2011/11/16

読了:山本弘:[MM9 -invasion-]

MM9―invasion―MM9―invasion―
山本 弘

東京創元社
売り上げランキング : 132251

Amazonで詳しく見る by AZlink
地震、台風などと同じく自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代。有数の怪獣大国である日本では、気象庁内に設置された怪獣対策のスペシャリスト集団“気象庁特異生物対策部”略して“気特対”が、人を守るため昼夜を問わず駆けまわっている。7年前に出現した、少女の姿をした怪獣6号「ヒメ」。眠りについたままのヒメを移送中のヘリが、突如飛来した青い火球と接触、墜落する。それと相前後して、つくば市に暮らす高校1年生、案野一騎の頭の中へ呼びかけてきた少女の声―それは、宇宙怪獣の地球襲来を警告するものだった!未曾有の“宇宙怪獣災害”に巻きこまれた一騎とその女友達、亜紀子は…!?本格SF+怪獣小説『MM9』第2部。
MM9シリーズ第2部。前回の主役だった機動班はちょい役で、少女型怪獣「ヒメ」と、ヒメとテレパシーで繋がった少年と、その友人の少女、が主役。前回同様あちこちに怪獣ものへのオマージュが散りばめられていてニヤっとする箇所が多数。まぁ、そもそもの主人公の3人の関係性自体が過去の怪獣ものへのオマージュですよね、ベタベタなラブコメ展開を含めて。さらに都心が舞台とあって怪獣が大暴れなのも手に汗展開で面白かったです。

伊豆野などの地球の敵キャラも、宇宙の敵キャラも、いまいち不完全燃焼...と思ったけど、ラストに明かされる通り次回作の構想があるようなので、楽しみにしています!