スキップしてメイン コンテンツに移動

勤続10年の家族旅行で東京ディズニーリゾートに行ってきた!

取り急ぎログとして。あとで写真や文章変えるかも。

【1日目】
6時起床、7時出発、8時駐車場到着、9:00時飛行機登場。
まずは東京タワーへ。とにかく大きさ的に迫力があるので子供たちは大喜び。特別展望台の景色も東京一円が見渡せたので良かった。富士山まで見えたのはナイス。2Fのフードコートでお昼ご飯を食べて、また移動。
次は浅草へ。浅草寺の仲見世をプラプラして、浅草寺でお詣りして、僕と長女は梅園でクリームあんみつ食べて(餡子が好きじゃない妻と長男次男はマックでジュース休憩)、移動。
舞浜に着いたらそこはもう夢の国で、子供たちが大はしゃぎ。ディズニーリゾートラインに乗って、宿泊先であるヒルトン東京ベイへ。

【2日目】
6:00起床、6:30にバイキングで朝食。この時間に行くと結構空いていて、待つこと無く入れた。ちなみに7:00過ぎると行列が出来ていたので、やっぱり開店直後に行くのが正しいみたい。ホテルで2デーパスポートを引き換えて、8:00にホテルを出発、東京ディズニーランドへ。8:30に到着すると既に行列が。僕らも並んだんだけど、その後から来るわ来るわ、行列がどんどん伸びていく。早めに出ておいてよかったー。
・重ね重ね、プランを考えてくれた@sho_ta_28さんありがとう!
・まずは僕がオープンダッシュで「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」のFPをゲット。
・「ミッキーの家とミート・ミッキー」に行ってみたけど、いきなり80分待ちだったので断念。
・「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」に行こうとしたんだけど、長男と次男が怖がったので、妻と長女だけが入って僕と長男と次男は待機。暗いところ、大きな音がするところがダメらしい。
・家族みんなで「グランドサーキット・レールウェイ」へ。長女ももちろんだけど、やっぱり長男と次男の男のコンビが大喜びだった。
・FPを使って「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」に入場。ここでFPの偉大さを確認。80分待ちの行列を横目に待たずの乗れるって素晴らしい。車両に取り付けられた銃で的をピコピコ撃つタイプのゲームで、綺麗だったし面白かった。
・更に僕がダッシュで「ホーンテッドマンション」のFPをゲット。
・「イッツ・ア・スモールワールド」へ。曲に合わせていろんな国の衣装を着た人形が動くんだけど、すごく綺麗だったしギミックが面白かった。子供たちが三人とも人形に笑顔でぶんぶん手を振っていたのが印象的。
・ランチは「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」へ。ここの内装は夢があっていいなぁ。食事はちゃんとした洋食で、ボリュームがあって、値段相応に美味かった。
・「ホーンテッドマンション」はナイトメア・ビフォア・クリスマス仕様で、子供たちも可愛い可愛いと大喜び...だったんだけど、中に入ると次男は怖かったらしく、目をつぶりっぱなし。まぁ、暗いからなぁ。長男はもっと怖がるかと思ったんだけど、意外に楽しかったらしい。
・僕がダッシュで「ビッグサンダーマウンテン」のFPをゲット...だがしかし、既に20:50の指定となっていた。まぁ仕方がないのでとりあえずゲット。
・「ミッキーのフィルハーマジック」に。待ち時間が短かったわりにはすっげー面白かった。3D映画初体験の妻もとても楽しめたそう。映像に合わせて風や匂いまで感じられるので、長女が「これは4Dだね!」って言ってたけどまさにその通りだと思う。
・昼のパレード、「シュビレーション!」。たまたま結構前のほうを陣取ることが出来た。パレードってまともに見たの初めてだったんだけど、面白いもんだなぁ。子供たちも(特に長女が)大喜び。
・「蒸気船マークトウェイン号」へ。単純に船に乗るのって楽しいよね。最上階は結構混んでたんだけど、親切な年配の女性がスペースを空けてくれたので、子供たちは柵の前に立つことが出来た。ありがとうございました。
・長男たっての希望で「カリブの海賊」へ。昔乗ったときはただの海賊ものだったけど、今はパイレーツオブカリビアン仕様になっていて、あちこちにジャック・スパロウがいた。これも男子大喜び。
・空きまくってた「スター・ツアーズ」へ。全く並ぶこと無く乗れた。これも昔と全く変わってないけど、相変わらず面白かったな。ちなみにここに乗る途中で子供たちを「キャプテンEO」に誘ったんだけど却下された。しょぼん。
・ここで一旦別れて、妻と長女は「白雪姫と七人のこびと」へ、僕と長男と次男は「アリスのティーパーティ」へ。かなり早く回転するもんだから目が回ってしまったけど、子供たちは楽しかったそうだ。
・定番の「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」。やっぱり夜のほうがすごいなぁ。見応えあった。残念ながら花火は中止。
・最後にFPを使って「ビッグサンダーマウンテン」へ。妻と長女と長男は面白かったと言っていたけど、次男は乗ってる間ずっと引きつっていて、降りた後も変に興奮状態に。とにかく泣かなくて良かった...と思ったんだけど、あとから聞いたところ次男が一番面白かったのはコレらしい。マジでか。
東京ディズニーランドはコレで終わり。ホテルに戻ってとっとと就寝。

【3日目】
昨日と同じく6:00起床、6:30にバイキングで朝食、8:00出発。8:20に東京ディズニーシーに到着。祝日なだけあってかなり行列が長かったけど、順調に(途中で次男がトイレに行きたいと言い出した時はどうしようかと思ったけど)無事に入場。
・東京ディズニーシーのプランもTwitterでいろんな人に教えてもらいました。皆さんありがとう!
・まずは僕がダッシュで「マジックランプシアター」のFPをゲット。すぐ入場出来るFPだったので、家族と合流してそのまま入場。コメディ仕立てのショー+3Dアニメーションで、単純に3Dだけで言えばランドのフィルハーマジックのほうが面白かったけど、ショーも含めてかなり笑えた。
・妻と子供たちが「キャラバンカルーセル」に乗ってる間に僕は「海底2万マイル」のFPをゲットしに。
・必ず押さえようと思っていた「マーメイドラグーンシアター」へ。前から2列目の結構良い席で、きっちりショーを楽しめることが出来た。なんとなくライオンキング的な感じで、迫力もあったし綺麗だったし、これは良かったね。魔女すごかったなー。
・ついでに「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」へ。思ってたよりあんまり動かないし並んでた時間のわりにはあっという間に終わっちゃったけど、上から見るマーメイドラグーン一帯は綺麗でした。
・FPで「海底2万マイル」へ。暗くて子供たちはちょっと怖かったらしいけど、後半の半漁人が出てくるあたりからすごく楽しかったらしい。大人も面白かったです。
・僕がダッシュで「ストームライダー」のFPをゲット。
・通りかかったついでに「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」に。イッツアスモールワールド的な、船に乗ってあちこちシーンの違う部屋に入り込むんだけど、シンドバットは絵本を子供たちに読み聞かせしていたからストーリーに馴染みがあって良かった。ここでも次男が人形に手をふりまくってた。
・ランチは「ケープコッド・クックオフ」に行く予定だったんだけどショーが見れるほうは激混みだったので「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」へ。
・FPを使って「ストームライダー」へ。スターツアーズみたいな感じだけどあっちより新しい分迫力があった。子供たち大興奮。
・長男が乗りたいと言っていた「スカットルのスクーター」へ。見た目はいまいち楽しくなさそうだったんだけど、実際に乗ってみると結構上下に動くし前後に回転するし、意外に面白かった。小さい子供が乗っても怖くないのがポイント高い。
・長女がどうしてもキャラクターと写真を撮りたいというので「アリエルのグリーティンググロット」へ。家族みんなで一緒に撮影してもらいました。妻曰く「アリエル、超綺麗」だったそうです。僕?僕は恥ずかしくてちゃんと顔見れませんでしたよ。
・「フォートレス・エクスプロレーション」は写真を見て行ってみたいと思っていたので。こういうの、なんか、すごくディズニーらしいと思う。子供たちは探検気分であちこち見て回ってた。
・Twitterにもわざわざ書いたけど、妻が3歩だけ腕を組んで歩いてくれたので、これであと10年生きていける。
・最後のアトラクションとして「タートル・トーク」へ。すごいなぁ、ほんと、ちゃんと喋るんですね。子供たちは質問に当てられなかったけど、クラッシュのトークですごく楽しめたそうです。大人も面白かった。妻に「あのくらい喋れたら飲み屋でモテるだろうなぁ」と言ったら「そこかい」と突っ込まれた。
・最後にパレード、「ファンタズミック!」を。僕は長男を肩車してたからまともに見れなかったけど、家族はみんなそこそこちゃんと見れて結構すごかったらしい。特に長女は、若いカップルグループの男性が前に入れてくれたおかげですごく楽しめたそうです。どの人かわからなかったからお礼が言えなかったんだけど、お兄さんありがとうございました。おかげで長女に良い思い出が出来ました。
・そして花火、「ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ」!音楽に合わせて花火を見ると、あんなに盛り上がるもんなんだなぁ。昨日中止だっただけに、最後に見れて本当に良かった。
ディズニーリゾートはこれで終わり。ホテルに戻ってさくさくと就寝。

【4日目】
6:00起床、6:30にバイキングで朝食、8:30出発。まずは上野動物園へ。念願のパンダが見れたんだけど、1匹は寝ていて1匹はお尻しか見えなかった。パンダっていっつもそんなもんらしい。あとは象を見たりゴリラやライオンを見たり。
昼食は国立科学博物館のレストラン「ムーセイオン」で。精養軒の系列らしく、ちゃんとした洋食。ボリュームもすごい。美味しかったです。
午後はそのまま国立科学博物館を見学。さすがに家族みんな疲れていたのであんまりゆっくり回れなかったけど、あの剥製と骨格標本を見せることが出来たので良かった。
あとはアメ横をぶらぶらして、羽田空港で晩御飯食べて帰宅。

これにて4日間の家族旅行は終わり。

コメント

このブログの人気の投稿

リモートワークは仕組みじゃなくて文化です

ここ最近、コロナウイルス関連の報道が数多くあるが、その中でも多くの企業がリモートワークを推奨するという記事やプレスリリースが注目を浴びている。それ自体はもちろん大変望ましい。不要な対面での接点を減らすことで感染リスクを抑えることが出来るし、通勤ラッシュや首都圏への経済集中も抑制出来るからだ。

だがちょっと待ってほしい。リモートワークというのは社員が在宅で働くことだけを指すのではない。社員が在宅で働いても出社時と同じパフォーマンスが出ることをリモートワークというのだ。だからこの記事のタイトルで「リモートワークは仕組みじゃなくて文化です」と書いた。

弊社がリモートワークを導入したのは2011年の東日本大震災がきっかけだけれど、9年経った今、どのようにリモートワークを運用して、そしてパフォーマンスを維持しているかを共有したいと思う。以下のことが文化として根付けば、その会社のメンバーはリモートワークでもオフィスでも同じようなパフォーマンスが発揮出来るはずだ。

1.勤怠を厳密に管理しない え、だってダルくないすか。管理するの。何時に働き始めて何時に働き終わったかなんて関係ないっしょ。大事なのは働いた結果のアウトプットであり、働いた時間なんか問題じゃない。

2.休憩も厳密に管理しない え、だってダルくないすか。管理するの。何時に休憩し始め(ry

3.工数を厳密に管理しない え、だ(ry

4.目に見えるアウトプットを意識する 当然のことながら、仕事は結果が全てであり、結果が出なければどこで何時間働いたって意味がない。そして結果というのは目に見えなければ意味がない。 だからこそ、アウトプットを出すこと、アウトプットを評価することに徹底的にこだわる。それはドキュメントかもしれないし、お客様やパートナーとコミュニケーションするためのメールかもしれないし、社内の改善活動かもしれないし、メンバーへのフォローかもしれないし、ブログかもしれないし、Slackでの発言かもしれない。 とにかく目に見えないものは周りも認められない。目に見えるアウトプットしか評価されないし、そのために徹底的にアウトプットするんだ、という意識を社内でしっかりと作ることが重要。

5.コミュニケーションコストを意識する どんなに頑張っても、オンラインのコミュニケーションはオフラインのコミュニケーションの密度を越えられない…

これで完璧!本当に役立つテレワークマナー

コロナ禍によってテレワークを導入する企業が増えた昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕は4連休明けでダルかったので有給を取得し妻とデートしてきました。イェーイ。さて、弊社も今年2月以降は全社員完全テレワークに移行しました。弊社は2011年からテレワークを導入し各自が自由に活用していたため、特に大きな問題も無くテレワーク体制に移行したのですが、全社員完全テレワークは初めての状況であり、幾つかの課題が発生しました。特に、その状況下でも新しく入社する社員がいますので、これまで社内で培ってきた暗黙の了解が共有出来ないことは大きな課題でした。ということで、本記事では、弊社のテレワークマナーについてご紹介したいと思います。皆さんのご参考になれば幸いです。業務の開始と終了はチャットで宣言するこれはオフィス出社時でもテレワークでも変わらないのですが、業務開始時と業務終了時にはSlackで宣言しています。弊社ではこれを開店/閉店と呼んでいます。気をつけて頂きたいのは、これは報告ではなく共有であるということです。業務開始と業務終了を共有しておくことで、同僚が相談したり依頼をしたりできる時間を把握出来ます。この共有をしておかないと、業務開始前や業務終了後にMentionがバンバン飛んで来るかもしれません。もちろん飛んできたからって怒るメンバーはいないのですが、お互いちょっとした気遣いが出来るように、自分が働いている時間は共有しておくと良いでしょう。これは休憩時間も同様です。昼休みにのんびりゲームしているときにスマホがブーブー鳴っていたら気が散るかもしれません。休憩開始と終了をSlackで宣言することでゆっくり休憩することが出来ます。休憩中はDisplay nameの後ろに「休憩中」等と付けておくのも良いでしょう。マイクとスピーカーはPC内蔵のものを使わないPCの性能は以前と比べて格段に上がっていますが、残念ながらマイクとスピーカーはそうではありません。マイクについては音質は向上しているものの、指向性が無いために周囲の音を拾ってしまいます。そしてPC操作時には、どうしても打鍵音がダイレクトに響いてしまいます。またスピーカーは、まぁ正直全く駄目です。音楽を聞くのにさえ向いていないのに、音声のやり取りなんか出来るわけがない。マイクとスピーカーは必ず別に用意しましょう。必ずしも高価なものである…

ネガティブなフィードバックをする時に意識したい7つのこと

僕は現在は取締役兼事業本部長という立ち位置でお仕事させて頂いてますが、元々はエンジニアで、かつピープルマネージメントを15年以上しておりました。僕がマネジメントしたメンバーは合算すると200人以上になります。正直に言えば、楽しいことはたくさんあったけれど、もちろん辛いことも多々経験していまして、特にメンバーに対してネガティブなフィードバックをすることは大きな苦しみの一つです。
最近、自分の部署の若いマネージャーから、ネガティブなフィードバックを上手に行うことが難しく課題に感じている、という声があったので、僕の経験をまとめてみました。 ポジティブなフィードバックをセットにして伝えるどんな人にとっても、悪い話を聞くことは楽しい経験ではありません。悪い話だけを聞き続けると、不愉快な感情が理性を覆い隠してしまいます。しかしフィードバックとは叱ることではなく、どのように改善していくかを議論するためのきっかけであり、感情的になることはマイナスに働きます。ネガティブなフィードバックを伝える時は、ポジティブなフィードバックをセットに、出来れば先に伝えます。良い点がない人はいません(そんな人は採用していないはずです)から、必ず褒めるポイント、褒めるべきアウトプットがあるはずです。ポジティブなフィードバックをセットすることで、相手の感情のバランスを取ることが出来ます。ネガティブな内容を責めるのではなく事実として伝える上述の通り、フィードバックの目的は叱責ではなく改善なので、「なんで出来ないんだ」とか「どうして出来なかったんだ」ではなく、事実としてのネガティブな現状を正確に伝えることが重要です。例えそれが叱責に値する内容であったとしても、どちらか一方が感情的になると必ずもう片方も感情的になるので、冷静に正しく事実のみを伝えます。期待値を提示するネガティブなフィードバックには、必ずあるべき姿、こちらが期待していた姿があるはずなので、それを伝えます。その際には一方的に伝えるのではなく、こちらの期待値を根拠と併せて伝え、その上で一緒にその期待値の妥当性を議論します。この期待値のすり合わせをしないと、メンバー本人の振り返りも生まれず、改善のためのアクションも「言われたからやる」だけになってしまいます。 なぜネガティブな結果になったのかをヒアリングする人それぞれ様々な事情や環境があるため、どうして…