2010/11/09

読了:神林長平:[アンブロークンアロー―戦闘妖精・雪風]

雪風シリーズ最新作。前2作を読んでることが前提の本なので、未読の人はまず読んで下さい。

さて、この本、正直難しいです。「アンブロークンアロー」章の真ん中過ぎくらいまでは、ほぼ現象と会話に対する解釈と哲学論ばかり。神林作品の「死して咲く花、実のある夢」に近い感じ。主人公の深井零も、過去にも増してぶっきらぼうです。ここを苦痛に感じる人もいるんじゃないかな。僕もちょっとボーっと読んじゃった部分があります。
ただ、それ以降はそれまでの布石、複線をボコボコっと回収しつつ、雪風シリーズの醍醐味である空中シーンもズバーッと決めてくれるので、最後まできっちり読めば、「あーちゃんと雪風の続編読んだ!」って気持ちになると思います。ラストシーンの描写は秀逸。いつかまた続編が出ると面白いな。