2014/02/08

Nuboardを買った

弊社の一部で信者が増えつつある、欧文印刷株式会社の製品のNuboard。これが何かというと「持ち歩き出来るノートサイズのホワイトボード」なのですが、弊社社員の同調圧力に敗北し、買ってしまいました。

【Amazon.co.jp限定】マルマン 図案印刷スケッチブック Nuboard B4判 ZNB120【Amazon.co.jp限定】マルマン 図案印刷スケッチブック Nuboard B4判 ZNB120


マルマン(maruman)
売り上げランキング : 13717

Amazonで詳しく見る by AZlink

僕は普段A5のRHODIAを愛用しているので、最初はA5版を買おうと思っていたのですが、何故B4版にしたかというと「社内で誰も持っていないから」です。弊社内だとA4と新書判のユーザが多いんですよで。天邪鬼なので。ええ。

標準で黒のホワイトボードマーカー(イレイサー付)がセットになっているのですが、ノートでもホワイトボードでも色分けしないと見づらいので、追加でマーカーも購入しました。

シャチハタ アートライン潤芯ホワイトボードマーカー丸芯 4色セット K-527/4Wシャチハタ アートライン潤芯ホワイトボードマーカー丸芯 4色セット K-527/4W


シャチハタ
売り上げランキング : 62

Amazonで詳しく見る by AZlink

で、一ヶ月使ってみた感想。

良いところ
  • 手もとにホワイトボードがあるのはやはり便利。紙を無駄にしなくて済む。
  • 最適なのは図。特に構成図や作業フローのたたき台。
  • クリアシートで書いたものを保護出来る。クリアシートに対して書くのはまだやってない。
いまいちなところ
  • 高い。ホワイトボード6枚で3000円はやはり少々お値打ちものだと思う。
  • 正直B4はちょっとデカかった。A4のほうが使い勝手よかったと思う。
  • ホワイトボードを6枚も使い切れてない。今のところ2枚あれば充分な使い方しか出来ていない。
  • ToDoリストとして使うにはRHODIAのようなブロックメモ帳のほうが便利。タスクを書く→終わったらチェック→全部終わったら一枚破る、という爽快感が良いんですよRHODIAは。
これからやりたいこと
  • ホワイトボード1枚を黒テープを買って仕切ってカンバンにしたい。細かい作業レベルのToDoはRHODIA、少しスパンの長いタスクの管理はカンバン、というように使い分けたい。
  • 何度やっても挫折しているマインドマップをだな...