スキップしてメイン コンテンツに移動

スーパーポジティブマッシーンで在り続けるための6つの考え方

僕は自他共に認める超ポジティブシンキングな性格だ。人生を振り返ってみれば、旅行やイベント参加はいつも最高の思い出しか無いし、今ではほぼ終わりかけている子育ても楽しかった記憶しか無い。自身に対するコンプレックスもなく、いつも「まぁパパほどのイケメンは世界にいないからね」と言っては妻や長女に呆れられている。実際には細かい嫌なこととか辛いこととかはあるんだけど、その全てを良いことに転換して受け止めている。

これは僕の弟も同じタイプで、二人で遊びに行った時はいつだって「今日も最高の1日だったなー」と言いながら帰ってきている。先日僕と弟の二人でキャンプに行ったんだけど、大雨、強風、低気温にも限らず楽しめたし、「今回のキャンプも最高だったね」と言いながら帰宅した。

なぜ僕はこんなにもスーパーポジティブマッシーンなんだろうと振り返ってみると、いくつかのベースとなる考え方を持っていることに気づいたので、ここに書いておく。

どんな髭剃りにも哲学はある

恐らく100回は余裕で読み返したであろう僕の大好きな小説、村上春樹の「1973年のピンボール」の登場人物ジェイの名言。

"あたしは四十五年かけてひとつのことしかわからなかったよ。こういうことさ。人はどんなことからでも努力さえすれば何かを学べるってね。どんなに月波みで平凡なことからでも必ず何かを学べる。どんな髭剃りにも哲学はあるってね。どこかで読んだよ。実際、そうしなければ誰も生き残ってなんかいけないのさ。"

初めて読んだ中学生の時からこの考え方には深い感銘を受けていて、どんな物事でも、経験でも、事件や事故でも、そこには何からの学びがあると考えるようにしている。

例えばランチのために有名なレストランに行ったんだけど大行列が出来ていて入店出来なかったのであれば、そこには「次回からは早めに行く」という教訓がある。例えばキャンプで大雨に見舞われたのであれば、それは大雨で快適に過ごすためのキャンプのTipsを得る機会になる。

このジェイの言葉は「どんなことからも学べ」という文字通りの意味ではなく、「どんなことも学びと思えば楽しめる」という意味だと捉えている。

経験出来たこと自体に価値がある

極論を言えば、人は経験からしか学べない。本を読んだり、人の話を聞いたり、映画やテレビからストーリーに触れたりすることはただの知識であって、その本質を知り得るのは経験こそだ。全ての経験は学習機会であり、経験出来たことそれ自体に大きな価値がある

嫌な思いも、辛いことも、経験したからこそ我慢する方法や乗り越えるための手法、次回同じことが起きたときの対策が学べる。そう思えばそれはただの嫌さや辛さではなく、自分にとっての学びだと捉えることができる。

念の為、これはもちろん「俺も辛い体験をしたんだから若いヤツも同じ体験をしろ」みたいな話では無い。自分の体験全てをポジティブに捉えるための考え方の話だ。

XXXと比べれば大したことがない

XXXには何を入れても良い。左腕と右眼を失ったガッツでも良いし、頭蓋骨を欠損した鶴見中尉でも良いし、車椅子生活になった5部ナレフでも良い。漫画の登場人物ばかりになっちゃったけど。

自分が世界で一番不幸になんてことはない。世界にはもっともっと辛い出来事や、それを経験した人がいるのだ。いるはずなのだ。「まぁちょっと嫌な思いしちゃったけど、XXXと比べれば大したことがないな」と考えれば大抵の嫌なことは屁でもなくなる。

これは誰かを貶めて自尊心を満足させるということではない。誰かに比べれば自分の不幸なんて大したこと無いからへっちゃらさ、と考えようってことだ。

Tomorrow is another day

これも有名な言葉ですね。映画「風と共に去りぬ」の主人公スカーレットの言葉で、日本語に訳されるときは「明日は明日の風が吹く」とか「明日は今日とは違う日だ」とかになる。

起きたことは変えられないし、起きてしまったことは仕方がない。今日のことに気持ちを引きずられるのではなく、明日頑張ればいいじゃない。というニュアンスの言葉だと僕は理解している。

これはどんなことでもそうで、何か問題が起きた時に、それに対してずっと嫌な気持ちを持ち続けるよりも、その問題が今後発生しないようにポジティブなアクションに繋げたほうが今後の自分自身の成長に繋がるし、ずっと楽しい気持ちで生きていけると思う。

自分が思っているほど、みんな僕のことなんて気にしていない

あー失敗しちゃったなーやっちゃったなーってことはもちろんある。あるんだけど、実際のところソレを一番気にしているのは自分自身で、他の人はすぐ忘れる。なんなら見てない。みんな、他人に対してそんなに興味持ってないのだ、ぶっちゃけ。

失敗したなら自分がそれを直せばいい。嫌な思いをしたなら今度は同じ思いをしないようにすればいい。それらは自分自身の努力でいくらでも解決できる。そして失敗によって迷惑をかけてしまった相手とか、嫌な思いの原因になった相手とかは、自分が思っているほどは気にしていないし、どうせ忘れる。学習や改善は他人のためではなく自分のためにやれば良い。

どうせ短い人生なら楽しいほうが良い

結局はこれ。どんなに頑張ったって80年とか100年とかしか生きられない人生の中で、辛かったり悲しかったりする感情に時間を割く暇なんて無い。可能な限り楽しい時間を増やしたほうが良い人生に決まってる、絶対に

であれば、できる限りネガティブな感情を持たず、ポジティブに考え続けたほうが自分のためになる。全ての物事にはあらゆる側面があり、その側面の捉え方を変えればポジティブシンキングが出来ると僕は考えていて、それが今回書いた6つの考え方だ。


スーパーポジティブマッシーンになれば、人生はもっと楽しく、楽に生きられる。みんな、楽しくいこうぜ。


講談社 (2004-11-16T00:00:01Z)
村上 春樹(著)

このブログの人気の投稿

40代の減量戦略 〜体重-14kg、体脂肪率-12%を実現した具体的な方法〜

コロナ禍はもちろん辛い時期ではあったけど、生活習慣が良い方へ大きく変わた時期でもあった。具体的には食生活がほぼ自炊になり、酒量が減り、ジム通いを再開し、マラソン大会にも定期的に参加した。そんな中で一念発起し、きちんと減量に取り組んで、体重75kg→61kg(-14kg)、体脂肪率25%→13%(-12%)を実現した。 具体的な体重遷移は以下。2020年12月がMAXの75kg、その後減量とリバウンドを繰り返しつつ70kg前後を推移、2022年後半で一気に落とし、2023年1月30日時点で61kgとなった。 そこで、その具体的な方法をお伝えしたい。減量とは3つの要素の組み合わせだ。 食事 運動 休養 この順番はそのまま優先順位でもある。それぞれについて以下に説明する。 0.プロにアドバイスをもらう 3つの要素と言ったがあれは嘘だ。すまない。もっと重要なことがある。それはプロにアドバイスをもらうことだ。 WHO NOT HOWという本がある。 WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」  posted with AmaQuick at 2023.01.21 ディスカヴァー・トゥエンティワン (2022-05-27T00:00:01Z) ダン・サリヴァン(著), ベンジャミン・ハーディ(著), 森由 美子(翻訳) Amazon.co.jpで詳細を見る 要約すると、起業家や経営者がやるべきことはビジネスを成功させることだけれど、人は皆スーパーマンではなく、得意なことと不得意なことがあるんだから、得意なことは得意な人に一任することが大事なんだよ、という内容の本。 これは減量についても同じ。本を読んだりYoutubeで動画を見て、実際に減量出来たのであればそれはそれで構わないし、そういう人はこのブログ投稿を読まないだろう。 自分で学んで、自分でチャレンジして、それでも減量出来ないのであれば、素直に投資してプロのアドバイスをもらったほうが効率が良い。具体的にはパーソナルトレーナーだ。パーソナルトレーナーは運動生理学やスポーツ栄養学などについて学び実践してきた人

初めての給与交渉で意識するべき6つのポイント

本記事は、社会人となって1〜3年目くらいの方が、給与アップのためにどのように考え、どのようにアクションするべきなのかを、僕の経験を踏まえてまとめたものです。 背景として、僕が初めて働いたIT企業は、年棒制で給与交渉は各自が行うものであり、年次で成果レポートと希望する年収額を会社に提示し、それが査定されて翌年の年俸が確定する、という制度でした。なので僕自身は若い頃からずっと給与交渉をし続けています。 大前提:給与とは与えられるものではなく勝ち取るものである 給与は勝手に上がるものではありません。自分の努力や成果を誰か(=会社や上長)が適切に判断し公平に給与を払ってくれる、なんてことはありません。何故なら多くの仕事は定量的なだけでは評価できず、そこに定性的な判断を必要とするからです。そして人間に公平で完璧な意思決定を求めるのはそもそも無理です。人間は感情的で、多くのバイアスを持ち、その時々のコンディションで常に意思決定が歪みます。だからこそ、定性的な評価に関する成果は、被評価者自身が自らアピールしないと評価者に正しく伝わりません(ただしアピールしたところで正しく伝わらないこともあります) もちろん定量的なだけで評価できる仕事は世の中にはあるし、その場合は給与はその成果に比例して決まり、人間の判断は必要としません。でもそうではない、定性的な評価が含まれる仕事をしているのであれば、自ら自分が何をし、どのような成果を出したのかを、きちんと会社に伝え、その分の給与を要求する、というアクションが必要になります。 大前提:給与は会社が儲かっていないと上がらない これもまぁ当たり前ですよね。会社は利益が出てるから社員に投資できる=社員の給与を上げられるわけで、利益が出てなかったらその個人がどんなに頑張ったところで給与は上がりません。何故なら給与を上げるための原資が無いからです。 だから、利益が無い会社に所属しているのであれば、給与交渉はそもそも無駄です。だって交渉しても上がるわけないし。その場合は、給与アップが必須なのであれば転職を検討するしかないし、給与アップしなくてもメリットがあるのであればその会社に在籍し続ける、という選択が必要になります。 目標と現状のギャップを把握する 具体的な希望も無く「給与上げてください」と言うのは給与交渉ではありません。これだと会社もどのくらい上げてほ

45歳になりました

この1年は激動の年でした。 振り返りと抱負です。 個人 相変わらず筋トレを続けています。 バルクアップと減量を繰り返すことで体型がだいぶ変わってきました。 一度絞り切る経験をしてみたいので、夏に向けて減量頑張ってます。 マラソンについては去年よりペースダウンしようと思っています。 今年は1月勝田全国マラソン、2月の北九州マラソンと走って、次は8月の北海道マラソンまでは軽いものにしか出ない予定。 今年もスキーには行けませんでした。 来年は復活したい。 家族 結婚して家を出た長女と長女の夫とは仲良くしています。 月1回くらいは一緒にご飯食べたり飲みに行ったりしています。 RSR23は僕の弟も入れて4人で参戦。とても楽しかったので今年も4人で参戦予定。 一人暮らししていた長男がまた実家住まいに。 相変わらずチャラチャラしてるけどとりあえず自分の食い扶持くらいは稼いでるのでまぁ良いとしよう。 次男は今年高校3年生に。 このまま卒業まで頑張ってほしい。 犬と猫3匹とウサギ1匹は今日も元気です。 飼育放棄されていた犬を一時的に預かり中。 短期的な預かりで、次の飼い主が1−2ヶ月後には迎えに来る予定。 犬が2匹いる生活はなかなか大変でバタバタしています。 妻とは今まで通り仲良しです。 長女が結婚したことで「子どもたちが全員自立した後の夫婦」が目前に近づいてきたせいか、なんなら過去イチで仲良しです。 いつもありがとう妻様。愛してるよ。 仕事 コロナ禍が収束モードとなるのと同時に出張が激増しました。 毎週東京に出張することになって、コロナ以前と同じように東京に拠点となる部屋を作り、年間2/3は自宅を不在にする状況に。 家庭も大事なので、週半分くらいは自宅にいられるようにしたいところ。 仕事人生のゴールを見据え始めました。 45歳なので、60歳が定年だと残り15年。定年後再雇用があっても20年。残りの仕事人生をどう過ごし、どう終わらせるべきなのか。人生の転機に差し掛かってるのかなと感じています。 子育ての終わりが見え始めたこともあり、自分自身の人生を改めて考える必要が出てきたのだと思います。 諸先輩方の考えや経験をたくさん聞いて悩んでいこうと思っていますので、皆さん、ぜひ僕とお話させてください。 誕生日プレゼント こちらで絶賛受付中 です。 過去のお誕生日 2008年: smokeym