2011/07/31

鑑賞:[ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち]

子供たちと一緒に観ました。


総集編ではなく映画用にリメイクしたものだそうです。あの長いストーリーをどうやって90分に納めてるんだろうと思ったら、やっぱり原作読んでるのが前提で、ちょこちょこ端折ったりシーンのピックアップだけで終わっちゃってる。なので「原作を知っているんだけど動画としてアラバスタ編を観たいファン向け」ですね。それでも要所要所のシーンで泣けてくるのはワンピースのすごさというか、思い入れの強さというか。ラストシーンは涙を噛み殺しました。
ナミ、チョッパー、アラバスタの辺りは何度見てもグっときちゃいますなぁ。

コンサドーレ札幌「第23節 vs FC岐阜」に行ってきた

今日はコンサドーレ札幌の試合を観戦してきました!前回の「仕事人ナイト」に行ったことで入場チケットの割引ハガキをもらったからです。

母親と長女と次男の4人で観戦(長男は残念ながらサッカー少年団の練習試合)。幸い気持ちの良い天気で、青空の下サッカー観戦することが出来ました。もちろんビールも美味い!

結果は後半39分、交代直後の上原選手がヘッドでゴール!この1点を守り抜き、1-0で札幌の勝利!立ち上がりから押され気味でシュートも打てず味方サイドでばかりプレイされてしまって、かつ後半開始直後にFW内村選手がレッドカードで退場し10人になってしまうという、なかなか危なっかしい状況だったのですが、結果的には何とか勝てて本当に良かったです。子供たちにも勝ち試合を見せれて良かったなぁ。僕の好きな近藤祐介選手もいっぱい走ってて良かったです。

来場者数は8,904人、目標としていた15,000人は届かなかったけれど、意外と多かったなぁというのが正直な感想。まぁB自由席はほぼ満席だったけど、ほかの席は空席が目立ってたからなぁ。もう少しお客さんが呼べる試合ができるようになると良いですね。


RSR用にKEEN NEWPORT H2買った

1年前、2010年7月30日の僕のTweet。

1年間我慢したので僕の中の「1年我慢したら買ってもいい」ルールが発動、買っちゃいました!KEEN NEWPORT H2

カラーは今年発売されたばっかりの新色、Raya Blackです。コレは可愛い。タイパンツにも似合う。水や汚れに強い素材でソールのグリップもきっちりしてるのでRSRでは大活躍してくれるはず、もちろん普段から愛用しちゃいます。
なお、このサンダルは横幅が細めに出来ています。僕は普段26㎝のサイズで靴を買うんだけど、このサンダルの場合は横幅に圧迫感があったため、26.5㎝をチョイスしました。縦に少し余裕があるけどコードレースがぴったりしてるので気になりません。むしろ超ヒット。

RSRが楽しみです!

2011/07/30

ランニング記録:10kmチャレンジ3回目

出張明け+前日ジムで頑張りすぎたせいか、どうも体が重く足が上がらなくてタイムが遅かった。1㎞=4:30くらいで走れるようになりたいなぁ。悔しいのでまた来週頑張ります。

日本Ruby会議2011のスタッフ集合写真を大きなサイズで印刷した

「日本Ruby会議2011」にスタッフ参加したことが非常に良い経験だったので、スタッフ集合写真を大きなサイズで印刷してみました!

元になった写真は@takaiさんのコレ。takaiさんは相変わらずいい写真撮りますねぇ。

そんでカメラのキタムラで印刷したのがこちら!サイズはA4、ラスタープリントです。額縁も一緒に買いました。これは良い。見るたびに奮起される。

会社の机の横に飾りました。僕の良き思い出として今後も見つめてニヤニヤします。


2011/07/29

旭川美味いもの紀行2011

1年半ぶりに旭川美味いもの紀行してきました!いや、もちろん仕事ですよ仕事。昼はね。夜は俺のターン!

まずは昼食、ラーメンふるきへ。ここは本当に美味い。旭川ラーメンといえば醤油が有名なんだけど、ここは味噌。間違いなく味噌。見た目こってりっぽいけどくどくない。甘みがあるけど飽きない。有名店なので混むけど、待つだけの価値はあると思います。大盛にしたけどデフォルトで量が多いので普通でも良かったな。同伴したお客さんも満足したそうで、良かった。

そして夜はえぞやへ!コップ酒2杯、モツ串10本+レバー1本、〆にかけそば、で\1,980。久しぶりに食べたけどここのモツ串は最高です。また行きたい。むしろ近所に欲しい。

と、いうわけで、今回の旭川も堪能しました!また行きたいなー。


2011/07/26

読了:小川一水:[老ヴォールの惑星]

この前に読んだラノベ風味が僕にとって不完全燃焼だったこともあって、これは大変面白く読めた。4作品を収めた中編集。
・ギャルナフカの迷宮
ちょっと青臭すぎる感とご都合主義的な感もあるけれど、迷宮の構想とかキャラ付けは楽しめた。

・老ヴォールの惑星
主人公が人とは構造が異なる異星人であり、その異星人の観点から見た地球人とのファーストコンタクトの物語。人生観や生態の違う異星人を中心にうまく話がまとまったなぁという感じ。

・幸せになる箱庭
まぁタイトルに箱庭って書いちゃってあるのでオチが読めちゃうんだけど、ラストはなかなか良かった。

・漂った男
僕としてはこれが一番面白かったかなぁ。スラップスティック的な感じで。オチはありがちだけど感動的だった。
全体的にみて、どれもラストがポジティブで、次へのステップに繋がっているので、読後が非常に爽やか。これは面白かったなぁ、小川一水はこういうハードSF&ポジティブシンクな話が好きですね。


2011/07/24

読了:小川一水:[不全世界の創造手]

物作りを愛する少年・祐機の夢は、自分で自分を複製するフォン・ノイマン・マシンの実現。地方都市で才能をもてあます彼の前に天才投資家の娘・ジスレーヌが現れた。「あなたの力と未来に投資させて」。―二人は強力なマシンと資金を武器にして、世界生産を支配する国際組織「GAWP」に立ち向かう。創造性に満ちた、真に豊かな地球は誰が造るのか?リアルSFの旗手が書き下ろす、近未来青春物語。
技術者の少年が友人と「成長性を読める」女の子と一緒に、様々な横槍に晒されながらも、夢と信念を突き通そうとする物語。冒険譚であり、成長記であり、青春小説である。まぁわりと展開がご都合主義的というか、そもそも少年少女向けなんだろうなコレ。普通に面白かったけど、10代くらいのほうが楽しく読めるだろう。もう少し振り仮名が多ければ長女でも楽しく読めるんじゃないかな。


2011/07/23

ランニング記録:ランニング用シューズ買いました+10kmチャレンジ2回目

前回10km走った時に足に違和感を感じたため、これはきっとタウンシューズが悪いんだと思い、ランニング用シューズを買いました!


2011/07/21

読了:小川一水:[フリーランチの時代]

5つの作品が収められた短編集。テーマが「幼年期の終わり」なので、どの物語も成長の過程が描かれていて、ラストがnext stepになっている前向きなものばかり。読み進めていて気持ちよかった。
どれも面白かったんだけど、書き下ろしされた「時砂の王」のスピンオフ作品「アルワラの潮の音」が一番面白かった。

小川一水作品は読みやすくて良いなぁ、今後ほかの作品も読んでいこうと思います。

2011/07/13

「日本Ruby会議2011」に当日スタッフとして参加します

題記の通り、「日本Ruby会議2011」に当日スタッフとして参加します。


僕はそもそも職業としてプログラムを書かないサンデープログラマで、ちょっとしたスクリプトを書く程度なのですが、日本Ruby会議というイベントにはずーっと参加してみたいと思ってました。なので「最後のRubyKaigi」にスタッフとして参加できるというのは、非常に嬉しいです。

自分自身がいろいろな講演を聴きたいというのももちろんですが、参加される皆様が気持ちよく過ごされて、「RubyKaigi楽しい」「良いRubyKaigiだ」って思ってくれるように、一スタッフとして頑張りたいと思います。

皆さん、宜しくお願いします。

読了:小川一水:[時砂の王]

増殖型戦闘機械群に壊滅させられた人類を救うべく時間を遡行する人型人工知性体、さらにその人型人工知性体を追って時間遡行する増殖型戦闘機械群との闘い。その中で何度も何度もタイムパラドックスが発生し何度も何度も絶滅する人類。
時間遡行開始時点から逆行する時間軸と結末を迎える時代との二つのストーリーが交差して最後に交わる、その構成がすごくキマってます。

キャラ作りもいいですね、感情の機微が激しい人型人工知性体、人類を守るために人類を支配することも厭わない統括知性体、そして多種多様な人間の感情の交錯。「第六大陸」もそうだったけど、小川一水の描く登場人物は非常に良いです。

結末が涙出るほど素晴らしかったです。小川一水の著作はもっともっと読みたいなぁ。


2011/07/10

「地球最古の恐竜展」に行ってきた

今日は家族5人揃って地球最古の恐竜展に行ってきました!場所は北翔クロテック月寒ドーム。まぁ札幌市民にとっても馴染みの薄い名前だと思いますが、かつて月寒グリーンドームと呼ばれ、北海道の財政に大打撃を与えた事で悪名高い「世界・食の祭典」というイベントが開催されたこともある場所です。

(ちなみに余談ですが、ネーミングライツというのは相当計画立ててやらないと逆効果だと思います。北翔クロテックってのは何の会社なのか全く知らないけど「俺たちの馴染みのあるグリーンドームって名前を勝手に変えやがって」という感情から非常にイメージが悪いです)

感想は...ドームという言葉のイメージからすると、少し展示が少ないかも。でも元々グリーンドームはアリーナが狭いので、その割には頑張っていたと思います。全長18mの巨大な骨格見本もあって、子供たちは大喜び。あまり興味の無さそうだった妻も結構楽しめたようでした。僕自身は元々恐竜とか博物館とか大好きなのですごく楽しかったです。エクサエレトドンはほんとブチャイクだなぁ。

なお、前売り券を買っていたので、親子券1000円x2枚と中学生以下400円x1枚で合計2400円、これに駐車場代500円がプラスされて2900円。5人で2時間ちょっと楽しめたことを考えれば、なかなかなコスパだったと思います。

2011/07/09

ランニング記録:初の10kmチャレンジ

先日書いたとおり、2011年8月27日(土)に開催される2011ニトリファミリーマラソンに向けてトレーニング中です。今までは6kmジョギングしていたのですが、本番に向けて初めて10km走ってみました。
RunKeeperで記録したのが以下です。


10.08kmを50分24秒で走破。平均ペースは5分/km。初めてにしてはまぁまぁじゃないでしょうか。僕の目標はスピードじゃなくて完走なので、このまま少しずつ長い距離を走る練習をして、本番を迎えたいと思います。

ただ、現在タウンスニーカーで走ってるせいで、走った後は足首が痛くなるんですよね。ちゃんとしたランニングシューズを買おうと思います。それとRunKeeperを使うためにXperia arcを持ち歩けるバッグかな、これはウェストポーチにしようかアームポーチにしようか悩み中。

あと1ヵ月半、がんばります!


「逆転検事2」をクリアした

@kinkedow_nowさんにお借りしていた「逆転検事2」、ようやっとクリアしました!


逆転裁判シリーズのスピンオフ作品の2作目。御剣検事が主人公です。逆転裁判シリーズはどんどん構成が複雑になっていってストーリーやキャラクターが濃密に交差するようになっていってるんですが、最新作の本作も各話が交錯しまくってラストに繋がっていく構成。クリアまでに時間がかかることもあって、ちょっとくどいと思う点もあるんですけど、面白かったです。過去作品のキャラクターがいっぱい出てくるので、逆転裁判シリーズ経験者はすごく楽しめると思います。

逆転裁判シリーズは、これで最後になるのかな?3DS用に「レイトン教授VS逆転裁判」ってのは出るみたいだけどこれはイレギュラー作品になりますしね。何らかの形で続編が出ることを楽しみにしています。

あと、妻が最近「御剣検事かっこいい」しか言わないんだけどどうしたらいいでしょうか。

第2回「とにかくこれを聴け!」カンファレンス in Hokkaidoを開催しました

本日は第2回「とにかくこれを聴け!」カンファレンス in Hokkaidoを開催しました!今回は参加者10人、またまた楽しい時間をすごせましたー。皆さんありがとーございました!
Togetter - 「[第2回「とにかくこれを聴け!」カンファレンス in Hokkaido]まとめ #korekike」
僕の発表はこれ。今回はほぼ口頭で喋ったので、スライドだけ見てもなんだかわからないと思いますがNewJackSwingの発祥と名曲についてお話させて頂きました。NewJackSwingというのは音楽シーンの全てを一変させたと言ってもいいくらい音楽史における重要なファクターだと思いますので、ぜひ多くの人に聴いてもらいたいなぁと思います。

New Jack Swingについて過去に取り上げたBlogエントリも併せてご紹介。
[-*煙猴*-]: PVでNJSの魅力に触れてみよう
[-*煙猴*-]: 2010年元旦・今とにかく俺はこれを聴きたい
皆さん、第3回もお楽しみに!

関連:[-*煙猴*-]: 第1回「とにかくこれを聴け!」カンファレンス in Hokkaidoを開催しました


2011/07/07

読了:[リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ]

関連:[-*煙猴*-]: 「まっちゃイズム」を考える

2009年のOSC-hokkaidoで、まっちゃだいふくさんが「勉強会おもてなし精神」というタイトルでLTをされた際に「リッツ・カールトンのおもてなし精神がすごい」とお聞きして、それ以来ずっと気になっていたのですが、やっと本を読むことができました。


「hospitality(おもてなし)」の代名詞となったザ・リッツ・カールトン大阪の元副総支配人の著者が、リッツ・カールトンの精神について、またザ・リッツ・カールトン大阪での実例について書いた本書ですが、サービス産業のみならず、組織マネージメントやコミュニケーションという意味でも非常に勉強になることが多い、良い本でした。

サブタイトルだけ見ても、いわゆるリーダー本、マネージメント本に通用するものが多くあります。
・すべての土台は「信頼関係」の構築
・「利益」はあくまでも「結果」
・トップ自らが率先垂範する仕組み
・行き着くところは全て「人」
・褒めて育てる文化
・「失敗」は共有すべき情報 ― 「誰」ではなく「なぜ」

僕がすごく心に残ったのは、一つは「エンパワーメント」(裁量の委譲)。他のメンバーを信じ、裁量を任せることで、信頼関係を築くと共に成長を促すというのは、リーダーとしては必要なことなんだけど、僕があまり得意じゃないことなので、今後意識していきたなと思いました。
もう一つは面接時の「QSP」という判断基準。僕も面接官として採用の判断をするのですが、なかなか面接で相手の姿を読み取るのは難しいんですよね。採用基準を明確にするためにも、ある程度の判断材料は事前に用意するべきかなぁと考え中です。

組織のマネージャの立場として、リッツ・カールトンのやり方がそのまま全て使えるわけでは無いですが、良いところはぜひ真似していきたいなぁと思います。
また勉強会等のイベントスタッフの立場としては、参加者の皆さんが楽しんで頂けるような環境作りを意識していきたいですね。

結局のところIT業界も対顧客という意味ではサービス産業に近い部分があるので、ぜひ多くの人に読んで欲しい本だと思いました。

2011/07/06

コンサドーレ札幌「仕事人ナイト」に行ってきた

@niku_nameさんに誘われて、コンサドーレ札幌の試合観戦に行ってきました!
コンサドーレ札幌 2011ホームゲーム『帰ってきた 仕事人ナイト』実施のお知らせ
この日は「仕事人ナイト」として、通常入場料金2500円が1500円に、しかもビールが半額の\300!すごい。対戦相手はギラヴァンツ北九州です。


2011/07/05

読了:山本弘:[地球移動作戦]

本作品は2011/05/05に文庫版が発売され、印税がすべて東日本大震災の被災者の方々に寄付されることになっています。それに伴い、作者の山本弘さんのWebサイトで特設ページが解説されています。僕が読んだのはハヤカワSFシリーズ Jコレクション版。

2011/07/04

鑑賞:[カンフー・パンダ]

@snoozer05さんにオススメされていた「カンフー・パンダ」をようやっと見た。素晴らしい映画でした。@snoozer05さんありがとう!

「6時間リレーマラソン in 札幌ドーム」に会社チームで参加してきた

北ガスグループ 6時間リレーマラソン in 札幌ドームに、会社でチームを結成して参加してきました。6時間リレーマラソン(チームで6時間走り周回を競う)と42.195km リレーマラソン(チームで42.195kmを走りタイムを競う)の2種類があったのですが、弊社は6時間リレーでエントリー。チームメンバーは9人です。