2010/07/08

読了:Chad Fowler:[情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方]

先日のOSC北海道の際に、@snoozer05さんと、部下や後輩の育成の話をしていたら、「これ、読むと良いよ」ってプレゼントされました。


早速通勤のバス車内で読むと、これがまたすっごい面白い本だったので、勢いあまってiPhoneからAmazonカスタマーレビューに投稿。以下の内容です。
監訳者あとがきに書いてある、「人生は有限なんだから、せっかくなら情熱的に生き抜いてみようじゃないか。」が、主題としての全てだ。ダラダラと日々怠惰に過ごさず、人生を楽しむ事を目的として、次のステップを登る為に、「意識」すべきこと。その道標が本書だ。

タイトルに「プログラマ」と含まれているが、インフラ系も
含む全ての技術者に共通の内容。またエンジニアだけでは無く、リーダーやマネージャーも、多くの事が学べると思う。部下や後輩への指導や、「背中の見せ方」の一助になるはずだ。

社会人のみならず、学生にも是非読んで欲しい一冊だと思う。僕は社内で回覧させることにした。

まずは後輩に貸してみました。何かしら効果が出ればいいなぁ。