2016/12/26

2016年の抱負の振り返り

12月22日で仕事を納めたつもりが、今僕は大阪のカフェで仕事しています。これが本当に本当の、2016年最後の出張です。

そんなわけで今年も残すところあと6日。2016年の抱負を振り返っておきます。

私生活

  • 家族みんなが笑って楽しく過ごすための土台となる。今年は長女が高校生になるので、難しい年頃だけど、ちゃんと父親として接していきたい。
→時々喧嘩はするけれど、仲良くやれてるんじゃないかなと思う。長女とも仲良くできてる。二人でに「君の名は。」を見に行ったりと、妻に「高校生の娘と父親の関係じゃないよね」って言われるくらいには仲良くできてる。
  • 引越しをスムーズに済ませる。4月を予定しています。
→出張が多すぎて不動産手続きに苦慮したけれど、無事中古住宅を購入し引っ越しました。
  • 体重を5kg減らす。
→5kg減ったけど5kg増えました。あかん。
  • サッカー少年団のコーチとして、子供たちがサッカーを一生楽しみたいと思えるように接する。
→無事やりきった。子供達が笑顔でサッカーを楽しめるお手伝いはできた。でも「楽しむ」と「ふざける」の境目をちゃんとしつけるのが中々難しい。そして、次男がサッカー少年団からクラブチームに移籍したのを機に、来年3月には辞めようと思っています。4月以降は未定。

仕事

  • 部長として、メンバー全員が笑って楽しく仕事をするための土台となる。あ、これ家族における立場と一緒だ。
→これを自己評価するの難しいな。どうでしょうか皆さん。「楽しいことを仕事にして、かつ会社に対して成果を出して欲しい」とは 言い続けたつもりです。
  • 技術者として「これだったら誰にも負けない」「これのことなら 俺に聞け」と言える新しいスキルを身につける。部長だからといって技術者としての自分は諦めない。
→同僚に負けないスキルを身につけることは出来ませんでした。2017年も引き続き頑張りたい。

勉強

  • 去年に引き続き英語を頑張る。ツールはDMM英会話とiKnow。一昨年爆死して、去年はそこそこ頑張れたので、今年はある程度ちゃんと会話できるようになりたい。
→頑張ったけど足りない。特にDMM英会話は、出張が多かったこともあって全然できなかった。もっと頑張らないといけないし、出張先でも勉強するようにしたい。
  • 身につけた知識を積極的にアウトプットする。ブログ120本/年はキープしたい。
→クリア。これは2017年もマストの目標としたい。

2016/12/19

[読了]: 実践ペルソナ・マーケティング


これもペルソナ・マーケティングの概要とペルソナの設定方法の基礎について学べる本。B2Cの事例が多いけれども、ペルソナパーソンではなくペルソナカンパニーを設定することでB2Bのビジネスでも活用できるんじゃないかなと思った。ペルソナまでいかなくても顧客へのヒアリングやインタビューからターゲットとなるカスタマー像を設定すること自体は良いやり方なんじゃないかなと思う。

[読了]: The Customer Journey


Amazonのレビューではクソミソなんだけど、カスタマージャーニーの概要とカスタマージャーニーマップの基礎を学ぶ上では良い本だった。プロのマーケッターが読むというより、マーケティングテクニックに興味がある人向けで、そういう意味では僕にはぴったりだったと思う。これ読むと大体カスタマージャーニーマップの書き方がわかるし、正直マップ自体は何回も何回も書いてみんなでレビューして作るもので他社のものがそのまま使えるわけではないので、僕個人としては良い本だったなと思う。日本国内でのカスタマージャーニーの活用事例もあるので参考になった。

クリスマスプレゼントを頂きました

サンタクロースの皆さん、ありがとうございました!


毎年恒例@at44pさんから送られてきたもの。妻に「またかよ」って言われました。とりあえず自社の玄関に設置。


河野さんから頂きました。気温や湿度などの気象変化によって中の結晶の形が変わるというオシャレアイテムです。とりあえず玄関に設置しました。結晶が安定するまで4日5日程度かかるそうなので様子見中。


同僚から頂戴しました。ミルだけあっても仕方がないので、ドリッパーとサーバーも買い足そうかなと考え中です。こうして沼にハマっていく予感が...


こちら、送り主がわからないので、送ってくださった方はぜひ挙手をお願いします!まだ作れてません、年末年始中に作ります。

そんなわけで皆さんいつもありがとうございます!

2016/12/11

なんばグランド花月でよしもと新喜劇を見てきた

AWS re:Invent 2016CM re:Growth 2016 TOKYO、自社忘年会と、2週間の長期出張を終えて昨日北海道に帰るはずがこの有様です。


で、月曜日から出張する予定だった大阪に急遽前乗り。日曜日を独りで過ごすこととなり、特にやることもなかったので、ふと思い立ってなんばグランド花月でよしもと新喜劇を見てきた。

2016/12/03

パーフェクトな時差ぼけ対策を身につけた #reinvent

11/28(月)からAWS re:Invent 2016に参加するために米国ラスベガスにきている。時差が-17時間あるために毎年辛い思いをしているんだけど、今年は時差ぼけ対策が的確にヒットして超楽に過ごせているので、来年のためにメモしておこう。

ポイントは3つ。

事前に体内時計を調整しやすくしておく

今回は月曜日の日本時間17:30(米国時間0:30)の出発便だったので、飛行機搭乗中にしっかり寝る必要があった。でも普通に日本時間で生活していると夕方になんか眠れませんよね?そこで月曜日は日本時間2:00に起床し、超眠たい状態を作っておいた。どうせ移動日は深く物事を考える余裕ないんだから、多少ぼーっとしてたとしても問題ない。これで寝不足の状況を事前に作って、体内時計を調整しやすくしておいた。

絶対寝たほうがいいタイミングは睡眠導入剤を使う

上記の通り、行きの飛行機で乗った瞬間に寝れば、米国時間0:30に寝たことになり、体内時計がしっかりとズレる。すでに事前準備は済ましておいたため、万全を期するために、飛行機乗った瞬間に睡眠導入剤を飲んだ。


これがもう抜群に効いて、速攻で落ちて、4時間ほど目が覚めなかった。そのあともウツラウツラしつつ、合計7時間くらいは眠れたと思う。特に僕はこれまでこういう薬を飲んだことがなかったせいか、効果がはっきりと出た。導入剤なので寝つきが良くなるだけなんだけど、こんだけいきなり眠りに落ちることが出来るんだから、絶対寝たほうがいいタイミングではこういう薬に頼るのは一つの手だと思う。

深酒と夜更かしをしない

そらもうラスベガスなんかに来ちゃった日は遊びたくなるわけですよ。毎日パーティイベントもあるわけですし。でも無理をせず深酒をせず遅くても米国時間0:30には寝るように心がけた。おかげで朝はすっきり起きて、昼間も眠くなることなく、打ち合わせやセッション参加が出来た。特に30代後半になって酒が弱くなりつつこともあり、遊ぶ時も無理をせず、適量の酒を飲んで眠くなったらさっさと寝るのは大事だと思った。一番大事なのはパーティでは無くデイタイムなので、ちゃんと大事な時間に適切なパフォーマンスを出して、余ったパワーをパーティに注ぐ。大人の対処ですね。

そんなわけで1週間、本当にパワフルでエキサイティングな時間を過ごすことが出来た。これから同僚と晩御飯を食べて、明日早朝に日本に帰ります。日本に帰ってからも時差ぼけに悩まされないように、帰りの飛行機でもしっかりと体内時計を調整し、月曜日からフルパワーでパフォーマンスを出します!