2015/06/23

[読了]ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

3年前、33歳の誕生日に@Takahassyさんからプレゼントされた本。今更読みました。すみません。ありがとうございました。

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫

この本は@kaznumが「若い頃に読んですごく良かった本、おすすめ」と言っていたもの
で、著者が同じ実業家の道を歩もうとする、そして歩んだ息子に当てた、30通の手紙を整理したもの。私的なものではあるけれど、その内容は万人に対して伝わるもので、25年前の本なのに現在の僕たちにもしっかり伝わる言葉が並んでる。著者が言うところの「人生の悩みや喜び、あるいは常識のほとんどは、私よりもはるかに偉大な人々によって塾考され」ており、僕たち現在の父親が、あるいは管理職が悩むことは、25年前にも同様に悩まれ、ある程度の解決策が見出されたものなんだよね。こうした過去の人々の知見を学ぶことは、技術に限らず「車輪を再発明」せず、効率良く人生を学ぶ手助けになる。もちろん噛み砕いて自らに馴染ませ、己の言葉に変換することも大事。

最近ずーっとビジネス書っぽいものを読んでいるけれど、新たな発見があって楽しい。36歳になっても学ぶべきことは多いものだ。さて、次は何を学ぼうか。