2011/10/16

ランニング記録:「第32回北海道ロードレース」でハーフマラソンデビューした

先日の札幌マラソンに引き続き今月2回目、通算今年3回目のマラソン大会。「第32回北海道ロードレース」でハーフマラソンデビューしてきました!

本日も生憎の荒天。会場である真駒内セキスイハイムスタジアムにたどり着いたときには靴もズボンもびちょ濡れの状態でした。1階でゼッケン交換して、2階に場所取りして着替えてストレッチして、10:30からスタート。スタート時点ではちょっと晴れ間が見えたのですが、路上は水たまりが出来ていて、すぐに靴が濡れてしまいました。

スタート直後からすぐに膝に違和感を感じペースダウンしながら走りました。更に4㎞あたりから雨が降り出し、どんどん天候が悪化。更には6㎞時点でRunKeeperがダウン。幸い1㎞ごとにちゃんと看板が立っていたので腕時計によるペース配分は出来たのですが、RunKeeperが止まった以上ヘッドホンは邪魔者でしか無く、取り外してウエストポーチに括りつけました。

給水所では水だけでスポーツドリンクは無かったのですが、代わりに飴(氷砂糖)が置いてありました。これはすごく良くて、最後の給水ポイントで氷砂糖を口に含むと急に元気が出ました。糖分は大事ですねぇ。

結局最後まで膝が痛かったのですが、途中までは1㎞5:00ちょいのペースをキープ。15㎞を越えたあたりで少し失速して、結果は1:49:52、ハーフ30代男子281人中120位でした。目標は1:45:00だったので少し遅かったけど、デビュー戦なのでとにかく完走出来て良かったです。あとはやっぱり膝だな、もっと鍛えて走り慣れないと厳しいですね。

表彰式の後に抽選会というものがあったそうなんだけど、服がびしょ濡れでそんな気分でもなく、さっさと帰りました。晴れてたら少しくらい待って参加しても良かったんだけどな。来年も参加することがあれば出てみたいと思います。

ゴール後は膝と足首の痛みが再発、曲げ伸ばしがままならない状態に。湿布とテーピングとストレッチでケアしたのですが、今後3日間くらいは歩くのも辛いと思います。今日が今年の走り納めなので、来年のマラソンシーズンまで膝と足首を安静にして腱鞘炎を治療し、足の筋肉を鍛えてます。そして膝に負担がかからない走りをすることを来期の課題にしたいと思います。

それと、ペース配分をRunKeeperに頼るのは危険だなと思いました。アプリケーションである以上、異常終了するとどうにもならないもんなぁ。やっぱりGPS時計が欲しいですね。

とにかく今年から始めたマラソンという習慣が、10㎞の大会への出場2回を経て、ハーフマラソンデビューそして完走という結果で終われて良かったです。来期も怪我しない程度に頑張ります!