スキップしてメイン コンテンツに移動

オンライン会議の基本的な進め方

昨日のエントリーもそうだけど、絶対的な正解がなく個人の主観や好みに依存するようなものは個人ブログに、そうじゃないものは会社ブログに書くようにしていて、今日のエントリーもそういう類のものです。

会社がフルリモートワーク体制になってから、今までは暗黙知とされていたものが伝わりきれていない、と感じることが多くなりました。会議の基本的な進め方もそうで、これまではなんとなく継承されていた会議の前提条件が、人によって解釈が違ったり手法が違ったりする場面によく出会うようになりました。これを解消するために、社内共有資料として「オンライン会議の基本的な進め方」を作成し、自部門に提示しました。

昨年話題になったGitLabのリモートワークマニフェストなどに代表されるように、リモートワーク環境においては、これまで暗黙知として共有されていた仕事のやり方を形式知=ドキュメントにして共有することは非常に重要です。同じフロアや同じ会議室で隣り合っていたときは雰囲気で伝わっていたことが、リモートワーク環境において同じように伝わることは決してありません。誰もが具体的かつ明示的に正しく理解できるように、同じ情報ソースを確認できる状況を作る必要があります。これは仕事のやり方だけではなく経営方針や事業戦略に関しても同様で、口頭やチャットでちょっと書くだけでは全員が同じ認識になるのは難しく、きちんとドキュメントに落とし込んでメンバーに提示する必要があります。

オンライン会議においてもドキュメント化が重要なポイントになります。つまりアジェンダ、議事録、ネクストアクション(タスク)です。本来はオフライン会議でも重要だったはずなのですが、その距離の近さから軽視されたり、その場の雰囲気で無視されてきました。しかしオンライン会議ではオフライン会議以上にしっかりとアウトプットしないと、会議の目的が達成できなくなってしまいます。

以下が、社内共有資料である「オンライン会議の基本的な進め方」です。

オンライン会議の基本的な進め方

会議前

  • アジェンダを作成する

    • 会議全体の目的を明確にする。

      • 大きく「報告/共有」「議論/決定」「提案(アイデア出し、ブレスト)」の3つに分類される。

    • 会議体を明確にする。

      • 1回で終わる会議なのか、定例会なのか、どのくらいの周期で行うのか。

    • アジェンダを明確にする。

      • アジェンダごとに必要な付加情報を記載する。

        • ex.)資料、社内Wiki、Slackのリンク、e.t.c.

        • 不要な情報を記載せず、必要な情報のみに絞り込むこと。

      • アジェンダに期待されるゴールを記載する。

      • アジェンダのゴールに対し選択肢が絞られている場合は記載する。

      • 事前にアクションが求められる場合はその旨を明記する。

        • ex.)意見の取りまとめ、資料や案の作成、e.t.c.

      • 意思決定が行われる場合はその方法を明確にする。

        • 意思決定をする人が決まっているのであれば、誰が意思決定するのかを記載しておく。(ex.)施策オーナー、プロダクトマネージャー、e.t.c.)

        • 意思決定は個人ではなく多数決でも良い。

      • ゴール後のアクションを記載する。

    • アジェンダを読み直し、会議を実行する必要性がなければ実行しない。

      • テキストベースのやり取りで充分な場合はSlackで完結させる。

      • それでも会議が必要な場合は怖れず会議を設定する。

  • 参加者を明確にする。

    • 参加必須メンバーと任意参加メンバーを明確にする。

      • 任意参加メンバーはその必要性を考えて決める。不要なメンバーを招待しないこと。

      • ただし必要なメンバーを招待することに臆病になってはならない。

    • 司会進行係と議事録係を決めておく。

  • 参加方法を明確にする。

    • オフラインの場合は会議室を確保する。

    • オンラインの場合は使用するツールを明確にする。

  • 会議日程を確定する。

    • スケジュールを調整する。

      • 参加必須メンバーのスケジュールを確認し、全員が参加できる日時を指定する。

      • 会議時間は長すぎず短すぎずで調整する。不用意に長く取らないこと。また不足しないこと。

    • スケジュールの概要に会議全体の目的を簡単に記載する。

    • スケジュールからアジェンダを参照可能にする。

    • スケジュールの概要にオンライン会議で使用するツールを記載する。

  • 会議日程、会議全体の目的、アジェンダを会議参加者に共有する。

  • 参加者は以下を行う。

    • 事前にアジェンダを確認し、自分の役割を把握する。

      • アジェンダを確認した上で自分の役割がない場合は、理由を含めて会議調整者に伝え、参加辞退の許可を得る。

    • 事前にアジェンダの付加情報を確認する。

    • アクションが求められている場合は会議前に実施する。

    • 使用するオンライン会議ツールのセットアップと利用方法を確認する。

会議中

  • 参加必須メンバーが全員揃っていることを確認する。
  • 会議全体の目的を改めて伝える。

  • 司会進行係と議事録係が誰なのか認識を合わせる。

  • 会議とチャットが併用される場合は、そのチャットがどこか(ツール、チャンネル、スレッド)を伝える。

  • アジェンダに従って会議を進行する。

  • アジェンダに期待されるゴールに向かうようにファシリテートする。

    • アジェンダから逸れたり、飛躍したり、矛盾がある場合は修正する。

  • ゴールに達した場合、達したことを全員で認識合わせする。

  • ゴール後のアクションがあれば、以下を明確にする。

    • 具体的なアクション

    • 担当者

    • 実行期日

    • 期待されるアウトプット

  • 以上の全てを議事録に記載する。

    • 議論箇所は簡易的で良い。

    • 重要事項、ゴール及びアクションは必ず5W1Hを明確にして記載する。

  • 会議が予定時間より早く終る場合には時間に拘らず解散する。

  • 参加者は以下を意識する。

    • 会議時間前に会議室またはオンライン会議にジョインする。

    • カメラはオフでも構わないが、伝えられる情報量が少ないことを意識して発言する。

    • マイクのミュートは状況に応じて使い分ける。

    • 不用意に司会進行を妨げない。

    • 常にアジェンダとゴールを意識して発言する。

    • 他者の発言を妨げず、質問や意見をする場合はタイミングを見計らう。

      • 難しい場合はSlackやオンライン会議ツールのチャットを使う。

    • ファシリテートが混乱している場合はサポートする。

    • ゴールとアクションは必ず確認し、異議があればその場で伝える。

      • 会議後に異議を伝えるのは参加者全員の効率を下げるので行わないこと。

      • 5W1Hが不明瞭、または理解出来ない場合はその旨を伝えて正しく理解すること。

会議後

  • 決定事項、アクション、アクションごとの情報を会議参加者に共有する。
  • 議事録を参加者及び情報が必要な非参加者に共有する。

  • 定例会の場合、本当に必要な定例会なのか、周期は妥当かを再確認する。

  • 参加者は以下を意識する。

    • 自分が行うべきアクションは必ず実施し、完了後は報告する。






ザ・ファシリテーター
posted with AmaQuickat 2021.11.11
ダイヤモンド社 (2004-11-12T00:00:01Z)
森 時彦(著)

このブログの人気の投稿

初めての給与交渉で意識するべき6つのポイント

本記事は、社会人となって1〜3年目くらいの方が、給与アップのためにどのように考え、どのようにアクションするべきなのかを、僕の経験を踏まえてまとめたものです。 背景として、僕が初めて働いたIT企業は、年棒制で給与交渉は各自が行うものであり、年次で成果レポートと希望する年収額を会社に提示し、それが査定されて翌年の年俸が確定する、という制度でした。なので僕自身は若い頃からずっと給与交渉をし続けています。 大前提:給与とは与えられるものではなく勝ち取るものである 給与は勝手に上がるものではありません。自分の努力や成果を誰か(=会社や上長)が適切に判断し公平に給与を払ってくれる、なんてことはありません。何故なら多くの仕事は定量的なだけでは評価できず、そこに定性的な判断を必要とするからです。そして人間に公平で完璧な意思決定を求めるのはそもそも無理です。人間は感情的で、多くのバイアスを持ち、その時々のコンディションで常に意思決定が歪みます。だからこそ、定性的な評価に関する成果は、被評価者自身が自らアピールしないと評価者に正しく伝わりません(ただしアピールしたところで正しく伝わらないこともあります) もちろん定量的なだけで評価できる仕事は世の中にはあるし、その場合は給与はその成果に比例して決まり、人間の判断は必要としません。でもそうではない、定性的な評価が含まれる仕事をしているのであれば、自ら自分が何をし、どのような成果を出したのかを、きちんと会社に伝え、その分の給与を要求する、というアクションが必要になります。 大前提:給与は会社が儲かっていないと上がらない これもまぁ当たり前ですよね。会社は利益が出てるから社員に投資できる=社員の給与を上げられるわけで、利益が出てなかったらその個人がどんなに頑張ったところで給与は上がりません。何故なら給与を上げるための原資が無いからです。 だから、利益が無い会社に所属しているのであれば、給与交渉はそもそも無駄です。だって交渉しても上がるわけないし。その場合は、給与アップが必須なのであれば転職を検討するしかないし、給与アップしなくてもメリットがあるのであればその会社に在籍し続ける、という選択が必要になります。 目標と現状のギャップを把握する 具体的な希望も無く「給与上げてください」と言うのは給与交渉ではありません。これだと会社もどのくらい上げてほ

40代の減量戦略 〜体重-14kg、体脂肪率-12%を実現した具体的な方法〜

コロナ禍はもちろん辛い時期ではあったけど、生活習慣が良い方へ大きく変わた時期でもあった。具体的には食生活がほぼ自炊になり、酒量が減り、ジム通いを再開し、マラソン大会にも定期的に参加した。そんな中で一念発起し、きちんと減量に取り組んで、体重75kg→61kg(-14kg)、体脂肪率25%→13%(-12%)を実現した。 具体的な体重遷移は以下。2020年12月がMAXの75kg、その後減量とリバウンドを繰り返しつつ70kg前後を推移、2022年後半で一気に落とし、2023年1月30日時点で61kgとなった。 そこで、その具体的な方法をお伝えしたい。減量とは3つの要素の組み合わせだ。 食事 運動 休養 この順番はそのまま優先順位でもある。それぞれについて以下に説明する。 0.プロにアドバイスをもらう 3つの要素と言ったがあれは嘘だ。すまない。もっと重要なことがある。それはプロにアドバイスをもらうことだ。 WHO NOT HOWという本がある。 WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」  posted with AmaQuick at 2023.01.21 ディスカヴァー・トゥエンティワン (2022-05-27T00:00:01Z) ダン・サリヴァン(著), ベンジャミン・ハーディ(著), 森由 美子(翻訳) Amazon.co.jpで詳細を見る 要約すると、起業家や経営者がやるべきことはビジネスを成功させることだけれど、人は皆スーパーマンではなく、得意なことと不得意なことがあるんだから、得意なことは得意な人に一任することが大事なんだよ、という内容の本。 これは減量についても同じ。本を読んだりYoutubeで動画を見て、実際に減量出来たのであればそれはそれで構わないし、そういう人はこのブログ投稿を読まないだろう。 自分で学んで、自分でチャレンジして、それでも減量出来ないのであれば、素直に投資してプロのアドバイスをもらったほうが効率が良い。具体的にはパーソナルトレーナーだ。パーソナルトレーナーは運動生理学やスポーツ栄養学などについて学び実践してきた人

努力できること自体が才能なので、努力しただけで褒められるべき

発明王トーマス・エジソンの名言としてよく知られる「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」という言葉があります。実際の意図は「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」であったとも 言われています が、まぁどちらにせよ、ひらめきだけでは成功することはできず、そこには必ず努力も必要となります。 漫画「はじめの一歩」において主人公の師匠である鴨川会長は「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる」と言っていました。ここにも、成功において努力は必要不可欠であるとの強いメッセージがあります。 しかし、実際には誰もが努力できるわけではありません。 努力できること自体が才能 なのだと思います。 努力をしないことが問題だと言うつもりはありませんし、努力をしないという選択肢を選ぶことは個人の自由だと思います。必ずしも成功が万人の幸せなわけではないし、成功しなくても得られる生活によって満足する人だっています。 僕が言いたいのは「そもそも努力できない人がいる」という事実です。こういう方は選択の余地が無く、何かにおいて1位になったり、一流になったり、勝利したり、成功したりすることは難しくなります。それらには必ず努力が必要になるからであり、そして努力ができない、努力をする才能が無いからです。 これには実験の裏付けがあります。詳しくは10年前の WIREDの記事 に書かれていますが、ざっくり言うと、脳内の一部(左線条体と前頭前皮質腹内側部)におけるドーパミン作動性活性が高いと努力ができる、違う一部( 島皮質)の ドーパミン作動性活性が高いと努力できない、という実験結果があります。そもそも脳の作りや働きによって努力ができる人とできない人がいる、ということです。 繰り返しになりますが、僕は努力しない人が悪いとも思っていないし、責めるつもりもありません。僕が言いたいのは以下の2点です。 (1)努力できること自体が才能であり、その才能が無い人はそもそも努力ができないので 、努力できないことを責めてはいけない。 それは本人の特性であり個性だから。 (2)努力できること自体がすごいことなので、努力した結果が成功に結びつかなかったとしても、責めてはいけない。 努力しただけで褒められてよい。 人にはそれぞれ適材適所があるので、めちゃくちゃ努力する人は努力が