2010/12/24

クリスマスに僕が一番お勧めする映画

僕が小さい頃、クリスマス・イブには毎年NHK教育テレビでこの映画が放送されていた。字幕の中にまだ学校で習っていない難しい漢字があったけれど、それでもこのエンディングには、人生の喜びや楽しさ、人に優しくする事の嬉しさがたっぷり詰まっていて、毎年毎年何度見ても心が浮き浮きする映画だった。

19世紀半ば。クリスマス・イブを迎えたロンドンの街は活気にあふれていた。が、スクルージの事務所だけは、別世界。ケチで思いやりのない老人スクルージは、唯一の雇い人クラチットにも、1日だけしかクリスマス休暇を与えない。そしてこんな時でも、いつものように借金の催促に余念がない。街の人々からの悪口をよそに、スクルージが帰宅するとどこかから、自分を呼ぶ恐ろしい声が聞こえてきた。それは7年前に死んだ共同経営者マーレイの声だった。それは7年前に死んだ共同経営者マーレイの声だった。姿を現し、地獄の運命から逃れるチャンスを1度だけくれると言うのだ。やがてスクルージの前に” 過去のクリスマスの幽霊””現在のクリスマスの幽霊””未来のクリスマスの幽霊”が順番に現れた・・・・。
そんな僕の大好きな映画「クリスマス・キャロル」がDVD化されているのを発見、これは絶対子供たちにも見せてあげたい!と思い、Amazonさんで購入しました。早速10歳の長女と観賞。改めて驚いたんだけど、10歳になるとほとんどの字幕が読めるし、多少読めなくても雰囲気で楽しめちゃうんですよね。演出的に細かくてちょっと分かり辛いところ(未来のクリスマスの霊のシーンとか)があるんだけど、そういうのもちゃんと拾えていて、10歳ってのは本当にもうほとんど大人なんだなーって思いました。

さて、この映画はスクルージ役のアルバート・フィニーが凄く良いんですよね。髪の毛が薄くなり、いかり肩で猫背、軽く脚を引きずるようにあるく、強欲傲慢頑固な爺さん。このスクルージが過去の愛の思い出、人生の喜び、そして自分の振る舞いがもたらす結果を知ることで、人生をやり直そうと決意したクリスマスの朝に迎えるエンディングで、本当に嬉しそうに、楽しそうに、そして軽やかに踊ります。このギャップがヒッジョーーーに感動的で、何度見ても心が震えます。オチも秀逸ですよね。ホント、良い映画だよなー。
長女に聞いたところ、現在の霊の登場シーン(スクルージと霊が飲み明かし歌うところ)とエンディングが楽しかったそうです。

僕にとっては、クリスマスと言えばコレ、というくらいの定番です。皆様もクリスマスイブの今夜、ご家族と観賞されてはいかがでしょうか?

メリークリスマス!皆さん、良いクリスマスをお過ごし下さいね!