スキップしてメイン コンテンツに移動

これで完璧!本当に役立つテレワークマナー

コロナ禍によってテレワークを導入する企業が増えた昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕は4連休明けでダルかったので有給を取得し妻とデートしてきました。イェーイ。

さて、弊社も今年2月以降は全社員完全テレワークに移行しました。弊社は2011年からテレワークを導入し各自が自由に活用していたため、特に大きな問題も無くテレワーク体制に移行したのですが、全社員完全テレワークは初めての状況であり、幾つかの課題が発生しました。特に、その状況下でも新しく入社する社員がいますので、これまで社内で培ってきた暗黙の了解が共有出来ないことは大きな課題でした。

ということで、本記事では、弊社のテレワークマナーについてご紹介したいと思います。皆さんのご参考になれば幸いです。

業務の開始と終了はチャットで宣言する

これはオフィス出社時でもテレワークでも変わらないのですが、業務開始時と業務終了時にはSlackで宣言しています。弊社ではこれを開店/閉店と呼んでいます。

気をつけて頂きたいのは、これは報告ではなく共有であるということです。業務開始と業務終了を共有しておくことで、同僚が相談したり依頼をしたりできる時間を把握出来ます。この共有をしておかないと、業務開始前や業務終了後にMentionがバンバン飛んで来るかもしれません。もちろん飛んできたからって怒るメンバーはいないのですが、お互いちょっとした気遣いが出来るように、自分が働いている時間は共有しておくと良いでしょう。

これは休憩時間も同様です。昼休みにのんびりゲームしているときにスマホがブーブー鳴っていたら気が散るかもしれません。休憩開始と終了をSlackで宣言することでゆっくり休憩することが出来ます。休憩中はDisplay nameの後ろに「休憩中」等と付けておくのも良いでしょう。

マイクとスピーカーはPC内蔵のものを使わない

PCの性能は以前と比べて格段に上がっていますが、残念ながらマイクとスピーカーはそうではありません。マイクについては音質は向上しているものの、指向性が無いために周囲の音を拾ってしまいます。そしてPC操作時には、どうしても打鍵音がダイレクトに響いてしまいます。またスピーカーは、まぁ正直全く駄目です。音楽を聞くのにさえ向いていないのに、音声のやり取りなんか出来るわけがない。

マイクとスピーカーは必ず別に用意しましょう。必ずしも高価なものである必要はありません。音声が聞き取りやすく、かつ自分の声をちゃんと拾ってくれるものを探してください。

カメラはオフでいい

ビデオ会議でカメラをオンにする必要なんて全くありません、と断言します。

僕は時々GoogleやAmazonやMicrosoftの皆さんとビデオ会議をすることがあるのですが、カメラをオフにしている人はたくさんいます。これは国内だけでなく海外の方でもです。僕たちは相手に顔を見るためにミーティングしているわけではなくて、会話をするためにミーティングしているので、カメラなんかどうでもいいです。

だから、服装だって何でもいいし、当然女性もお化粧なんかしなくていいし、なんならアバターだって構いません(実際弊社にはそういう人がいます)オンにしたい人はすればいいし、オフにしたい人はそうすればいい、ってだけです。

なお当然ですが、オンにした場合の服装についてはTPOでご判断ください。これはテレワークだろうとオフラインだろうと変わらない、普通のビジネスマナーです。

バーチャル背景で主張する

バーチャル背景は自己主張の大きなチャンスです。好きな場所、好きな歌手や漫画やアニメ、好きな家族、何だって構いません。自分で好き勝手設定しちゃいましょう。

僕は一時期GOLD'S GYMの店舗内写真を使っていました。もちろんバーチャル背景は必須では無いので、使わないのだって自由です。また社外の人とのミーティングではTPOでごh(

家族やペットの乱入はむしろチャンス

結局の所、僕たちは機械ではなく人を相手に仕事をしているので、相手の人となりを知ることはコミュニケーションを円滑にします。ビデオ会議中の家族やペットの乱入は、相手に自分のことを伝えるチャンスですし、逆に相手からすれば会話のきっかけになります。

乱入してきた場合には積極的に相手に紹介していきましょう。逆に相手側に乱入があれば積極的に話題にあげましょう。これだけで会話が抜群に盛り上がります。

これはある日の部門内ミーティグで今期の営業目標について説明していた僕です。


ビデオ会議のログアウトは迅速に

オフラインで打ち合わせをしていた頃、アジェンダを全て議論し終わったあとに「せっかく集まったんだからこれも...」とか言い始める人いませんでしたか?いやそれアジェンダの意味ねえだろ、と僕はよく思っていたものですが、テレワークが主流の現在では「せっかく集まったんだから」自体意味がありません。必要あるならすぐその瞬間にでもビデオ会議を繋いで話せば良いんです。

だから、ビデオ会議が終わった時にはダラダラ待つ必要はありません。「じゃ、おつかれっすー。ういっすういっす」って言ったらすぐ切断しましょう。特に自分が相手から見て客の場合や上長に当たる場合は真っ先に切断するべきです。残念ながら、いわゆるビジネスマナーにおいては「偉い人が退席してから退席する」とか「偉い人が電話を切ってから自分が切る」みたいなものがあり、ビデオ会議でもそういう気の使い方をする人が一定数います。だからこそ、自分が立場上上側に当たる場合は迅速にログアウトすべきです。余計な気を使わせないようにしましょう。

Slackは非同期コミュニケーションだと認識する

これはもうLINEでもSMSでも一緒なんですけど、Slackは決して同期的なコミュニケーションではありません。自分が投げたメッセージを相手が見るのは、相手が都合の良い時であり、決して投げた瞬間に見てもらえるわけではないのです。最も重要なのは、即レスを期待しないことです。逆に即レスが必要なのであればビデオ会議を使いましょう。

オフライン以上に背景をしっかり伝える

全員が同じオフィスに居る時は、何となく別の席の会話が耳に入ってきたり、他の誰かから又聞きしたりと、情報はメッシュ状で入手出来ました。しかしテレワークではそのような機会がありません。情報は入手可能な経路からしか入手出来ないのです。

だからこそ、相手の理解に期待し過ぎず、相談や依頼の背景をきちんと整理した上でちゃんと伝えましょう。背景の認識に齟齬があると議論が噛み合わず、無駄に会話が長引いてしまいます。箇条書きで構わないので軽くまとめてからビデオ会議に臨むとダラダラせずに効率よく会話が出来ます。

名刺代わりにSNSを使う

名刺、使わなくなりましたねー。以前だと200枚の名刺を1ヶ月で使い切っていたのですが、この半年で使った名刺は0枚です。しかし、社外の方とやり取りをする時には相手の詳細情報を知ることが出来ず、またデータとして残すことも出来ず、ちょっと不便です。

一番簡単なのはSNSを使うことです。国内ではFacebook、国外ではLinkedInを使うことが多いです。私は同僚、パートナー、顧客に関わらず、ほぼほぼSNSを使ってリレーションを作っています。一度リレーションが出来てしまえば、以降はSNSを使って連絡が出来ます。SNSの投稿から名刺以上の情報を伝えることも出来ます。SNSを全くやらない人は仕事用のSNSアカウントを作るという方法もあります。

いつも以上に雑なコミュニケーションを

オフィスにいる時は「あー疲れたなー」とか「ダルいなー」とか「今夜飲みに行きたいなー」とか雑に発すれば誰かが反応してくれたかもしれませんが、テレワークではそうはいきません。しかしこういう雑談こそが重要であったと気づいた人は多いのではないでしょうか。僕もそうです。いやー飲みに行きてえな。

テレワークでこそ雑なコミュニケーションを活発に取るべきです。Slackに上記のようなセリフを反射的に書いてもいいし、雑にビデオ会議を立ち上げて雑談相手募集してもいいです。何なら社長とかにDMしてビデオ会議をお願いしてもいいと思います。みんな喜んでやるでしょう。テレワークでこそ、コミュニケーションには厳格さや厳密さを求めず雑にしましょう。リアクションはオーバーなくらいで良いです。「おめでとう!!!」とか「すごい!!!!」とか感嘆符を使いまくりましょう。もちろん絵文字も使いまくりましょう。

休憩は多めに取る

ぶっちゃけ、一日中部屋にいて椅子に座ってたら疲れるじゃないですか。どうしても運動不足になるし、水分も控えめになるし、人とも会話しないし、首や肩は痛くなるし。なのでリフレッシュのため、休憩時間は多めにとりましょう。

単に昼休みを長くするとかではなく、夕方にちょっと散歩に行くとか、子供と遊ぶ時間を作るとか、ミーティングとミーティングの間にはダラダラするとか、なんでもいいです。意識して休憩を多めに取ることが、ストレスを抱え込まない大事な要素です。当然ですけど、短時間の休憩なんか別に休憩時間として打刻する必要は全くありません。業務中にタバコ吸ったりトイレ行ったりコンビニ行ったりジュース飲んだりするのと大差ありません。積極的にサボr(


その仕事、全部やめてみよう――1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」
小野 和俊(著)
ダイヤモンド社 (2020-07-29T00:00:00.000Z)

¥1,485

このブログの人気の投稿

自走する組織に必要なのはルールではなくガイドライン

ということをいつも心がけている、という話です。 僕が組織のマネジメント職を20年ほどやらせてもらっている上で、いつも意識しているのは権限移譲とセルフマネジメントです。この辺の話は過去のブログにも書きました。 管理職のためのエンジニア組織構築マニュアル 管理職のための役職引退マニュアル 現場に口を出さないマネージャーの作り方 つまり「権限と裁量を同時に移譲し、責任感を持ってプロアクティブに仕事をしてもらいながらも、メンバーの良いところを更に引き出して高いパフォーマンスを出してもらう」ことこそが、マネジメント職のやるべきことだと思っています。 そのために僕がいつも権限移譲の際に伝えるのは、ルールではなくガイドラインです。ルールは規則や規定といった決まりごとなので「やること」「やってはいけないこと」が書かれたものです。ガイドラインは大まかな指針なので「方向性」「やったほうがいいこと」「やらないほうがいいこと」が書かれたものです。 ルールを提示した場合、そのとおりにすれば過去の実績からある程度の成功は見込めるものの、状況に応じた柔軟な判断が出来ませんし、メンバーの考えや意見が行動に反映されません。メンバーはルール通りの行動しか出来ず、結果としてルールを作成した人以上の成果は出せなくなってしまいます。 ガイドラインの場合、会社として望ましいと考える方向性だけが書かれているので、状況に応じた柔軟な判断も出来ますし、メンバーが考えるより良いやり方や行動を取り入れることが出来ます。ガイドラインを作成した人以上の良いアイデアがあればガイドラインをアップデートすることも出来ます。 これは権限移譲だけでなく、育成においても同様だと僕は考えます。1から10まで決まりきったカリキュラムをやらせることも時には(あるいは人によっては)必要だけれど、本当に価値のある育成は、メンバーに目指してほしい姿を伝え、現在とのギャップを一緒に認識し、そのギャップを埋めるための多種多様な方法を伝えて、その上で本人が取捨選択して自分自身で学習していく。企業や上長はそのサポートを行う。というのが、最も成長出来る育成方法だと思います。 学習する組織 ― システム思考で未来を創造する posted with AmaQuick at 2

努力できること自体が才能なので、努力しただけで褒められるべき

発明王トーマス・エジソンの名言としてよく知られる「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」という言葉があります。実際の意図は「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」であったとも 言われています が、まぁどちらにせよ、ひらめきだけでは成功することはできず、そこには必ず努力も必要となります。 漫画「はじめの一歩」において主人公の師匠である鴨川会長は「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる」と言っていました。ここにも、成功において努力は必要不可欠であるとの強いメッセージがあります。 しかし、実際には誰もが努力できるわけではありません。 努力できること自体が才能 なのだと思います。 努力をしないことが問題だと言うつもりはありませんし、努力をしないという選択肢を選ぶことは個人の自由だと思います。必ずしも成功が万人の幸せなわけではないし、成功しなくても得られる生活によって満足する人だっています。 僕が言いたいのは「そもそも努力できない人がいる」という事実です。こういう方は選択の余地が無く、何かにおいて1位になったり、一流になったり、勝利したり、成功したりすることは難しくなります。それらには必ず努力が必要になるからであり、そして努力ができない、努力をする才能が無いからです。 これには実験の裏付けがあります。詳しくは10年前の WIREDの記事 に書かれていますが、ざっくり言うと、脳内の一部(左線条体と前頭前皮質腹内側部)におけるドーパミン作動性活性が高いと努力ができる、違う一部( 島皮質)の ドーパミン作動性活性が高いと努力できない、という実験結果があります。そもそも脳の作りや働きによって努力ができる人とできない人がいる、ということです。 繰り返しになりますが、僕は努力しない人が悪いとも思っていないし、責めるつもりもありません。僕が言いたいのは以下の2点です。 (1)努力できること自体が才能であり、その才能が無い人はそもそも努力ができないので 、努力できないことを責めてはいけない。 それは本人の特性であり個性だから。 (2)努力できること自体がすごいことなので、努力した結果が成功に結びつかなかったとしても、責めてはいけない。 努力しただけで褒められてよい。 人にはそれぞれ適材適所があるので、めちゃくちゃ努力する人は努力が

週3でカジュアル面談してる僕のカジュアル面談の進め方

はじめに 最近盛り上がっている Meety 。僕も登録させてもらっていて、最近はクラウドインテグレーター特集に載せてもらいました。 「ブログの会社」クラスメソッド株式会社のことを伝えたい クラウドインテグレーターの魅力を語ります! 実は僕自身は、Meetyを始める以前からカジュアル面談を行う機会が多くありました。弊社はスカウトやエージェント経由、リファラル、直接応募など、たくさんの採用パスがあり、その中で「応募する前にもっと会社のことを知りたい」というご要望を頂くことがあるからです。今週はMeetyとエージェント経由とで週4回カジュアル面談があります。 今日は、僕がカジュアル面談を行う上で意識していることをご紹介したいと思います。 カジュアル面談の進め方 (1)主旨をすり合わせる まず最初に、面接でも面談でもないことを明確にします。面談とカジュアル面談の違いは人によって解釈が違うところですが、僕が考えるそれぞれの違いはこんな感じです。 面接→選考の場。合否を出す。 面談→情報交換の場。企業からも情報提供するし、応募者の情報もヒアリングする。 カジュアル面談→情報提供の場。企業から情報提供するのがメイン。 ですので「今日はカジュアル面談なので、貴方の疑問や質問にどんどん回答します」と伝えます。 (2)立ち位置を確認する このカジュアル面談における、両者の立ち位置を確認します。つまり自己紹介です。自分が企業の中でどういうポジションにいて、どういう経験を持っていて、どんな情報を伝えられるか、をお伝えします。この中で趣味や働き方などを使ってアイスブレイクも行います。 カジュアル面談をする上で応募者の基本的な情報も知っておきたいので、簡単な自己紹介をお願いします。自己紹介の粒度は相手に任せます。人によって伝えたいことと伝えたくないことの線引は異なるので、無理に情報を引き出すようなことはしません。 (3)期待値を確認する カジュアル面談は限られた時間の中で、相手が欲しい情報を提示し、不安を解消する必要がありますので、最初に期待値を確認し、場のゴールをすり合わせます。僕が経験した中だと以下のような期待値のパターンがありました。 そもそも企業側のことをちゃんと知らないので理解したい 転職を念頭に情報収集をしているだけなので会社の概要をざっくり知りたい 企業については一通り調べた上で