2011/06/22

読了:小林 泰三:[天体の回転について]

どこかで読んだ文体だなぁと思ったら「海を見る人」の作者さんだった。表紙が萌え絵だったのがちょっと辛いところだが、中身としては粒ぞろい。
この作者さんはストーリーテーリングの幅が非常に広くて、ロジックSFからエログロから萌えまで、バラエティに富んでてすごいですね。「時空争奪」は2008年年刊日本SF傑作選にも収録されていたもので、ロジックで攻めるSFとしては秀逸だと思います。スパールターァな「三〇〇万」なんかはついニヤニヤしてしまうというか、古いSFの敵キャラ設定について色々思いを馳せてしまいますね。「銀の舟」と「盗まれた昨日」は非常にサスペンス的というか、ラストのどんでん返しが非常に良かったです。
全体的にサクサク読み進めることが出来ました。