2009/01/05

長女がスキー場デビューした

さて、今日は長女を連れてスキーに行ってきました。小学校2年生の長女は去年初めてスキーを買って、学校の授業で少し滑っただけなので、初心者に優しい「セントレジャー北広島スキー場」にしました。昔は「後楽園北広島スキー場」という名前だったのですが、2008年にオーナー会社が変更になったようです。

まず、リフトに乗れるように、平地でのスケーティング、転び方・立ち方を練習。20分ほどして長女が自信ついたようなので、二人乗りリフトに乗って上りました。初めてにしてはちゃんと上手く乗り降りできたと思います。

さて、まずはボーゲンから。斜面を向いた状態でボーゲンで停止、少し進んでまた停止、という練習をしていたのですが、やはり怖いらしくへっぴり腰で転んでばかり。どうも無理っぽかったので、まずはボーゲンで斜滑降→座ってターン→ボーゲンで斜滑降、を繰り返しました。少しスピードに慣れたようなので、坂の下のほうでは再度ボーゲンで直滑降でスピード制御の練習。最初はおっかなびっくりでも、スピードを制御する方法が少しずつわかってきたらしく、100mほど滑走することが出来ました。

この時点でリフトで上がって降りてくるまで2時間、僕はずっと後ろ向きボーゲンです。足ガクガク。

さて、またリフトで上ってみると、長女はもうすっかり慣れて、ボーゲン直滑降が楽に出来るようになっていました。そのままストックを使ってターンを教えると、何度か滑っているうちに自由に曲がれるように。覚え早いなー。

結局リフトに6回乗って4時間。最終的にプルークボーゲンぽいものが出来るようになりました。長女も自分で滑れるようになって、とても楽しかったようなので良かったです。また近いうちに長女を連れていきたいです。僕の体が大丈夫ならば。うぅ、足腰痛い。