スキップしてメイン コンテンツに移動

宮古島で #ワーケーション してきた

 2020年11月18日(水)から11月24日(火)の1週間、沖縄県宮古島でワーケーションしてきました。

何故行ったのか

友人のFacebookの投稿で、以下の企画をしったのがきっかけです。

この企画を実施している株式会社マッシグラ沖縄タイムスさんは、沖縄県でコワーキングスペースHowliveを展開している企業です。今回はワーケーション事業の一環として、ワーケーションのモニターを募集しているということで、応募したところ当選させて頂きました。
ちょうど仕事で一山超えたところで、有給を取って温泉旅行に行こうとしていたところだったので、タイミングが良かったです(予約していた温泉はキャンセルしました)

宮古島ってどんなとこ

沖縄県の離島の一つで、沖縄本島から南西に約290km離れています。更にその南西に石垣島があり、その南西に台湾があります。宮古島の近郊に伊良部島、下地島、池間島、来間島、大神島の5つがあり、それらが全て宮古島市に属しています。と言っても、大神島以外は全て橋で繋がっており、アクセスは容易です。大神島だけフェリーでの移動になります。

人口は5万人ちょっとで、旭川よりちょっと多いくらい。市街地はある程度栄えていて、ドン・キホーテやイオンタウンがあったりしますが、基本的にビルと言えるようなものは無いし、島の大半は山か畑という、まぁ田舎です。海岸沿いのリゾートホテルがある場所は小綺麗に開拓されているますが、それ以外の場所は自然丸出し。

現地の方からお話を聞きましたが、宮古島への観光客は2パターンで、リゾートホテルに宿泊してシュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを楽しむ人か、田舎の静けさを楽しむ人か、のようです。以前は中国や韓国などから沢山の観光客が来ていたそうですが、コロナ禍に伴ってインバウンド客は大幅に減り、国内観光客のみになったので、以前よりかなり静かになったとか。この辺の状況は北海道も同じですね。

仕事をしていたコワーキングスペースについて

昨今の少子高齢化に伴い、多くの自治体で企業誘致を行っていますが、宮古島も同様に積極的に企業誘致を行っています。その1つとして、2018年にコワーキングスペースとサテライトオフィスを併設した宮古島ICT交流センターを設立しています。

この施設は宮古島市役所の庁舎合併により使われなくなった旧下地町役場の議場をリノベーションしたものなので、当時の議席がまるっと残っている、面白い施設です。

サテライトオフィスは4スペースあり、2スペースは既に埋まっているとのこと。広いコワーキングスペース以外に個室のフォンブースが用意されているので、僕のようにテレカンが多い人でも安心して利用出来ます。

僕も平日は、10時から17時のオープン時間はずっとここでお仕事させて頂きました。WiFi回線も安定していて、仕事には全く支障がありませんでした。超快適。

宿泊していた郊外型エコハウスについて

環境庁主導のエコハウスモデル事業の一環で作られたもので、宮古島では市街型と郊外型の2種類があります。今回宿泊したのは郊外型エコハウスです。

まず立地について。宮古島の南端、友利集落の中にあります。率直に言えばど田舎なので、周りはサトウキビ畑しかないし、街頭もほぼ無いし、夜にはヤモリがうろちょろします。その代わり、本当に静かな場所です。僕は夜窓を開けっ放しで寝ていたのですが、人も車もほとんど通らないので、虫の声と月の灯だけに包まれて快適に眠ることが出来ました。また、雲のない夜には中庭から大きな星空を見ることが出来ます。かなり感動的な景色なので是非見て頂きたいです。

このエコハウス、けっこう大きくて、本宅に3つ、離れに1つ、合計4つの部屋があります。台所にはシンクが2つ。その気になれば8人くらいは宿泊できそうです。コロナ禍の現在では難しいかと思いますが、開発合宿での利用に最適ではないかと思いました。大人数で同じ場所に宿泊出来るし、電源もWiFiもあるし、みんなで料理して食べることもできます。もちろん余暇を観光に費やすことも出来ます。いつか会社のみんなで行きたいなと思いました。

島のお仕事体験について

今回のワーケーションプランでは、沖縄料理体験、農業体験、酪農体験がセットになっていたので、三連休に体験してきました。

沖縄料理体験。

バケーション要素

観光

僕はマリンスポーツはやらないし、ゆっくり静かにしたかったので、そういう場所ばかり巡っていました。とはいえ小さな島なので、観光地がたくさんあるわけではありません。オススメは2つ。

1つは大神島。ここは宮古島市役所の職員さんに教えて頂いたところで、島北東の島尻漁港からフェリーで15分ほどの場所にあります。小さな島なので、2時間もあれば飯も食えて一回りできます。とは言っても、島の南半分しか道はなく、あとは真ん中の島の上にある展望台くらい。とにかく静かで、人が少なく、のんびりお散歩出来ました。


もう1つはエコハウスの近くにある友利のあま井。元々飲料水として使われいた汲み井戸で、水道が整備される以前の1950年代までは、この水を運ぶのが集落の女性の仕事だったとか。かなり深くまで降りていく必要があり、ここから女性が桶に汲んだ水を運んでいたのかと思うと、当時の苦労が身につまされるようでした。こういった、地域の歴史が分かるものが子どもたちが生活する場所の近くにあるというのは教育的に良いことだと思います。


それと、今回ご厚意で、地元の高校生三線奏者の砂川昌太郎さんがエコハウスに来てくれて、演奏を聴かせてくれました。ホテルなどでライブを行っているそうです。

食事

宮古島の名物は宮古そば。これは沖縄そばの変形で、麺の下に具が隠されたものです。が、ガッツリ肉が食べたい僕は結局ソーキそばばかり食べていました。

湧水家さん。僕が食べたお店の中では一番あっさりしていて出汁が爽やか。真っ向勝負で好感が持てます。観光客向けではないのか、地元の方が多く、かつ混雑していなくて快適に食事が出来ました。総合点では一番好きかな。


丸吉食堂さん。観光客に人気のお店ということで、いつも混雑していました。僕は11時ちょい過ぎに行ったので並ばずイン。ニンニクが効いたガツン系で、ジャンク風味。美味しいけど、変わり種かな、と思いました。


老舗の古謝そばさん。市街地ということもあり、15分待って入店。ここのなかみそばはモツの旨味がガツンと効いていて美味しかったです。流石に人気店なだけありますね。


今回は休店中で行けなかったんだけど、んまや〜さんも美味しいそうなので、是非行ってみたいです。

泡盛

宮古島を含め、沖縄はとにかく泡盛が安いです。300ml瓶が300〜400円、古酒でも1000円くらいで買えちゃう。なので毎晩呑んでました。

個人的オススメは2つ。1つは多良川。とにかく普段呑みに最適。


宮古島のお土産にはIMUGEがオススメだと島の方に聞きました。甘藷(琉球芋)と黒糖を原料にしたお酒だそうです。飲む機会がなかったのが残念。

もう1つは菊之露で、ブラウンやV.I.Pというちょっとだけ高いやつが美味いです。これは本島の居酒屋にも良く置いてありますね。

さいごに

僕が行った初日の宮古島の気温が29℃。同じ日の北海道の気温が4℃。気温差にやられて最初の2日間は寝苦しかったのですが、3日目からはすっかり慣れて、快適な日々を過ごしました。仕事をする上で何の支障もないし、環境は最高だし、言うことなしです。今度はプライベートで家族も連れて行きたいですね。

最後に、マッシグラ沖縄タイムスさん、宮古島市及び宮古島市ICT交流センターの皆さん、郊外型エコハウスの管理人さん、各種体験でお世話になった皆さん、本当にありがとうございました!

このブログの人気の投稿

自走する組織に必要なのはルールではなくガイドライン

ということをいつも心がけている、という話です。 僕が組織のマネジメント職を20年ほどやらせてもらっている上で、いつも意識しているのは権限移譲とセルフマネジメントです。この辺の話は過去のブログにも書きました。 管理職のためのエンジニア組織構築マニュアル 管理職のための役職引退マニュアル 現場に口を出さないマネージャーの作り方 つまり「権限と裁量を同時に移譲し、責任感を持ってプロアクティブに仕事をしてもらいながらも、メンバーの良いところを更に引き出して高いパフォーマンスを出してもらう」ことこそが、マネジメント職のやるべきことだと思っています。 そのために僕がいつも権限移譲の際に伝えるのは、ルールではなくガイドラインです。ルールは規則や規定といった決まりごとなので「やること」「やってはいけないこと」が書かれたものです。ガイドラインは大まかな指針なので「方向性」「やったほうがいいこと」「やらないほうがいいこと」が書かれたものです。 ルールを提示した場合、そのとおりにすれば過去の実績からある程度の成功は見込めるものの、状況に応じた柔軟な判断が出来ませんし、メンバーの考えや意見が行動に反映されません。メンバーはルール通りの行動しか出来ず、結果としてルールを作成した人以上の成果は出せなくなってしまいます。 ガイドラインの場合、会社として望ましいと考える方向性だけが書かれているので、状況に応じた柔軟な判断も出来ますし、メンバーが考えるより良いやり方や行動を取り入れることが出来ます。ガイドラインを作成した人以上の良いアイデアがあればガイドラインをアップデートすることも出来ます。 これは権限移譲だけでなく、育成においても同様だと僕は考えます。1から10まで決まりきったカリキュラムをやらせることも時には(あるいは人によっては)必要だけれど、本当に価値のある育成は、メンバーに目指してほしい姿を伝え、現在とのギャップを一緒に認識し、そのギャップを埋めるための多種多様な方法を伝えて、その上で本人が取捨選択して自分自身で学習していく。企業や上長はそのサポートを行う。というのが、最も成長出来る育成方法だと思います。 学習する組織 ― システム思考で未来を創造する posted with AmaQuick at 2

努力できること自体が才能なので、努力しただけで褒められるべき

発明王トーマス・エジソンの名言としてよく知られる「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」という言葉があります。実際の意図は「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」であったとも 言われています が、まぁどちらにせよ、ひらめきだけでは成功することはできず、そこには必ず努力も必要となります。 漫画「はじめの一歩」において主人公の師匠である鴨川会長は「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる」と言っていました。ここにも、成功において努力は必要不可欠であるとの強いメッセージがあります。 しかし、実際には誰もが努力できるわけではありません。 努力できること自体が才能 なのだと思います。 努力をしないことが問題だと言うつもりはありませんし、努力をしないという選択肢を選ぶことは個人の自由だと思います。必ずしも成功が万人の幸せなわけではないし、成功しなくても得られる生活によって満足する人だっています。 僕が言いたいのは「そもそも努力できない人がいる」という事実です。こういう方は選択の余地が無く、何かにおいて1位になったり、一流になったり、勝利したり、成功したりすることは難しくなります。それらには必ず努力が必要になるからであり、そして努力ができない、努力をする才能が無いからです。 これには実験の裏付けがあります。詳しくは10年前の WIREDの記事 に書かれていますが、ざっくり言うと、脳内の一部(左線条体と前頭前皮質腹内側部)におけるドーパミン作動性活性が高いと努力ができる、違う一部( 島皮質)の ドーパミン作動性活性が高いと努力できない、という実験結果があります。そもそも脳の作りや働きによって努力ができる人とできない人がいる、ということです。 繰り返しになりますが、僕は努力しない人が悪いとも思っていないし、責めるつもりもありません。僕が言いたいのは以下の2点です。 (1)努力できること自体が才能であり、その才能が無い人はそもそも努力ができないので 、努力できないことを責めてはいけない。 それは本人の特性であり個性だから。 (2)努力できること自体がすごいことなので、努力した結果が成功に結びつかなかったとしても、責めてはいけない。 努力しただけで褒められてよい。 人にはそれぞれ適材適所があるので、めちゃくちゃ努力する人は努力が

組織を構成するビルダー、フォロワー、ワーカーについて

僕の経験上、新しい事業体を立ち上げたときの組織構成は大きく3つに分かれる。というか3つのタイプを必要とする。なお、ここではそもそもパフォーマンスが出ない人を含めていない。 その事業を成功させることに高いモチベーションがあり、その結果の責任も積極的に取るタイプ。会社の創業者とか新部門の責任者とか、立ち上げメンバーがコレに当たる。 もともとはその事業に対して特にモチベーションが無いんだけど、事業を担当することによって深くコミットし、結果としてモチベーションが高くなるタイプ。 事業に対するモチベーションが無いからコミットもしないんだけど、担当する業務はしっかりとこなすタイプ。 1をビルダー、2をフォロワー、3をワーカーとこの記事では呼称する。 事業が立ち上がったばかりの組織構成として、ビルダーは当然少ない。可能な限りフォロワーを増やすことを僕はお薦めする。事業のスタート時期というのは不足していたりそもそも無かったりすることがたくさんあり、それらをプロアクティブに拾い続けて解決するためにはモチベーションが必要だからだ。この時期の組織では、業務に対して合うスキルセットの人を採用する(=ワーカー)より、企業理念や事業ビジョンにコミットしてくれる人(フォロワー)を採用したほうがスピードが上がる。ワーカーがあまりに多いと作業指示が無いゆえの作業待ちが発生し、スピードが上がらない。比率的には1:6:3くらい。 事業がある程度立ち上がって順調に拡大するフェーズになると、今度はフォロワーをどうやってビルダーに成長させるか、ワーカーをどうやってフォロワーに成長させるか、が課題になる。このくらいのフェーズではマネジメント教育とかコーチング研修なんかが必要になる。企業理念や事業ビジョンを更に明確にし、言い続け、常に意識させる作業が必要になる。 そして、ある程度事業の形が出来てくると、ふわふわした仕事が少なくなるので、ワーカーを業務に対してアサインしやすくなる。こうなると2:4:4くらいの比率でも上手くいく。それでもワーカーを過半数以上にするのは僕はおすすめしない。事業にコミットしない人が増えると組織全体が「コミットしないのが当たり前」「コミットしない人が評価されて不公平」みたいな空気感が生まれちゃうことが多い。なので過半数以上は事業にコミットする人で固めたほうが良い。 つまり、組織の責任者は「