2016/12/03

パーフェクトな時差ぼけ対策を身につけた #reinvent

11/28(月)からAWS re:Invent 2016に参加するために米国ラスベガスにきている。時差が-17時間あるために毎年辛い思いをしているんだけど、今年は時差ぼけ対策が的確にヒットして超楽に過ごせているので、来年のためにメモしておこう。

ポイントは3つ。

事前に体内時計を調整しやすくしておく

今回は月曜日の日本時間17:30(米国時間0:30)の出発便だったので、飛行機搭乗中にしっかり寝る必要があった。でも普通に日本時間で生活していると夕方になんか眠れませんよね?そこで月曜日は日本時間2:00に起床し、超眠たい状態を作っておいた。どうせ移動日は深く物事を考える余裕ないんだから、多少ぼーっとしてたとしても問題ない。これで寝不足の状況を事前に作って、体内時計を調整しやすくしておいた。

絶対寝たほうがいいタイミングは睡眠導入剤を使う

上記の通り、行きの飛行機で乗った瞬間に寝れば、米国時間0:30に寝たことになり、体内時計がしっかりとズレる。すでに事前準備は済ましておいたため、万全を期するために、飛行機乗った瞬間に睡眠導入剤を飲んだ。


これがもう抜群に効いて、速攻で落ちて、4時間ほど目が覚めなかった。そのあともウツラウツラしつつ、合計7時間くらいは眠れたと思う。特に僕はこれまでこういう薬を飲んだことがなかったせいか、効果がはっきりと出た。導入剤なので寝つきが良くなるだけなんだけど、こんだけいきなり眠りに落ちることが出来るんだから、絶対寝たほうがいいタイミングではこういう薬に頼るのは一つの手だと思う。

深酒と夜更かしをしない

そらもうラスベガスなんかに来ちゃった日は遊びたくなるわけですよ。毎日パーティイベントもあるわけですし。でも無理をせず深酒をせず遅くても米国時間0:30には寝るように心がけた。おかげで朝はすっきり起きて、昼間も眠くなることなく、打ち合わせやセッション参加が出来た。特に30代後半になって酒が弱くなりつつこともあり、遊ぶ時も無理をせず、適量の酒を飲んで眠くなったらさっさと寝るのは大事だと思った。一番大事なのはパーティでは無くデイタイムなので、ちゃんと大事な時間に適切なパフォーマンスを出して、余ったパワーをパーティに注ぐ。大人の対処ですね。

そんなわけで1週間、本当にパワフルでエキサイティングな時間を過ごすことが出来た。これから同僚と晩御飯を食べて、明日早朝に日本に帰ります。日本に帰ってからも時差ぼけに悩まされないように、帰りの飛行機でもしっかりと体内時計を調整し、月曜日からフルパワーでパフォーマンスを出します!