2011/06/04

読了:林 譲治[進化の設計者]

同じ時間軸を違う立場の人間によって章を分けて、平行にストーリーを進めていき、最後に収束させてエンディング...という書き方はAADDシリーズと同一。林譲二はこういう書き方が好きなのかな。ちょっと要素がてんこ盛り過ぎて一つ一つが朝掘り過ぎる感はあるにせよ、収束後のスピード感は楽しめた。ただこの人が描くキャラクターというのは感情の変化が淡々とし過ぎていて、いまいち人間味にかけるような気がしちゃうんだよな。情味豊かでは無いところが作風なのかも知れないけれど、もう少しバタ臭いキャラクターが混ざっていても良いかな、と思ったり。でも全体的な評価で言えば面白かったです。