2014/02/07

第3回elasticsearch勉強会に参加してきた

2/7(木)に開催された第3回elasticsearch勉強会に参加してきました。 

勉強会に参加すること自体が2ヶ月ぶり、東京に来てから初めての勉強会参加です。
正直僕はelasticsearch自体については表面上をナメただけで、AWSで動かす部分に特化して勉強していたので、実際に業務で使われている方のお話を聞くのはとても参考になりました。 DBにデータを蓄積しつつ検索に必要な最低限のデータだけElasticSearchに入れる、というやり方が一般的なんだなーということを覚えました。

 ざっくりと感想。

 「Geohashing with Elasticsearch」 by Mr. Florian Schilling, Elasticsearch Inc, 

Elastic Searchの基本的な概念と、Twitterのデータをgeohashesを使ってフィルタする話。すみません、英語苦手なのでお話頂いた内容はほとんど分かりませんでした。単語と、ジェスチャーと、スライドで何とか分かったというくらいです。
marvelについても簡単にご紹介されていました。"Marvel is licensed free for development use"らしいのでこれはちょっと試してみたいです。

「AWSで構築するsharding」 by 株式会社イプロス 外山 寛さん 

elasticsearch-cloud-awsの設定の話と、elasticsearch-railsを使って開発されたというお話でした。Routingのところがとても気になったので調べてみます。

「テスト駆動検索のススメ」 by 株式会社じげん 多田 雅斗さん 

実際にElasticSearchで検索システムを使ったときの様々な検索手段とその実現方法、それをRspecを使ってtest drivenでやりましょう、というお話。source codeと比較しながらの説明だったので分かりやすかったしとても為になりました。僕としてはこのセッションが一番面白かったです。

「MySQLユーザ視点での、小さく始めるElasticsearch」 by 株式会社リブセンス 吉田 健太郎さん 

YamabikoというFluentd based MySQL/MariaDB Replicator for Elasticsearch/Solr、つまりMySQLに入れたデータをElasticSearchに同期するツールのお話と、MySQLユーザから見たときのElasticSearchの良いところや気になる点などのお話。fluentdもElasticSearchも、こういったツール/プラグインが充実してるところが流行する要因の一つなんだろうなぁ。

「nodeJS+DynamoDB+Elasticsearchで全社基盤を作った話」 by 株式会社リクルートテクノロジーズ 相野谷 直樹さん

時間が押してしまって駆け足になったセッションだったんだけど、もっとゆっくり聞きたかったです。push配信をnodeJSで、バックエンドにDynamoDB + 条件検索起因のpushはElasticSearch、という使い分けをされているそうで、ここでも検索エンジンとしてのElasticSearchの使い方が勉強になりました。




ElasticSearch ServerElasticSearch Server
Rafal Kuc,Marek Rogozinski

Packt Publishing

Amazonで詳しく見る by AZlink