2011/03/30

読了:藤崎 慎吾:[クリスタルサイレンス]

久々にガツンと面白かったSF。

西暦2071年、テラフォーミングが進みつつある火星の北極冠で、高等生物と思われる死骸が発掘された。地球外知的生命の遺物である可能性に、生命考古学者のアスカイ・サヤは火星へ向かう。だがそこは、開発先進国と後発国の緊張が高まり、謎の疫病が蔓延する危険な世界だった。採氷基地での調査を開始したサヤら学術調査団にも、何者かの攻撃が加えられる…超大作『ハイドゥナン』の著者による記念すべきデビュー長篇。

化成の地球外知的生命体とのファーストコンタクトものかと思って読み始めてたんだけど、主題としてはネットワーク上の並列型人口知性体がアイデンティティを持って行動する姿がメインでした。火星のテラフォーミングからサイボーグ兵士、クローンまで、SF要素が満載です。特に人口知性体やネットワーク構造、ネットワークを通じてアナログな肉体を操作するウェットウェアの構想などが非常に興味深かったな。理論や理屈の部分では甘いところもあるんだろうけれど、エンターテイメントとしてはきっちり楽しめました。