2011/07/21

読了:小川一水:[フリーランチの時代]

5つの作品が収められた短編集。テーマが「幼年期の終わり」なので、どの物語も成長の過程が描かれていて、ラストがnext stepになっている前向きなものばかり。読み進めていて気持ちよかった。
どれも面白かったんだけど、書き下ろしされた「時砂の王」のスピンオフ作品「アルワラの潮の音」が一番面白かった。

小川一水作品は読みやすくて良いなぁ、今後ほかの作品も読んでいこうと思います。