのせいで、更に昨今の不況が加わって、案件単価はどんどん下がり、その分中小企業の人件費がどんどん叩かれるし、案件を取るだけの体力の無い会社はバンバン潰れていく。そうすると雇用枠自体が少なくなり、結果地方から中央への人材の流出が発生するわけだ。正直なところ、東京と地方では、生活コストにはまだ差があるにせよ、物価というレベルではほとんど大差無い。しかし単価で言えば3~4倍の差があるのが実情。それはIT土方システムの中で中抜きされてる分に加え、単価競争というバッドスパイラルが大きな要因になっている。

(2)案件規模が小さい
地方は人口が少ない分企業規模も小さい。そうすると案件規模も小さいものしか出てこない。東京では億単位の案件を経験する事も良くあるだろうけれど、地方でいえば大きくて数千万規模くらい。
案件規模が小さい以上、一つのプロジェクトに大人数を割くことが出来ず、小規模人数でのプロジェクトになる。システムの規模がそこそこあるのに小規模人数で行わなければいけない場合、どういうことが起きるかというと、一人当たりの担当技術の幅が広がるわけだ。大規模案件ではサーバ系、ネットワーク系、バックアップ/ストレージ系、アプリケーション系、セキュリティ系と、技術の種類によって担当チームを分けることが出来る。しかし小規模案件では、一人で設計から構築・保守まで、サーバもネットワークもバックアップ/ストレージもセキュリティも、場合によってはアプリケーションまで面倒を見る必要が出てくる。
そうなると一つの技術を深く追求することが出来ず、結果地方では「広く浅く」の技術者が多くなる。また「広く浅く」の技術者が集まってシステムを構築する以上、新しい技術や珍しい技術にチャレンジするだけの時間も金も余裕も無い。一つの案件で試せる新技術は一つか二つ、他は過去に経験したシステムからの流用で済ます。そうすると技術の最先端を望むような技術者にとっては「楽しくない」と感じてしまうことになる。新しい技術、大規模案件でしか適用できないような技術にチャレンジしたのであれば、中央で仕事をするほうが機会は多くなる。


つまり、中央に出るべき人材は
  • 大規模な仕事をしたい人
  • 新しい技術or高額な機械を使うような仕事をしたい人
である。
ちなみに僕は中央で仕事をすることを自社で推奨しているし、出来れば東京での案件を受注しようとしている。それは何故かというと、(1)新しい技術を使って仕事をする機会が得られること、(2)地方では触れないような高額な機械を使った設計構築が出来ること、(3)地方と中央でのビジネススピードの差を感じることが出来ることだ。もちろん永住して欲しいとは思っておらず、2,3年短期で東京での仕事を経験し、その経験を地方に帰ってきてから活かして欲しい、という事なんだけど。


では、技術者の中央集中を防ぎ、地方に技術者を留める為にはどうしたら良いのか?逆に考えていけば
  1. 地方でも新しい技術or高額な機械を使えるような仕事があれば良い
  2. その為には、地方で大規模な仕事があれば良い
のだが、もちろんそう簡単にはいかない。前述したとおり、まず現在は人件費がどんどんカットされ、雇用自体が減っている状態なのだ。まずは地方に技術者が留まれるだけの雇用を用意する事、その中で大手ベンダに依存しない業務(例えば新しいWebサービスだったり、新しいパッケージだったり)が生まれること、そしてその業務に憧れた技術者がまた地方に留まっていくこと。そんなグッドスパイラルが構築されないと、地方の技術者を取り巻く環境はどんどん疲弊していくだけなんじゃないだろうか。


以上が僕が認識している現実。以下は僕の思い。上記の通り、まずは地方で雇用を確保し、技術者が留まる土壌を作ることが、今の僕のミッションだと思っている。正直なところ僕は自分の技術者としてのクリエイティビティは諦めていて、僕が新しい何かを生み出すことは出来ないと思っているけれど、その新しい何かを生み出すことが出来る技術者を、北海道で育てることこそが、僕のやるべきことなんじゃないかと思ってる。僕が今までやってきた通り、中央にある案件を(技術的に面白みが無いとしても)地方に移し、地方で雇用を確保する。これがまず第一歩だと思うのだ。僕は北海道という土地で、技術者の為に土地を耕し、種を植えたい。いつか大きな花が生まれ、北海道を技術者の楽園にして欲しい。そう願ってる。

さて、この辺の話には@snoozer05さんとか@bokusamaさんが色々想いを抱えてるんじゃないかなーと思っているので(無茶振り)いつかお互いにアプトプットし合いたいなと思う。

コメント

  1. 的確な分析ありがとうございます!
    どちらも実情に即していると思います。

    返信削除
  2. hsbtさん>
    振りに乗ってみました!僕が感じてること、あと又聞きの部分もあるので、もし違う意見なんかがあれば是非教えて下さい。この辺、地方技術者としては切実な問題ですよねぇ。

    返信削除
  3. すごくその通りだと思うんですが、
    東京の仕事を持ち帰るってだけなら根本的にどうなんだろうなぁと思いながら就職活動してます。

    僕の理想ではあるんですが、
    もっと北海道が首都圏から自立して全く違う文化圏と
    仕事の流れを作れるほどに成長すればなぁと考えています。

    返信削除
  4. いすさん>
    僕としては、東京の仕事を持ち帰るというのはあくまで「雇用を確保」が目的であって、そこから何かが生まれるものでは無い、と割り切ってます。現状地元で雇用が確保できるほどのビジネスが無い以上仕方が無いかなーと。
    北海道が中央と違う文化圏になるまで成長するには、その基盤というか中心になるビジネス/サービスが必要になるでしょうね。今の状態は結局ビジネス/サービス自体が中央依存ですから。
    就職活動、頑張って下さい!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

リモートワークは仕組みじゃなくて文化です

ここ最近、コロナウイルス関連の報道が数多くあるが、その中でも多くの企業がリモートワークを推奨するという記事やプレスリリースが注目を浴びている。それ自体はもちろん大変望ましい。不要な対面での接点を減らすことで感染リスクを抑えることが出来るし、通勤ラッシュや首都圏への経済集中も抑制出来るからだ。 だがちょっと待ってほしい。リモートワークというのは社員が在宅で働くことだけを指すのではない。 社員が在宅で働いても出社時と同じパフォーマンスが出ること をリモートワークというのだ。だからこの記事のタイトルで「リモートワークは仕組みじゃなくて文化です」と書いた。 弊社がリモートワークを導入したのは2011年の東日本大震災がきっかけだけれど、9年経った今、どのようにリモートワークを運用して、そしてパフォーマンスを維持しているかを共有したいと思う。以下のことが文化として根付けば、その会社のメンバーはリモートワークでもオフィスでも同じようなパフォーマンスが発揮出来るはずだ。 1.勤怠を厳密に管理しない え、だってダルくないすか。管理するの。何時に働き始めて何時に働き終わったかなんて関係ないっしょ。大事なのは働いた結果のアウトプットであり、働いた時間なんか問題じゃない。 2.休憩も厳密に管理しない え、だってダルくないすか。管理するの。何時に休憩し始め(ry 3.工数を厳密に管理しない え、だ(ry 4.目に見えるアウトプットを意識する 当然のことながら、仕事は結果が全てであり、結果が出なければどこで何時間働いたって意味がない。そして結果というのは目に見えなければ意味がない。 だからこそ、アウトプットを出すこと、アウトプットを評価することに徹底的にこだわる。それはドキュメントかもしれないし、お客様やパートナーとコミュニケーションするためのメールかもしれないし、社内の改善活動かもしれないし、メンバーへのフォローかもしれないし、ブログかもしれないし、Slackでの発言かもしれない。 とにかく目に見えないものは周りも認められない。目に見えるアウトプットしか評価されないし、そのために徹底的にアウトプットするんだ、という意識を社内でしっかりと作ることが重要。 5.コミュニケーションコストを意識する どんなに頑張っても、オンラインのコミ

これで完璧!本当に役立つテレワークマナー

コロナ禍によってテレワークを導入する企業が増えた昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕は4連休明けでダルかったので有給を取得し妻とデートしてきました。イェーイ。 さて、 弊社 も今年2月以降は全社員完全テレワークに移行しました。弊社は2011年からテレワークを導入し各自が自由に活用していたため、特に大きな問題も無くテレワーク体制に移行したのですが、全社員完全テレワークは初めての状況であり、幾つかの課題が発生しました。特に、その状況下でも新しく入社する社員がいますので、これまで社内で培ってきた暗黙の了解が共有出来ないことは大きな課題でした。 ということで、本記事では、弊社のテレワークマナーについてご紹介したいと思います。皆さんのご参考になれば幸いです。 業務の開始と終了はチャットで宣言する これはオフィス出社時でもテレワークでも変わらないのですが、業務開始時と業務終了時にはSlackで宣言しています。弊社ではこれを開店/閉店と呼んでいます。 気をつけて頂きたいのは、これは 報告ではなく共有である ということです。業務開始と業務終了を共有しておくことで、同僚が相談したり依頼をしたりできる時間を把握出来ます。この共有をしておかないと、業務開始前や業務終了後にMentionがバンバン飛んで来るかもしれません。もちろん飛んできたからって怒るメンバーはいないのですが、お互いちょっとした気遣いが出来るように、自分が働いている時間は共有しておくと良いでしょう。 これは休憩時間も同様です。昼休みにのんびりゲームしているときにスマホがブーブー鳴っていたら気が散るかもしれません。休憩開始と終了をSlackで宣言することでゆっくり休憩することが出来ます。休憩中は Display name の後ろに「休憩中」等と付けておくのも良いでしょう。 マイクとスピーカーはPC内蔵のものを使わない PCの性能は以前と比べて格段に上がっていますが、残念ながらマイクとスピーカーはそうではありません。マイクについては音質は向上しているものの、指向性が無いために周囲の音を拾ってしまいます。そしてPC操作時には、どうしても打鍵音がダイレクトに響いてしまいます。またスピーカーは、まぁ正直全く駄目です。音楽を聞くのにさえ向いていないのに、音声のやり取りなんか出来るわけがない。 マイクとスピーカーは必ず別に用意しましょ

ネガティブなフィードバックをする時に意識したい7つのこと

僕は現在は取締役兼事業本部長という立ち位置でお仕事させて頂いてますが、元々はエンジニアで、かつピープルマネージメントを15年以上しておりました。僕がマネジメントしたメンバーは合算すると200人以上になります。正直に言えば、楽しいことはたくさんあったけれど、もちろん辛いことも多々経験していまして、特にメンバーに対してネガティブなフィードバックをすることは大きな苦しみの一つです。 最近、自分の部署の若いマネージャーから、ネガティブなフィードバックを上手に行うことが難しく課題に感じている、という声があったので、僕の経験をまとめてみました。 ポジティブなフィードバックをセットにして伝える どんな人にとっても、悪い話を聞くことは楽しい経験ではありません。悪い話だけを聞き続けると、不愉快な感情が理性を覆い隠してしまいます。しかしフィードバックとは叱ることではなく、どのように改善していくかを議論するためのきっかけであり、感情的になることはマイナスに働きます。ネガティブなフィードバックを伝える時は、ポジティブなフィードバックをセットに、出来れば先に伝えます。良い点がない人はいません(そんな人は採用していないはずです)から、必ず褒めるポイント、褒めるべきアウトプットがあるはずです。ポジティブなフィードバックをセットすることで、相手の感情のバランスを取ることが出来ます。 ネガティブな内容を責めるのではなく事実として伝える 上述の通り、フィードバックの目的は叱責ではなく改善なので、「なんで出来ないんだ」とか「どうして出来なかったんだ」ではなく、事実としてのネガティブな現状を正確に伝えることが重要です。例えそれが叱責に値する内容であったとしても、どちらか一方が感情的になると必ずもう片方も感情的になるので、冷静に正しく事実のみを伝えます。 期待値を提示する ネガティブなフィードバックには、必ずあるべき姿、こちらが期待していた姿があるはずなので、それを伝えます。その際には一方的に伝えるのではなく、こちらの期待値を根拠と併せて伝え、その上で一緒にその期待値の妥当性を議論します。この期待値のすり合わせをしないと、メンバー本人の振り返りも生まれず、改善のためのアクションも「言われたからやる」だけになってしまいます。 なぜネガティブな結果になったのかをヒアリングする 人それぞれ様々な事情や環境がある