スキップしてメイン コンテンツに移動

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZOに行ってきた!

8月12日、13日はRISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZOでした!

なんと今年で10年連続参加、10周年です!ちなみに初めて参加したRSR2002は2日目からの参加で、一番最初に見たBACK DROP BOMBで眼鏡を壊す、という酷い目にあいました。まぁ今では良い思い出です。

例年通り弟・弟彼女と3人で参加。ギリギリまで天気予報が不安な状況ですが、蓋を開けて見れば快晴、そして猛暑!いかにも夏!って感じの3日間になりました。今年は弟と「早め早めに行動していこう!」と決めていたおかげで、何をするにも心に余裕をもって過ごすことが出来ました。それと今年は参加者が少なかったおかげで、全体的にピースフルな空気が漂っていてすごく良かったです。天気・気持ち・雰囲気、これだけ全体的に気持ちよかったRSRは10年参加して初めてかもしれません。そのくらい何もかも最高でした。

以下、レポ。今年は良いステージが多くてベストアクトは決められません!

【8月12日(金)】
例年は8:30に弟と集合して買い物に行ってたんだけど、今年は余裕をもって前日に全て買い物を済ませた上で、7:30に弟と集合。弟彼女をピックアップして会場に着いたのが10:00。カウントダウンに合わせて11:00から入場開始、僕らが入場したのが12:10くらい。テントサイト券を引換してテントを立て終わったのが12:40。なんて余裕のある行動!テントサイトはキタキツネでローソンのすぐ近く、アーステント方面にもサンステや奥のほうにも行動しやすい、良い場所でした。駆けつけビール3杯飲んで移動開始!

・ONE OK ROCK
今年僕が最もハマってるバンド。弟と二人で参加(弟彼女は女王蜂を見に行った)ので、かなり前のほうまで攻めていきました。「Never Let This Go」から始まったライブはほぼ4thアルバム「Nicheシンドローム」からのラインナップでしたが、その後シングル発売されているものも含めてました。「アンサイズニア」はアコースティックVerと2回演奏してたし、「NO SCARED」はやっぱカッコ良かったなぁ。最後は「完全感覚Dreamer」で周りの若者と押し合いへし合いしながら〆。このバンドはライブもきっちり盛り上げてくるバンドだなぁと感じました。ニューアルバムも楽しみです。僕の今年の「ロックバンド賞」はコレ!

・B.B.クィーンズ
ムーンサーカスに移動する途中でチラ見。近藤房之助めちゃくちゃカッコ良かったー。「おどるポンポコリン」とか「ギンギラパラダイス」とかヒットパレード、更には宇徳敬子がMi-keの「想い出の九十九里浜」を歌い始めるなど、もうおっさんにはたまらんステージでした。在日ファンクに間に合わなそうだったので途中抜けしたけど、後から聞いたら最後にはまるちゃんとたまちゃん(のキグルミ)が出て来たらしく、最後まで見たかったなぁ。

・在日ファンク
去年のファンク枠は「オーサカモノレール」だったけど今年は在日ファンク。もうハマケンがカッコ良すぎてやばかった。ヤツのダンスはマジやばい。「ダンボール肉まん」からずーっとファンクショー、途中サイプレス上野が乱入してかっけーラップを聴かせてくれて、ハマケンがシャツを脱いで「きず」を歌い出したときには大盛り上がり。「京都」も聴けて大満足。「ファンクで賞」はコレ!すっげー踊れるステージでした。

・布袋寅泰
布袋さんのステージは実に15年ぶり、1996年12月5日の札幌グリーンドーム「SPACE COWBOY TOUR」以来です!今年はデビュー30周年ということもあって「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」からスタートした後はBOOWYの「BAD FEELING」やるわCOMPLEXの「BE MY BABY」やるわと大盤振る舞い。「さらば青春の光」「スリル」「バンビーナ」とヒット曲連発した後はまさかの「FLY INTO YOUR DREAM」でクローズ...と思いきやアンコールで「Dreamin'」!全編通して弟と大合唱してました。いやーさすがデビュー30年、持ってるものが多いわー。「大御所賞」はコレ!素晴らしい貫禄あるステージでした!

この後ご飯食べたりビール飲んだりしてまったりと。Dub Master Xを見に行こうと思ってたんだけど、翌日のことも考えて1:00に就寝。弟彼女が耳栓を持ってきてくれたおかげで寝つきが良かったです。


【8月13日(土)】
7:00に起床して車で移動、途中で朝ごはん食べてから銭湯で一風呂。11:00に会場に戻ってきて、弟の先輩と一緒に昼ビール。そこから移動開始。

・氣志團
僕の好きな「スウィンギン・ニッポン」からスタートして大盛り上がり。オーディエンスはやっぱり元々のファン層が多く、みんな振付を踊れていた。綾小路は以前ライブ見たときより声が出るようになってたなぁ。ショートしてしっかり楽しめる構成でよかったです。「俺達には土曜日しかない」の後「One Night Carnival」に繋いだんだけど、途中からすっかりダラダラトークして時間おしまくり。面白かったけど次の予定があったので途中抜けしました。

・ハンバート ハンバート
Youtubeで見たときはもっと静かな感じだと思ってたんだけど、今回はバンド構成で来ていたのもあって、明るいフォークって感じでした。青空の下でビール飲みながら聴くには最高!佐野遊穂さん、あんなにはっちゃけた人だったんだなぁ。フィドルを弾いていたいたときの佐藤良成さんもはっちゃけていたけど。「おなじ話」はすごく感動的でした。「しみじみで賞」はコレ!

・→ Pia-no-jaC ←
ハンバート ハンバートを見てから移動したら既に人がたくさん集まっていたので、外のほうから遠巻きに。相変わらず盛り上がるライブやってました。とりあえず「台風」聴けて満足。途中抜けしましたけど楽しかったです。今度は前のほうで見たいな。

・あらかじめ決められた恋人たちへ
あら恋のライブは2010年4月のO-nestのワンマン以来1年半ぶり。いやーもー踊った踊った、弟も弟彼女も踊りまくってた。Tシャツびしょ濡れになるまで踊った。池永さんもクリテツさんもカッコ良かったー。前のワンマンのときも思ったけど、あら恋は音源も良いけどライブが絶対に良い。またぜひ北海道に来てください。「踊ったで賞」はコレ!

この後はのんびりと。弟や弟彼女と飲み食いしたり、@bokusamaテントに行って@hejihogu夫妻に肉食わせてもらいながら花火見たりしてました。今年の花火は長かったりなかなか盛大で良かったです。

・モーモールルギャバン
正直ベストアクトにしても良いくらい良かった。「J-POPで賞」はコレ。僕がよく聞いてるアルバム「野口、久津川で爆死」と「クロなら結構です」からの曲が大半だったのですっげー面白かった。まさかの「野口、久津川で爆死」からスタート出し惜しみしない選曲で「POP!烏龍ハイ」「サイケな恋人」「ユキちゃん」&「ユキちゃんの遺伝子」と大盛り上がり。ゲイリーがパンツ一丁でドラムから落ちたりユコ・カティがキーボード振り回したりとすっげーアグレッシブ。最後はユコ・カティが銅鑼を叩きまくって〆。いやー良かったなー、ワンマンでもこねーかなー。

・TONE PARK(TAKKYU ISHINO/KEN ISHII)
時間が空いたので覗きに。結局踊り狂ってTシャツがびしょ濡れに...卓球さんは音の遊びの部分が面白いし、KEN ISHIIはかっちり作ってきていてカッコ良かった。途中でテクノ好きのオーストリア人のイケメンと友達になって一しきり語り合い、8月末のニセコのトランスイベントを紹介されたりしてた。

・ハナレグミ
最初の5曲くらい聴いてたんだけど、眠くて無理だったので途中離脱。ハナレグミ、好きなんだけど、徹夜明けの4時は起きてられませんでした。

翌日は11:00に起床し撤収作業、風呂行ってからSoup Curry SAMURAI.北19条店でご飯を食べてきました。侍スペシャルという全部入りのスープカレーを注文。SAMURAIは初めて行ったんだけど、今まで食った中で一番美味いかも。


ってわけで、最高の3日間でした!

コメント

このブログの人気の投稿

リモートワークは仕組みじゃなくて文化です

ここ最近、コロナウイルス関連の報道が数多くあるが、その中でも多くの企業がリモートワークを推奨するという記事やプレスリリースが注目を浴びている。それ自体はもちろん大変望ましい。不要な対面での接点を減らすことで感染リスクを抑えることが出来るし、通勤ラッシュや首都圏への経済集中も抑制出来るからだ。

だがちょっと待ってほしい。リモートワークというのは社員が在宅で働くことだけを指すのではない。社員が在宅で働いても出社時と同じパフォーマンスが出ることをリモートワークというのだ。だからこの記事のタイトルで「リモートワークは仕組みじゃなくて文化です」と書いた。

弊社がリモートワークを導入したのは2011年の東日本大震災がきっかけだけれど、9年経った今、どのようにリモートワークを運用して、そしてパフォーマンスを維持しているかを共有したいと思う。以下のことが文化として根付けば、その会社のメンバーはリモートワークでもオフィスでも同じようなパフォーマンスが発揮出来るはずだ。

1.勤怠を厳密に管理しない え、だってダルくないすか。管理するの。何時に働き始めて何時に働き終わったかなんて関係ないっしょ。大事なのは働いた結果のアウトプットであり、働いた時間なんか問題じゃない。

2.休憩も厳密に管理しない え、だってダルくないすか。管理するの。何時に休憩し始め(ry

3.工数を厳密に管理しない え、だ(ry

4.目に見えるアウトプットを意識する 当然のことながら、仕事は結果が全てであり、結果が出なければどこで何時間働いたって意味がない。そして結果というのは目に見えなければ意味がない。 だからこそ、アウトプットを出すこと、アウトプットを評価することに徹底的にこだわる。それはドキュメントかもしれないし、お客様やパートナーとコミュニケーションするためのメールかもしれないし、社内の改善活動かもしれないし、メンバーへのフォローかもしれないし、ブログかもしれないし、Slackでの発言かもしれない。 とにかく目に見えないものは周りも認められない。目に見えるアウトプットしか評価されないし、そのために徹底的にアウトプットするんだ、という意識を社内でしっかりと作ることが重要。

5.コミュニケーションコストを意識する どんなに頑張っても、オンラインのコミュニケーションはオフラインのコミュニケーションの密度を越えられない…

41歳になりました

30代の頃は40歳になるまでの1年1年を意識しながら生きていたんだけど、40歳を越えてから自分の年齢にまるで興味が無くなり「あれ、今40歳だっけ、41歳だっけ」くらいの感じだったのですが、昨晩妻に確認したところ今日で41歳になりました。本厄ですが今の所は大きなトラブルもなく、もしかしたらコロナウイルスって僕が厄年のせいかな?くらいの気持ちでおります。

折角なので近況報告です。

コロナウイルス ... 現在弊社ではBCP体制として全オフィス閉鎖、全員在宅勤務、出張禁止となっています。僕も在宅勤務をしており、3月の出張を全てキャンセルしました。丸々一ヶ月自宅にいるのはなんと2015年8月以来4年7ヶ月ぶりです。ほぼ5年じゃん...この5年出張しかしてねえじゃん俺...おかげで毎朝6時起床で飲酒ゼロという健康的な生活を送っております。仕事 ... 2019年7月に弊社執行役員から取締役に変わったのですが、「使用人兼務役員だし大した変わらないだろ」と高をくくっていたところ、なんだかんだと自分の部署以外にも目を向ける必要が出てきたり、海外拠点のビジネスについても責任が伴ったりと、なんか結構変わっちゃったな、という感じです。41歳もまた新しいチャレンジをする一年になる予定なのでお楽しみに。家庭 ... 長女が大学進学して一人暮らしを始め、一安心していたところに長男が酒と煙草で停学2連チャンし自主退学、何とか私立高校に編入させて寮に引っ越しをさせ、結果的に妻と次男と3人暮らし、というのが現状です。この長男についてはまぁちょっと色々酷い時期があったものの、正直なところ僕も他人様に胸を晴れるほど立派な高校生だったわけでもないし、長男自体は編入後にすごく大人になったことから、コレ自体はまぁ長男にとって必要な経験だったんだろう、とポジティブに捉えています。彼も来年は高校卒業を迎えるので、ちゃんと手に職つけてくれると良いな。あと長女には2歳年上の彼氏が出来ました。うん、お父さん大丈夫。お父さん冷静。お父さんちょっとジム行ってくる。英語 ... 1日2時間の英語の勉強時間をキープし続けて、まぁとりあえず海外に独りで行っても困らないし、英語のミーティングは70%くらいは言ってることわかる、たまに返事も出来る、くらいが現状。今年も勉強頑張ります。大学 ... 僕は工業高校卒ですぐ就職しており大学…

贅沢に対する恐怖に怯えている

僕が小さい頃、我が家は貧乏だった。

とは言え、極端なほどではない。家もあったし、サッカーという習い事も出来ていたし、三食ちゃんと食べることが出来た。でも例えば外食はしないとか、ブランドものの服は着ないとか(今思い出せばジャージ以外着たことなかった)、旅行には行かないとか、ファミコンを買ってもらえないとか、そういうレベルでは裕福ではなかった。母子家庭だったので父親はおらず、慰謝料は一銭も入ってくることがなく、母はいつも頑張って働いてくれていた。

そんな母の姿を見ていたから、僕もとにかく金を稼がなくては生きていないという想いが強く、中学時代は知り合いの伝手でちょっとした日銭が稼げるアルバイトをしていて、中学卒業後にはすぐに手に職を得ることが出来そうな工業高校に進学した。高校時代は平日も土日もずっとアルバイトで、年末年始も休まず働いていた。その後進学したいと思うようになり、高度専門士の取得が可能な4年生の専門学校への入学が決まっていたものの、金銭的な事情から進学を諦めざるを得なかった。結果として、高校卒業にすぐ就職した。

その後21歳という若年で結婚し、長女が生まれたけど、もちろん高卒で21歳の若者の給与なんかたかだか知れており、必死に働いた。本業だけでは食って行けず、知人の紹介で副業を持ち、朝8時から夜中3時まで働いた。結婚後の幸せ太りで10kg増えた僕の体重は、一番過酷だった2ヶ月間であっという間に元に戻った。

そんながむしゃらに生きて、今の僕がある。

率直に言えば、今の僕は僕の人生の中で最も金銭的な余裕がある。40歳になり、ある程度の給与を貰えるようになり、幸いなことにボーナスまでもらえる(僕がボーナスをもらったのは今の会社が初めてだ。ボーナスを初めてもらった時、「あ、ボーナスって本当に存在するんだな」と思った)ような状況だ。すごく幸せなことだと思う。

しかし、だからこそ、僕は贅沢が怖い。贅沢をすること、それに慣れること、そして贅沢にスポイルされることが怖い。必死に働いて、節約して、誰もやらないような泥臭い仕事をして、それで何とか生きていた経験の積み重ねが、今の僕を作っている。僕が今仕事をさせてもらえているのは、その経験を買ってもらえているからだけれど、それも「たまたま」であり、仕事がなくなった時にまた同じように必死の努力をしなくてはならない。必死の努力をするのは…