2010/01/24

太田記念美術館に行ってきた

今日はお散歩1回お休み。太田記念美術館に行ってきました。

太田記念美術館は、故太田清藏氏という方が蒐集した浮世絵12000点を保有する、浮世絵の美術館です。場所は原宿駅から徒歩3分くらい、ラフォーレ原宿の隣です。場所が場所なだけに周囲はかなり混雑していたのですが、浮世絵というニッチなものを専門としているため、美術館自体はそんなに混雑しておらず。とはいえ日曜日ですから、僕が行ったときには30人くらいはお客さんがいらっしゃいましたね。お客さんは中高年と外国人の方がメインでしたが、僕より若い男性もいらっしゃいました。

現在は「太田記念美術館開館30周年記念『江戸の彩 -珠玉の浮世絵コレクション-』」という展示をやっていて、これが見たかったので来館しました。入館料は\1,000。展示作品は100点以上、墨絵時代から錦絵、また浮世絵文化末期の明治大正までを時代ごとに分類・並べてありました。それぞれに説明文がついていて、その絵自体の説明から描かれた背景、また絵に込められたちょっとしたメッセージまで、詳細に記述があり、非常に参考になりました。礫川浮世絵美術館もこじんまりとしていて静かでとても良いんですけど、こういう展示の仕方はやっぱり規模の大きな美術館のほうがしっかりしていますねぇ。優劣では無いんですけどね、僕は礫川浮世絵美術館も大好きなので。

みっちり2時間半かけて浮世絵を堪能しました。超楽しかったです。3月になるとまた展示内容が変わるので、そのときにまた行きたいですねぇ。

四大浮世絵師―写楽・歌麿・北斎・広重
神戸新聞社
青幻舎
売り上げランキング: 223004