2016/03/12

僕から中学校を卒業した長女に贈るメッセージ

今日は長女の中学校の卒業式でした。親としては本当にあっという間に大きくなったなぁと感慨深いです。大きな怪我も病気も無く、過ちを犯すことも無く、健やかに育ってくれました。本当にありがとう。

ところでだ。25年前に自分が小学校を卒業した時からずっと思っているんだけど、日本の卒業式は何であんなにバカバカしいんだろう。定型句を積み重ねただけの、抑揚ない棒読みで語られる、メッセージ性に欠けた、式辞と祝辞。「お忙しい中お集まり頂けた」らしい、誰だかわからん来賓。予め決められた手順に則って先生検閲済みの文章で進められる、演劇めいた送辞と答辞。卒業生自身が思い入れを持っている歌の合唱や、担任の先生による最後のホームルームは感動的で良かったけど、それ以外は一体誰のために行われるのか。主役である卒業生のために、もっと気持ちを込めたメッセージは無いものか。

なので、中学校を卒業した長女に、父である僕から、心を込めた3つのメッセージを贈りたいと思います。

1つめ。今日あなたが貰った卒業証書は、唯の紙切れです。なんの意味も無い。ポイっと丸めて捨てちゃっても良い。大切なのは、あなたが中学生活3年間、勉学に勤しみ、友達と友情を深め、学究活動や部活動や生徒会活動で社会生活を学んだ、その経験です。あなたの頭と心に刻まれたその経験こそが、あなたが一番誇るべきものであり、僕が賞賛するものです。特に友達との友情は、これからの人生において大きな糧となります。僕がそうなんだから間違いない。卒業証書を授与したことじゃなく、3年間の生活を積み上げたことを、喜んで下さい。

2つめ。あなたのこれからの人生において、もっとも大切なものはビジョンです。何をしたいのか、あるいは、何になりたいのか。そのために何をすれば良いのか。今学んでいることは何に役立つのか。ビジョンのための行動は身につきます。ビジョンが無いままただ漠然と学んだり行動しても身につきません。長い人生において、ビジョンは変わることがありますが、それは問題ではありません。一つの固定的なビジョンを守り続けることが目的ではありません。大切なのは、何かしらのビジョンを持ち、そのために行動し続けること。日々を無為に過ごすことなく、目的をもって過ごすこと。ぜひあなたのビジョンを考えてみてください。

3つめ。僕は、中学生活3年間を立派に過ごし切ったあなたを誇りに思っています。卒業おめでとう。これからの人生も楽しんでください。