2008/11/05

北海道のお酒を呑もう

「地産地消」という言葉が叫ばれて久しいですが、農産物や水産物には良く使われるけど、なかなかお酒に使われることは無い。しかし、北海道は米も野菜も海産物も美味いけど、酒だって美味いんです。
その証拠に、北海道には本当に多種多様で、地域ごとに豊富な地酒があります。以下に有名所を列挙します。これ以外にも、お奨めの北海道のお酒があれば、ぜひ教えて下さい。

【ビール】
蝦夷麦酒
北海道産では一番有名な地ビール、種類も豊富。
薄野地麦酒
店内でのジョッキ販売以外に3本セットでも販売。
石狩番屋の麦酒
積極的に新製品を開発している。

【日本酒】
高砂酒造
旭川市にある、「国士無双」を看板とする酒造。「雪氷室 一夜雫」も美味い。
北の誉酒造
小樽の酒造、酒造名と同じ「北の誉」が看板。
国稀酒造
明治15年創業の増毛の酒造。
福司酒造
釧路の酒造、「福司」はすごく美味いです。

【焼酎】
譚高譚
紫蘇焼酎、こちらについては全国区で有名。美味いです。
喜多里
メークインを原料としたじゃがいも焼酎。
なかしべつ ミルク酒
製造会社のWebサイトが見当たらなかったのだけど、おおよそ全国的に「これは酷い」と言われている焼酎。以前注文しようとしたら、同席した友人に本気で止められました。一度飲んでみたいなぁ。

【ワイン】
北海道ワイン
鶴沼やおたる(ナイアガラやデラウェア等)など、有名所のシリーズを抱える北海道のワインの大御所。

【ウイスキー】
ニッカ
地酒というにはメジャーなんだけど、全国的に有名な余市の国産ウイスキーメーカー。ウイルスキーは海外産が持て囃される兆候があるけれど、ニッカだって決して負けてない。

ただただ地域への愛着だけではなくて、北海道の酒は「美味い」からこそ選択されるべき。道民の皆さんも道外の皆さんもレッツ道産酒ですよ。


no image
西村 英樹
北海道出版企画センター
売り上げランキング: 707266