2010/03/06

今日も浮世絵美術館を梯子した

今日は生憎の雨模様でしたので、浮世絵美術館の梯子をしてきました。至福の休日です。

太田記念美術館:『龍馬の見た江戸 -幕末の風景-』
坂本龍馬が生きた時代や風景を描いた作品を中心に展示。歌川広重の風景画によって、龍馬が滞在した頃の江戸の景色を見せたり、黒船来航を描いた瓦版の展示など、なかなか興味深かったです。僕は現在放送しているNHK大河ドラマ「龍馬伝」を観ていないのですが、逆に浮世絵を見ることでドラマに興味を持ちました。今ドラマを見ている人は是非見に行くと良いと思います。

礫川浮世絵美術館:歌川国貞展(一期)
そして、これはもう間違いないでしょう。僕の大好きな国貞の作品展示です。作品数こそ少ないけれど、芸者絵・美人絵が多く展示されており、僕のドツボでした。非常に面白かったです。二期は来月開催なので、絶対行きます。
ちなみに礫川って「れきせん」って読むんですよ、知ってました?これ豆知識ですよ!

なお、先日購入した単眼鏡を持参して行ったのですが、これは本当に買ってよかった!浮世絵の全体像を見つつ、細部の彫り・摺りは単眼鏡でズームしてみる。おかげで前よりも時間をかけて絵を見るようになりました(今日は太田美術館で2時間・礫川美術館で1時間)美術展に興味のある方は、是非買うと良いと思います。