読了:林譲治[ウロボロスの波動]

AADDシリーズとして連作になっている短編小説集。本作以降続編が出ているそうです。
ジャンルとしてはハードSFなだけに、結構難しい理論が出てきて、その理論自体は正直あんまり理解出来なかったんだけど、ストーリーは理論と関係なく読み込めるので問題無いです。
AADDという、ブラックホール・カーリーの周囲に人工降着円盤を設置することでエネルギーを開発する事業団を主軸に置いたストーリー展開で、一見各短編はそれぞれ独立しているように見えて、きちんと連作になっており、最後まで読み通すことで思わずニヤリとしちゃう展開に。巧いなーと思いました。
読むのに少し時間がかかってしまったけど、その価値があった本でした。続編を読むのも楽しみです。


このブログの人気の投稿

40代の減量戦略 〜体重-14kg、体脂肪率-12%を実現した具体的な方法〜

45歳になりました

初めての給与交渉で意識するべき6つのポイント