スキップしてメイン コンテンツに移動

ドイツ旅日記:3日目: ベルリン散策

ドイツ3日目。朝早く起きて仕事片付けて打ち合わせも済ませて、ベルリンメンバーに案内してもらって散策してきました。


最初にドイツの公共交通機関について。
ドイツの公共交通機関はバス、トラム(路面電車)、Sバーン(地上、橋の上を走ってる)、Uバーン(地下鉄)がある。チケットは片道切符とか回数券とかあるけど、1日券や期間券を買ったほうが楽。僕はベルリン・テーゲル空港で4日間でチケットを購入した。
そしてドイツのSバーンやUバーンは改札がないので切符を見せることがない。切符買わなくても乗れちゃうじゃん、と思うけど、たまに駅員さんが巡回して無賃乗車がバレると50ユーロとか60ユーロとか取られて、何回も捕まると本当に逮捕されちゃうらしい。だからみんなちゃんと買う。
バスは前のドアから入って駅員さんにチケットをふわっと見せる...んだけど、駅員さん全然見てくれないし、真ん中のドアから入れる場合もあるので、結局チケットを見せないままのときもある。あとバスは黄色いのが公共交通機関のバスで、白いのや黒いのは観光バスなので注意。

そのほかドイツ豆知識。
  • ビールがLidlで59セントで買える。
  • 喫煙率がめっちゃ高いし歩き煙草めっちゃ多い。
  • 車はほとんどが独国産車。ベンツ、BMW、OPEL、VW。一番多いのがSmart。
  • バイクもそこそこいる。BMWが多い。
  • スクーターもいるけどほとんどが知ら無いメーカー。
  • 観光客向けでは英語が通じる。一般的にはドイツ語が多いので、英語が通じ無い場合も多い。
  • 町看板はドイツ語なので全く読め無い。
  • 信号機が赤と青が変わるのがすごく早い。気が付いたら変わってる。
  • 飲食店のチップは気持ち程度。一人だと50セント、複数人だと適当にーみたいな。
  • ドイツ語ほんとにわからない。マジ理解できない。
  • 街中のあちこちで東側と西側を意識する。西側は都市部って感じで、大きな建物が整然と並んでるし、自然も多い。生活している人は年配者。東側は工場地帯みたいな感じで雑多としている。逆にそれがよくてナイトクラブは東側に多く、若者も多い。
さて、まずはベルリンオフィスから徒歩5分にあるチェックポイントチャーリーへ。東西ドイツ時代の国境検問所だった場所で、西側から見ると米軍兵、東側から見るとソビエト兵の写真が掲げられている。横にある白い看板も東西時代そのまま。

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -


Mall of Berlinを散策したのち、ポツダム広場へ。ベルリンの壁の一部が展示されている。ブツブツに見えるのはガム。シアトルのガムの壁みたいな感じで、どうもマーキングらしい。あまり綺麗なものではない。

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -


そこからティーアガルテンを経由して戦勝記念塔へ。ティーアガルテンは自然たっぷりの公園で、かなり広い。自転車の人も多い。散策するだけでも気持ちが良い。ベルリンは都市の中に自然が多くあって、過ごしやすいところだなと思う。戦勝記念塔はデンマーク戦争での勝利を記念して建設された塔で、3ユーロ払ったら登ることができる。せっかくなので登ってみたけど、ずっと階段なのでかなり疲れた。幼稚園くらいの子供や、高校生などが多くいて、学生行事でもよく訪れる場所のようだ。

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -


ランチはティーアガルデンの南西にあるギリシャ料理店Ja Niko Jaで、ビールと白身魚のフライを。

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -

フライは魚がふわふわですごく美味しかった。

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -


そこからちょっと歩いてカイザー・ヴィルヘルム教会へ。もともとはすごく大きな協会だったそうなんだけど、戦時の爆撃で半分以上が倒壊し、残ってるのは一部。その横に新しい協会が作られた場所。古い協会は天井画や壁画に歴史を感じるし、新しい協会はコンサートなんかも開かれるくらいアーティスティックな感じだった。


Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -


そこからSバーンで移動してブランデンブルク門へ。ベルリンの名所といえばここ、って感じで、観光客がキャーキャー言いながら写真撮ってた。浅草の雷門みたいな感じ。ナポレオンがベルリンを占領した際にパレードした場所として知名度が高い。巨大建造物萌えとしてはかなり良かった。



そこから東へ歩き出す。「殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」、通称ホロコースト記念碑は、ホロコーストで虐殺されたユダヤ人犠牲者のための記念碑。石碑のような四角い石が、大きさや高さも乱雑に並んでいる。ホロコーストの歴史を知っていると心がざわつく場所なんだけど、はしゃいで写真撮影している若者や石に座ってる人がいたりして、結局のところその歴史教育とセットにしないと風化しちゃうだろうなと思った。



さらにウンター・デン・リンデン沿いに東へ歩いて、アンペルマンのフラッグシップショップへ。妻、子供達、サッカー少年団の子供達へのお土産を購入。アンペルマンかわいいなー。

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -


そこからミュージアムアイランドへ。時間がなくて通りかかったたけ。ベルリン大聖堂は大きくて荘厳で素敵だった。

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -


そこから北側に歩いて、ハッケシェ・ヘーフェへ。ここは...アパートメントだった場所なのかな?今は小さなオシャレ店舗がたくさんある。タイルの専門店とかすごく面白かった。またグラフティで壁が埋まってるところもあり、なんつーか、アーティスティックな場所でした。アンネ・フランク博物館もあった。

Daisuke Sasakiさん(@smokey.d.monkey)がシェアした投稿 -


そこからSバーンで移動、イーストサイドギャラリーへ。ベルリンの壁が1kmくらい繋がっていて、東ドイツ側がアート作品で埋まっている。一番有名な旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東ドイツのホーネッカー書記長がキスしている絵の前で記念写真撮影。その他の作品も見応えがあって、とても良かった。満足。


その後オフィスに戻って、近所のTapasBarであるBarceLonaでパエリア食べました。美味しかった。

そんな感じで3日目を過ごしました。

このブログの人気の投稿

努力できること自体が才能なので、努力しただけで褒められるべき

発明王トーマス・エジソンの名言としてよく知られる「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」という言葉があります。実際の意図は「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」であったとも 言われています が、まぁどちらにせよ、ひらめきだけでは成功することはできず、そこには必ず努力も必要となります。 漫画「はじめの一歩」において主人公の師匠である鴨川会長は「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる」と言っていました。ここにも、成功において努力は必要不可欠であるとの強いメッセージがあります。 しかし、実際には誰もが努力できるわけではありません。 努力できること自体が才能 なのだと思います。 努力をしないことが問題だと言うつもりはありませんし、努力をしないという選択肢を選ぶことは個人の自由だと思います。必ずしも成功が万人の幸せなわけではないし、成功しなくても得られる生活によって満足する人だっています。 僕が言いたいのは「そもそも努力できない人がいる」という事実です。こういう方は選択の余地が無く、何かにおいて1位になったり、一流になったり、勝利したり、成功したりすることは難しくなります。それらには必ず努力が必要になるからであり、そして努力ができない、努力をする才能が無いからです。 これには実験の裏付けがあります。詳しくは10年前の WIREDの記事 に書かれていますが、ざっくり言うと、脳内の一部(左線条体と前頭前皮質腹内側部)におけるドーパミン作動性活性が高いと努力ができる、違う一部( 島皮質)の ドーパミン作動性活性が高いと努力できない、という実験結果があります。そもそも脳の作りや働きによって努力ができる人とできない人がいる、ということです。 繰り返しになりますが、僕は努力しない人が悪いとも思っていないし、責めるつもりもありません。僕が言いたいのは以下の2点です。 (1)努力できること自体が才能であり、その才能が無い人はそもそも努力ができないので 、努力できないことを責めてはいけない。 それは本人の特性であり個性だから。 (2)努力できること自体がすごいことなので、努力した結果が成功に結びつかなかったとしても、責めてはいけない。 努力しただけで褒められてよい。 人にはそれぞれ適材適所があるので、めちゃくちゃ努力する人は努力が

自走する組織に必要なのはルールではなくガイドライン

ということをいつも心がけている、という話です。 僕が組織のマネジメント職を20年ほどやらせてもらっている上で、いつも意識しているのは権限移譲とセルフマネジメントです。この辺の話は過去のブログにも書きました。 管理職のためのエンジニア組織構築マニュアル 管理職のための役職引退マニュアル 現場に口を出さないマネージャーの作り方 つまり「権限と裁量を同時に移譲し、責任感を持ってプロアクティブに仕事をしてもらいながらも、メンバーの良いところを更に引き出して高いパフォーマンスを出してもらう」ことこそが、マネジメント職のやるべきことだと思っています。 そのために僕がいつも権限移譲の際に伝えるのは、ルールではなくガイドラインです。ルールは規則や規定といった決まりごとなので「やること」「やってはいけないこと」が書かれたものです。ガイドラインは大まかな指針なので「方向性」「やったほうがいいこと」「やらないほうがいいこと」が書かれたものです。 ルールを提示した場合、そのとおりにすれば過去の実績からある程度の成功は見込めるものの、状況に応じた柔軟な判断が出来ませんし、メンバーの考えや意見が行動に反映されません。メンバーはルール通りの行動しか出来ず、結果としてルールを作成した人以上の成果は出せなくなってしまいます。 ガイドラインの場合、会社として望ましいと考える方向性だけが書かれているので、状況に応じた柔軟な判断も出来ますし、メンバーが考えるより良いやり方や行動を取り入れることが出来ます。ガイドラインを作成した人以上の良いアイデアがあればガイドラインをアップデートすることも出来ます。 これは権限移譲だけでなく、育成においても同様だと僕は考えます。1から10まで決まりきったカリキュラムをやらせることも時には(あるいは人によっては)必要だけれど、本当に価値のある育成は、メンバーに目指してほしい姿を伝え、現在とのギャップを一緒に認識し、そのギャップを埋めるための多種多様な方法を伝えて、その上で本人が取捨選択して自分自身で学習していく。企業や上長はそのサポートを行う。というのが、最も成長出来る育成方法だと思います。 学習する組織 ― システム思考で未来を創造する posted with AmaQuick at 2

「許可を得るな、謝罪せよ」が意図していること

 弊社ではセルフマネジメントとアウトプットファーストを行動指針として掲げていますが、セルフマネジメントを象徴する言葉としてよく使われるのが 「許可を得るな、謝罪せよ」 です。 細かい話は 以前ブログにした のでそちらを読んで頂くとして、この言葉が意味するのは「アクションするのにいちいち許可を得る必要はない。許可を取る時間が無駄。やっていいですかじゃなくてやりましたと言えばいい。その結果間違っていれば謝れば良いだけ」です。 何故この方針を取るのか、この方針によってどのような結果を期待しているのか、を改めて整理したいと思います。 アクションのスピードを上げたい これは上述した意味の通りで、何らかの施策や企画があるときに、上長の許可を取るために資料を作ったり、打ち合わせしたり、下調べをしたり、という時間が無駄だからです。 この考え方の前提として「小さな失敗を早くたくさんする」というのがあります。どんな施策も企画も、正解なんて誰にもわからないし、やり方次第で変わるものです。アイデアの時点であーだこーだ言うより、実際に手を動かしてやってみて、その結果から継続の判断を行うことで、リスクを小さく、コストも小さく、たくさんアクションすることが出来ます。 モチベーションを持って取り組んでもらいたい 何でもそうですけど、人に言われたことをそのままやるより、自分で考えたことを自分のやり方でやるほうが、面白いです。僕が仕事をする上で、または僕がピープルマネジメントする上で、一番重要視しているのは、面白いかどうか、です。 担当者がモチベーションのないままやって成功することなんて(ほとんど)ありません。その施策や企画の実施に一番モチベーションがあるのはそれを考えた人なので、その人に主導してもらうのが一番成功率が高いです。 主体性を持って取り組んでもらいたい モチベーションと同様に、担当者が主体性のないままやって成功することなんて(ほとんど)ありません。その施策/企画を自分ごととして捉え、だからこそ知恵を絞って、全力を発揮する、つまり主体性を持って取り組むことが、一番成功率が高いです。そしてもちろん、一番主体性を持てるのはそれを考えた人です。 なお、主体性と責任は違います。前述の通り「小さな失敗を早くたくさんする」ためには、失敗に対して責任を追求するのではなく、結果と知見を追求する、という文化が