2011/07/26

読了:小川一水:[老ヴォールの惑星]

この前に読んだラノベ風味が僕にとって不完全燃焼だったこともあって、これは大変面白く読めた。4作品を収めた中編集。
・ギャルナフカの迷宮
ちょっと青臭すぎる感とご都合主義的な感もあるけれど、迷宮の構想とかキャラ付けは楽しめた。

・老ヴォールの惑星
主人公が人とは構造が異なる異星人であり、その異星人の観点から見た地球人とのファーストコンタクトの物語。人生観や生態の違う異星人を中心にうまく話がまとまったなぁという感じ。

・幸せになる箱庭
まぁタイトルに箱庭って書いちゃってあるのでオチが読めちゃうんだけど、ラストはなかなか良かった。

・漂った男
僕としてはこれが一番面白かったかなぁ。スラップスティック的な感じで。オチはありがちだけど感動的だった。
全体的にみて、どれもラストがポジティブで、次へのステップに繋がっているので、読後が非常に爽やか。これは面白かったなぁ、小川一水はこういうハードSF&ポジティブシンクな話が好きですね。