2009/01/12

読了:神林長平:[永久帰還装置]

まさか2作続けて恋愛モノ読むことになるとは思わなかった。

こちらも神林作品のロマンティック部分が前面に押し出された作品です。トリッキーなギミックもガジェットも無し。リンガフランカーはSFらしいガジェットではあるけれど、コンセプト自体は珍しいものではありませんよね。激しいアクション要素も少なめ。言語イメージや解釈によって現実認識は変動する、というテーマは「太陽と汗」や「言葉使い師」、「プリズム」等と共通ですが、前半はほとんど現実認識をロジックとして描かれるため、ハードSF好きにはいまいちかも知れません。
僕は結構楽しめました。ヒロインの変化とかね。僕は神林作品に出てくるヒロインが結構ツボのことが多いです。ちょっと性格がキツいとことか。あと文庫本の表紙のヒロインよりは、ハードカバーの表紙のヒロインのほうがイメージに合いますね。

永久帰還装置 (ハヤカワ文庫JA)
神林 長平
早川書房
売り上げランキング: 88825