スキップしてメイン コンテンツに移動

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZOに行ってきた!

8月13日、14日はRISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZOでした!

例年通り弟・弟彼女と3人で参加。前日までの大雨で、かなり地面がぬかるんでおり、所々に沼が出来てる状態ではありましたが、二日間快晴が続き、気温も高く、心地良く過ごすことが出来ました。

僕自身が、こういった野外フェスでいつも心がけているのは、「まぁいっか」という気持ちです。
どんなイベントにもトラブルは付き物で、今回みたいに大雨の結果グランドコンディションが悪かったり、入場やテントサイトの引き換えに時間がかかったり、食べたい物や飲み物が買えなかったり、見ようと思っていたライブが入場規制やその他の事情で間に合わなかったり、変な人が近くにいて不愉快だったり...
でもそんなの、文句言ったって改善されるわけじゃないし、気にしてるといつまでもモヤモヤした気持ちで過ごさないといけないじゃないですか。折角楽しいイベントなのに勿体無い。だから「まぁいっかー」って言って、自分からモヤモヤを切り離して、その上で楽しく過ごす方法を考える。そうすれば、一時的にイライラすることがあったって、全体的には楽しく過ごせると思うんですよね。「まぁいっか」というマジックワード、オススメです。

以下、レポ。

【8月13日】
前日から公式アナウンスで「地面の状態が悪い」と出ていたので、慌てて購入した長靴で出撃。
08:30に弟合流して、買い物したり弟彼女を拾ったりして、11:00会場着。そこから荷物を持って並んだけど、入場列が進まない。大分前まで進んで初めて判明したんだけど、入場ゲート前に大きな沼地が出来ていて、そこで皆立ち往生していたのが原因でした。僕らも台車を持ち上げて沼地を通過、入場したのが12:30。そこから更にテントサイトの引き換えに1時間半かかりました。僕らのテントサイトであったユキウサギが、雨で水没してしまい、引き換えに時間がかかったそうです。それでも何とか沼地横をゲット。多少ドロドロだけど何とかペグが埋まる状況だったので、すぐテントを建てて荷物を置いて、ビールを1杯飲んで、ライブに移動。

・チャットモンチー
本気で見ようと思ってたんだけど、テント構築に時間が掛かってしまったので、アーステント横から見ました。ボーカルの声がCDそのままでびっくり。スリーピースなのに音に厚みがあるし、コーラスもすごく綺麗だし、良いバンドだなぁと思いました。

・LOVE PSYCHEDELICO
散歩がてらレッドスターまで移動してチラ見。雰囲気がすごくレッドスターぽい。まったり聞いちゃいました。

・マキシマムザホルモン
昨年急遽キャンセルになってそのまま活動休止したこともあり、少し早めに行ったけどやはり入場規制で入れず。こちらもアーステント横から参加。しかし中はグチャグチャでしたね...すごく面白かったです。あの縦ノリの雰囲気はヤバいなー。ラストのメガラバできっちり盛り上がって終了。

・聖飢魔II
僕自身は10月の札幌黒ミサも妻と一緒に行くし、弟と弟彼女はそんなに興味が無かったので、遠めに見る感じで。やはりベテランなだけに演奏も歌もすごく巧いし、ライブの盛り上げ方も一流だし、素晴らしいなぁと思いました。紅玉ネタ、初めて見たけどすっげー面白かった。10月の黒ミサ楽しみだなー。

・安藤裕子
音盤も聞いたこと無かったんだけど、弟彼女が好きだというので行ってみたら、コレがまたすごく良かった。音盤はもうちょっとポップらしいんだけど、ジャジーかつディープ。ライブのほうが面白い人なのかな。音盤も是非聴いてみたいですね。

・スチャダラパー
活動20周年記念ということで期待して行ったら期待通りでした。TOKYO NO.1 SOUL SET、ロボ宙、電気グルーヴと豪華ゲスト揃い踏み。しかも引っ張る引っ張る。すっげー面白かったですね。ANIのイキフン最高でした。

・オーサカモノレール
「あぁ、このボーカル、これがやりたいだけなんだな」という雰囲気が伝わる、良い意味でベタファンク全開でした。面白かったなー。やっぱかっけーっす。

・AA=
弟と弟彼女が寝たので、一人で参加。頑張りすぎて前2列目まで突入し、眼鏡防具のゴーグルが壊れるという大惨事。しかし、いや、良かった。カッコよかったー。FREEDOMとかアツ過ぎ。この日最も暴れたライブになりました。

【8月14日】
02:30に寝て07:00に暑くて起床。近くのテントサイトが夜中まで五月蝿くてあんまり眠れなかったけど、まぁ野外フェスだとありがちな事なので良しとしました。焼きそばを作って朝ごはん。その後3人で銭湯に繰り出して、追加で買出しして戻り。二日目ということもあって、駐車場が激混みでした。

・オレスカバンド
僕の中で2010ベストアクト。音盤しか聴いて無かったんだけど、間違いなくライブが一番栄えるバンドでした。やっぱりすごくライブ慣れしてるなーという印象。何と言うか、「若い子たちがすごく頑張っていてカッコよいライブをしている」ということに感動して、ガチで涙が出そうになりました。弟も同じ印象だったらしく、おっさん二人で涙を堪えてました。オジサンは嫌だねぇ。ガールズバンドということで敬遠している人も多いかも知れませんが、是非一度ライブを観ると良いと思います。

この後少しダラダラして、散歩しつつ酒呑んで、ドコモやタワレコでタオルをもらったり、雑談したり、友達と会ったり。

・山下達郎
さすがベテラン、しかもこういうデカいフェスで盛り上げるやり方を良く知ってるなーと思いました。もうとにかく演奏の安定度がすごい。最後はお腹が空いてしまったので、ちょっと早めに抜けたので、最後にコーラスで竹内まりやが紹介されたのは見逃しました(後で知り合いに聞いた)

そこからご飯を食べて、雑談して、大分酔っ払ってから次へ。

・HIFANA
アサラティストがたくさん集まってました。最初にちょっとアサラトプレイをしてからライブへ。MPC操作すごいなー。かなりノれたんだけど、途中で酔っ払って眠くなったので、ちょっと抜けて一休みしちゃいました。この時間帯に花火もあったようなんだけど、見事に見逃し。

・BEAT CRUSADERS
素晴らしかったですねー。解散直前ということもあり、きっちり盛り上がりました。僕の好きなLOVE DISCHORDもやったし、アンコールのBE MY WIFEも良かったし、すっげー楽しかったです。ビークルは、もう色んな事をやり尽した感があるのかなぁ。コラボが増えた辺りからは、すごくチャレンジしている感がありましたものね。散開は残念だけど、長い間すごく楽しませてもらいました。お疲れ様!

・EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
敷物敷いて、寝ながら聴いてました。というかガチで寝ちゃったんだけど...気持ちよかったなー。この後弟と弟彼女はリタイヤ。

・LOOPA NIGHT
1時間ほど一人で踊ってきました。TASAKAカッコよかったです。

・ASIAN KUNG-FU GENERATION
今年のオオトリ。最近音盤聞き込んですごく気に入ってたのもあり、まぁ結構眠たくはあったんだけど、かなり楽しめました。僕の好きな「転がる岩、君に朝が降る」も聴けたし、「迷子犬と雨のビート」も聴けたし、定番の「リライト」も演ったし、満足!雲のせいで朝日は見れなかったけれど、朝焼けはちょっとだけ見れたので良かったです。

こんな感じで終了。帰りは銭湯に寄って、天竺でたっぷりスープカレーを食べて帰宅。そのままぐっすりと気絶寝しました。

全体を通して。今年の個人的なテーマは「楽をする」だったので、服装もスポーティにして動きやすく暖かいものにして、長靴も履いて足先の状態も保護したのが大正解。カセットコンロで作ったご飯も美味しく頂けたし、お酒も無理せず呑んだし、ちょくちょく休憩を入れたおかげで朝までそこそこ元気だったし、そして何よりライブもちゃんといっぱい観れたし!良いRSRを過ごせたなーと思います。楽しかったなぁ。

RSRに参加された皆さん、楽しい2日間を過ごせましたか?僕はすっごく楽しかったです。また来年、素晴らしいフェスを過ごせますように!


コメント

このブログの人気の投稿

リモートワークは仕組みじゃなくて文化です

ここ最近、コロナウイルス関連の報道が数多くあるが、その中でも多くの企業がリモートワークを推奨するという記事やプレスリリースが注目を浴びている。それ自体はもちろん大変望ましい。不要な対面での接点を減らすことで感染リスクを抑えることが出来るし、通勤ラッシュや首都圏への経済集中も抑制出来るからだ。

だがちょっと待ってほしい。リモートワークというのは社員が在宅で働くことだけを指すのではない。社員が在宅で働いても出社時と同じパフォーマンスが出ることをリモートワークというのだ。だからこの記事のタイトルで「リモートワークは仕組みじゃなくて文化です」と書いた。

弊社がリモートワークを導入したのは2011年の東日本大震災がきっかけだけれど、9年経った今、どのようにリモートワークを運用して、そしてパフォーマンスを維持しているかを共有したいと思う。以下のことが文化として根付けば、その会社のメンバーはリモートワークでもオフィスでも同じようなパフォーマンスが発揮出来るはずだ。

1.勤怠を厳密に管理しない え、だってダルくないすか。管理するの。何時に働き始めて何時に働き終わったかなんて関係ないっしょ。大事なのは働いた結果のアウトプットであり、働いた時間なんか問題じゃない。

2.休憩も厳密に管理しない え、だってダルくないすか。管理するの。何時に休憩し始め(ry

3.工数を厳密に管理しない え、だ(ry

4.目に見えるアウトプットを意識する 当然のことながら、仕事は結果が全てであり、結果が出なければどこで何時間働いたって意味がない。そして結果というのは目に見えなければ意味がない。 だからこそ、アウトプットを出すこと、アウトプットを評価することに徹底的にこだわる。それはドキュメントかもしれないし、お客様やパートナーとコミュニケーションするためのメールかもしれないし、社内の改善活動かもしれないし、メンバーへのフォローかもしれないし、ブログかもしれないし、Slackでの発言かもしれない。 とにかく目に見えないものは周りも認められない。目に見えるアウトプットしか評価されないし、そのために徹底的にアウトプットするんだ、という意識を社内でしっかりと作ることが重要。

5.コミュニケーションコストを意識する どんなに頑張っても、オンラインのコミュニケーションはオフラインのコミュニケーションの密度を越えられない…

これで完璧!本当に役立つテレワークマナー

コロナ禍によってテレワークを導入する企業が増えた昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕は4連休明けでダルかったので有給を取得し妻とデートしてきました。イェーイ。さて、弊社も今年2月以降は全社員完全テレワークに移行しました。弊社は2011年からテレワークを導入し各自が自由に活用していたため、特に大きな問題も無くテレワーク体制に移行したのですが、全社員完全テレワークは初めての状況であり、幾つかの課題が発生しました。特に、その状況下でも新しく入社する社員がいますので、これまで社内で培ってきた暗黙の了解が共有出来ないことは大きな課題でした。ということで、本記事では、弊社のテレワークマナーについてご紹介したいと思います。皆さんのご参考になれば幸いです。業務の開始と終了はチャットで宣言するこれはオフィス出社時でもテレワークでも変わらないのですが、業務開始時と業務終了時にはSlackで宣言しています。弊社ではこれを開店/閉店と呼んでいます。気をつけて頂きたいのは、これは報告ではなく共有であるということです。業務開始と業務終了を共有しておくことで、同僚が相談したり依頼をしたりできる時間を把握出来ます。この共有をしておかないと、業務開始前や業務終了後にMentionがバンバン飛んで来るかもしれません。もちろん飛んできたからって怒るメンバーはいないのですが、お互いちょっとした気遣いが出来るように、自分が働いている時間は共有しておくと良いでしょう。これは休憩時間も同様です。昼休みにのんびりゲームしているときにスマホがブーブー鳴っていたら気が散るかもしれません。休憩開始と終了をSlackで宣言することでゆっくり休憩することが出来ます。休憩中はDisplay nameの後ろに「休憩中」等と付けておくのも良いでしょう。マイクとスピーカーはPC内蔵のものを使わないPCの性能は以前と比べて格段に上がっていますが、残念ながらマイクとスピーカーはそうではありません。マイクについては音質は向上しているものの、指向性が無いために周囲の音を拾ってしまいます。そしてPC操作時には、どうしても打鍵音がダイレクトに響いてしまいます。またスピーカーは、まぁ正直全く駄目です。音楽を聞くのにさえ向いていないのに、音声のやり取りなんか出来るわけがない。マイクとスピーカーは必ず別に用意しましょう。必ずしも高価なものである…

ネガティブなフィードバックをする時に意識したい7つのこと

僕は現在は取締役兼事業本部長という立ち位置でお仕事させて頂いてますが、元々はエンジニアで、かつピープルマネージメントを15年以上しておりました。僕がマネジメントしたメンバーは合算すると200人以上になります。正直に言えば、楽しいことはたくさんあったけれど、もちろん辛いことも多々経験していまして、特にメンバーに対してネガティブなフィードバックをすることは大きな苦しみの一つです。
最近、自分の部署の若いマネージャーから、ネガティブなフィードバックを上手に行うことが難しく課題に感じている、という声があったので、僕の経験をまとめてみました。 ポジティブなフィードバックをセットにして伝えるどんな人にとっても、悪い話を聞くことは楽しい経験ではありません。悪い話だけを聞き続けると、不愉快な感情が理性を覆い隠してしまいます。しかしフィードバックとは叱ることではなく、どのように改善していくかを議論するためのきっかけであり、感情的になることはマイナスに働きます。ネガティブなフィードバックを伝える時は、ポジティブなフィードバックをセットに、出来れば先に伝えます。良い点がない人はいません(そんな人は採用していないはずです)から、必ず褒めるポイント、褒めるべきアウトプットがあるはずです。ポジティブなフィードバックをセットすることで、相手の感情のバランスを取ることが出来ます。ネガティブな内容を責めるのではなく事実として伝える上述の通り、フィードバックの目的は叱責ではなく改善なので、「なんで出来ないんだ」とか「どうして出来なかったんだ」ではなく、事実としてのネガティブな現状を正確に伝えることが重要です。例えそれが叱責に値する内容であったとしても、どちらか一方が感情的になると必ずもう片方も感情的になるので、冷静に正しく事実のみを伝えます。期待値を提示するネガティブなフィードバックには、必ずあるべき姿、こちらが期待していた姿があるはずなので、それを伝えます。その際には一方的に伝えるのではなく、こちらの期待値を根拠と併せて伝え、その上で一緒にその期待値の妥当性を議論します。この期待値のすり合わせをしないと、メンバー本人の振り返りも生まれず、改善のためのアクションも「言われたからやる」だけになってしまいます。 なぜネガティブな結果になったのかをヒアリングする人それぞれ様々な事情や環境があるため、どうして…