2015/09/01

#DMM英会話 を始めて1週間が経ちました

昨年、AWS re:Invent 2014に参加するために、初の海外となる米国に行き、英会話で爆死。その悔しさから2015年の抱負に「英語を勉強する」と書いたもののまるで進まず。

これはあかん、ということで、DMM英会話を始めました。まずは無料お試し2回にチャレンジし、これなら続けられそう、ということで契約。

料金プラン


料金プランは3種類。
  • 1日1回コース = ¥3,950
  • 1日2回コース = ¥6,500
  • 1日3回コース = ¥9,200
1回25分。各コース1日の受講上限があるので、1日1回コースで1日2回受けるようなことは出来ない。このため受講しなかった日があったとしても、別の日に振り返ることは出来ない。

ただし講師都合のキャンセルによりレッスンチケットが払い出された場合は別で、1日複数回の受講が可能。僕はこれまで2回のキャンセルがあった。理由は、停電と講師病欠。これは仕方がない。

で、僕は、まずは...ということで1日1回コースを契約。実際のところ、1日25分だと時間の調整もつけやすいし、簡単に受講できるので気楽。これが1時間拘束されるんだと結構辛いと思う。

レッスンの受け方


レッスンを受けたい日時で講師を検索する。その際に講師の特徴を選ぶことが出来て、「初心者向け」や「上級者向け」など、様々なパラメータが選択可能。「日本語サポート」という項目もあり、数名の講師の方は日本語でも対応していただけるようだ。僕は大体「初心者向け」で検索している。


で、受けたい日時で講師を指定して予約する。その際にフリートークなのか教材を使うのか、どのように進めて欲しいのか、などが選べる。自己紹介を省くという選択肢もあるんだけれど、僕の感覚で言えば自己紹介をしないと相手の喋るスピードがわからなかったり、こちらの理解力が伝わらなかったりするので、いつも自己紹介してる。

あと、受講してよかった先生を「お気に入り」にすることが出来て、お気に入りの先生の中からスケジュールを検索することも可能。僕も3人ほど良い先生を見つけられた。

レッスンの内容


僕は本当に英語が全然出来ないので、入門教材からやり直し中。最初に自己紹介をして、教材を指定して、進めてもらっている。早く進んだときには1回で2つの教材をやったり、余った時間をFree Conversationにしたり。大体どの先生も優しいので、間違いなどもガツガツ指定してくれるんだけど、結構何を言っているかわからないことがあって、先生を困らせちゃうことも多い。ごめんなさい。

特にFree Conversationは苦手。DMM英会話ではとっさのフレーズ帳というコンテンツがあって、結構お世話になってます。

やってみた感想


普通に英語テキストなんかを読むよりも効果があると思うのは、
  • とにかく英語圏の人と話すことに慣れることが出来る。最初の1回目は緊張して汗だくだったけど、2回目以降はそんなに緊張しなくなった。もちろん言葉はまだ詰まりまくってるんだけど、そこで一切言葉が出てこなくなる、というような状況は無くなった。
  • 英語で文章を考える癖がつく。英語テキストを読んでいても、サンプル問題なんかで英語の文章を考えているんだけど、とっさに英語の文章を作って発言するのはまた違う筋肉を使っている感じ。
  • 聞き取る力がつく。通勤時に英会話CDをずっと聞いているのもプラスなんだろうけど、最初の頃よりだいぶ聞き取れるようになってきた。それでもまだ全部聞き取れてなくて、複数個のヒアリングできた単語から予測して会話することがしょっちゅうある。全部聞き取れるようになりたい。
ってあたり。とにかく月4000円程度で毎日英語圏の人と会話が出来る、というのはすごく良い。

さて、あと1ヶ月でどの程度会話が出来るようになるか...頑張ります。



どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
森沢 洋介

ベレ出版
売り上げランキング : 93

Amazonで詳しく見る by AZlink