2011/08/29

読了:山本弘[MM9]

MM9MM9
山本 弘

東京創元社
売り上げランキング : 117612

Amazonで詳しく見る by AZlink
地震、台風などと同じく自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代。有数の怪獣大国である日本では、怪獣対策のスペシャリスト集団「気象庁特異生物対策部」、略して「気特対」が日夜を問わず日本の防衛に駆け回っていた。多種多様な怪獣たちの出現予測に正体の特定、そして自衛隊と連携するべく直接現場で作戦行動を執る。世論の非難を浴びることも度々で、誰かがやらなければならないこととはいえ、苛酷で割に合わない任務だ。それぞれの職能を活かして、相次ぐ難局に立ち向かう気特対部員たちの活躍を描く、本格SF+怪獣小説。
全編にわたり怪獣映画や特撮作品への壮大なオマージュ。「科学的にありえないはずの大怪獣」を扱うべく、シュレーディンガーの猫みたいな「多重人間原理」という架空の理論が設定され、怪獣とその対策、対策にあたる人間や組織がリアリティ(リアリティって言うと変なんだけど小説的リアリティ)豊かに描かれてる。各キャラクターもそれぞれいい味してる。その架空理論を含めたオチが綺麗にまとまっててすごく良かった。

怪獣や特撮が好きだったらすっげー燃えると思う。続編となるinvasionも読もうと思います。