2016/08/17

[読了]: ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方

うちのシャチョーがオススメしていたので読んだ。一言で言うと「ITエンジニアのダメな『あるある』を解決するための考え方を整理した本」。


対社外編と対社内編に分かれていて、どちらもすごくあるあるだと思う。帯で「若手エンジニア必見」と書かれているけれど、中堅以上のシニアエンジニアもこれを読んで、その行動を笑うのではなく、ぜひ我が身を振り返ってほしい。僕も長くITエンジニアをやってきて、そこから顧客フロントやリーダーやマネージャを経てきたけれど、同じような行動をして「きた」だけでなく、今もふとした瞬間にしちゃってることがあるかも...と反省した。特にお客様には技術だけで会話せずに本質的な課題を意識するよう気をつけてはいるけれど、ちゃんと出来ているとは言い難いかなぁ。部下に対しても、僕はせっかちなのでつい結論を急いで自分の意見を押し付けがちになっちゃうところがあって、こういうのはちゃんと意見やアイデアを引き出せるような会話の仕方をしなきゃいけないなぁと自省した。

そんなわけで、若手のみならず全てのITエンジニア、いや、会社員が読むべき本だと思いました。