2008/04/06

ITサービスマネージメントファウンデーション試験 受験記

現在の業務がITILに準拠していることを謳っているため、ITサービスマネージメントファウンデーション試験(ITIL準拠)を受験してきました。3月初頭に教本を購入し、独学で学習。使用した教本は以下の2冊。

ITIL教科書
ITサービスマネジメント ITILファンデーション

「ITIL教科書」は入門としては分かりやすく、平易な内容。絵も多く読みやすい良本だと思います。巻末に100問の練習問題が付属しています。ただし、問題としては簡単で、試験対策としては弱いと思います。
「ITサービスマネジメント ITILファンデーション」はitSMF公式の教本。内容は非常に充実しています。いきなりこの本で勉強すると難しいかも知れませんが、まずITIL教科書で概要を把握し、この本で知識を深めると、理解度が高くなると思います。巻末に30問の練習問題があり、こちらは試験問題にほぼ沿った内容。

通勤時間、休憩時間、休みの日などに、教本を3,4回読み直しました。また、試験日当日は8:00に起床、3時間ほど練習問題を解いたり、教本を読み返したりしました。試験会場は御茶ノ水のプロメトリック試験センター。16:00からの試験だったため、15:00に現地到着。近所のスターバックスで教本を読み返し、15:30に試験会場に入りました。

プロメトリックでの試験は初めてだったのですが、
・15:30、受付で本人確認書提出。受付時間まで待機。
・15:40から試験受付開始。本人確認書類2点(運転免許書、クレジットカード)を提出し、署名。
・プロメトリックで初めての受験だったため、プロメトリックIDカードをもらう。
・ロッカーに荷物を全て入れる。携帯電話や筆記用具等は全て持ち込み不可。写真付本人確認書類のみ持ち込み可。
・15:50に受験セットを受け取り、入室。
・指定されたパーティションで区切られた座席に座り、自分のタイミングで試験スタート。
という流れでした。なお、デジタル腕時計は持ち込み禁止だったらしく、退室時に試験官に注意され、次回から気をつけるよう言われてしまいました。

試験自体は40問の問題を悩みつつ回答、全問見直しして終了ボタン押下。1時間の試験時間で25分程度でした。
試験結果は以下のとおり。

-------
受 験 日 : 2007/04/06
合  否 : 合格
試験番号 : EX0-100J
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 90%
合 格 点 : 65%
問 題 数 : 40問
試験時間 : 60分
勉強期間 : 一ヶ月
勉強形態 : 独学(書籍)
勉強前のレベル : 他の IT 資格取得済み
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】
一般・・・・・・・・・・・・・・・・・100
サービスデスク・・・・・・・・・・・・100
インシデント管理・・・・・・・・・・・ 75
問題管理・・・・・・・・・・・・・・・100
変更管理・・・・・・・・・・・・・・・ 80
構成管理・・・・・・・・・・・・・・・ 80
リリース管理・・・・・・・・・・・・・100
サービスレベル管理・・・・・・・・・・100
可用性管理・・・・・・・・・・・・・・100
キャパシティ管理・・・・・・・・・・・100
ITサービス継続性管理・・・・・・・・・100
ITサービス財務管理・・・・・・・・・・ 0
他の主題・・・・・・・・・・・・・・・100
関係・・・・・・・・・・・・・・・・・100
-------

ITサービス財務管理が0%というのはショックでしたが、全体正答率90%は大体予想通りでした。
試験問題は結構難しく、丸暗記が通用しない、ちゃんと理解していないと答えられない問題が多かったです。
やはりITIL教科書だけでの学習だと少し厳しいかも知れません。itSMF公式本はオススメです。

僕は業務上関係があるため、理解がしやすかったというのもあるのですが、ITサービスマネージメントという概念自体はなかなか興味深いものだと思いました。インフラ系SEであれば、運用監視業務に携わっていなくても、勉強すると面白いと思います。

さ、今夜は祝杯だ!