2010/09/03

ホッピーを美味しく呑んだ

皆さん、ホッピーを知ってますか?知ってますよね。僕は今まで、ホッピーは「焼酎と氷の入ったグラスと、冷えた瓶のホッピーが出てきて、ホッピーをグラスに入れてかき混ぜて飲む。ナカとソトをお代わりする」ものだと思ってたのですが、@koiwa師匠から「そんなホッピーしか呑んだことが無いなんて可哀相。俺が美味しいホッピーを呑める店に連れてってやる!」と言われ、ついていきました。札幌hoppy会議です。

さて、そのホッピーですが、「3冷」という呑み方が正しいのだそうです。オフィシャルサイトにも載ってました

(1)ホッピーと甲類焼酎(25°)を良く冷やす。ジョッキは冷凍庫で凍らせる。(3冷)
(2)焼酎、ホッピーの順番に、泡が立つように勢い良く注ぐ。割合は1:5(ホッピージョッキには注ぐ量が分かる星マークがついてるらしいです)

樽に入った生ホッピー、というのもあるんだとか。なかなか奥が深いですねぇ。

さて、その美味しいホッピーが呑めるお店として、@koiwaさんに連れていってもらったのが、もっきりバル 風の色(3冷)と立ち飲み処 くしあげボンズ(2冷、焼酎だけ常温なのかな)です。

こちらが「もっきりバル 風の色」のホッピー(\400)。グラスが真っ白に凍って出てきます。ホッピーの風味、苦味がきっちり味わえて、すっごく美味しい!ホッピーってこんな味だったんだ!



こちらが「立ち飲み処 くしあげボンズ」のホッピー(\400)。ハイボール用のグラスで出てきました。こちらも美味しい!なお、ボンズはトリハイ(\250)も美味しかったです。もちろん串揚げもね!

正直なところ、今までホッピーって「薄く色と風味がついた焼酎」くらいの認識だったのですが、単体のお酒としてすげぇ美味しいもんなんだ、ということを認識しました。ホッピー、ハマりそうです。是非また呑みに行こう!