2011/02/11

LOCAL DEVELOPER DAY '11/Winterに参加してきた

今日はLOCAL DEVELOPER DAY '11/Winterに参加してきました!このイベントは2011/02/11(金)~12(土)の二日間、定山渓ビューホテルに泊り込み、LTハッカソンを行うというもの。そして今僕は帰宅し、シャワーを浴びて、自室でビールを飲んでます。フフ...フフフフ...

なぜかというと、明日2011/02/12(土)に開催される第6回北海道情報セキュリティ勉強会のスタッフである都合上、宿泊はできなかったからです。みんな良いなー!温泉にビールに懇談良いなー!僕だってせきゅぽろの懇親会で楽しんでやるんだ!と思いながら、今ビール飲んでます。ビールなう。フフ...フフフフ...

さて、今日のイベントについて。

オープニングセッションとしてLOCALの小岩さん、達人出版会の高橋さんのセッションがありました。細かい感想は後日スライドがアップされるだろうと思いますので省略しますが、「笑い」に特化したLT方法論の小岩さん、「伝達」を主軸とした総括的なプレゼン論の高橋さん、両方とも大変面白く聞かせて頂きました。一見別々の内容に見えるけど、お二人とも共通していた「聴衆を中心に考える」「聴衆に伝える」という姿勢は、当然のように見えるけれどすごく難しい事だなぁと感じました。高橋さんが仰っていた「何を伝えたいか」の、伝えたいものが「笑い」であるのが小岩さんのお話なんだろうと思うので、お二人の方向性は「聴衆に持ち帰ってもらう、お土産を渡す」という意味で同じなんだろうな。小岩さんが言ってたけど、聴衆への愛なんですよね。

小岩さんの振り子理論、高橋さんの「本当に話したいことは話せない、人は聞きたいことしか利いてない、聞いてたことも覚えてない。後で調べたいと思わせる、その程度を目指す」という割り切り方など、いやぁほんとすげぇ面白かったです。僕はどちらかといえば高橋さんタイプなので(というか、小岩さんのような笑いのセンスが無いので)、伝達の方法論は大変勉強になりました。でも発表で笑ってもらえるとすごく嬉しいので、笑いのネタLTもチャレンジしていきたいな。

そんなお二人のお話を聞いた後、宿泊組と日帰り組に分かれて食事。日帰り組は豊平峡温泉 onsen食堂にカレーを食べに行きました!定山渓方面では非常に有名なカレーですよね。僕はラムカレーを激辛で、チャイをセットで頂きました。ラムカレーはすっごい美味しかった!ラムがふにふにに柔らかくて、カレー自体にもきっちりラムの風味がのっていてめっちゃ美味い。激辛というけれどそれほど辛くは無く、ちょうど良いくらいです。チャイもスパイシーで良い感じ!

その後「日帰り組は発表しないと帰さない!」というスパルタ指示をもらったので、2時間かけて何とか資料を作成し発表。
やっぱり早口になっちゃったけど、笑いは取れたので良かったです。


温泉とビールは本当に残念だったけど、楽しかったです!宿泊組は明日もあるので、楽しんでくださいね!