2010/04/08

私的ノウハウ:自炊生活について

2010年1月より札幌の自宅を離れ、東京で単身生活を送っている僕ですが、生活費を日当で賄っている為外食を続けられるほどの余裕は無いこと、また健康面から考えて、現在は自炊生活を送っています。そこで、僕がどんな方法で自炊しているかをまとめてみようと思います。なお、コンセプトは「(1)安い(2)早い(3)楽」です。



(1)主食は米
5kgの米を購入し、1回2合で炊飯、5食に小分け。2合を5食に分けると、小さめの茶碗でも少な目なくらいだが、僕の場合は苦痛なほどの空腹にはならない。時々3合用の炊き込みご飯を作るが、その場合は6食に分配。こっちは1回分がちょっと大目。小分けした米は冷凍保存用容器に詰めて即冷凍。

(2)味噌汁はインスタント
保存するのが面倒臭いのでインスタント。30食分くらい入ってる安い奴を購入。どうせインスタントである以上味に大差なんて無いんだから安くてかまわない。

(3)朝ご飯の主食は納豆
常に納豆、毎日納豆。白米と納豆と味噌汁で十分。

(4)晩御飯は野菜炒めがメイン
野菜炒め、もしくは肉野菜炒めがメイン。野菜は適当に安いのを、ただしほうれん草は量が少なくなってコストパフォーマンスが低いので、主にキャベツか青梗菜、それとモヤシ。アクセントに人参か茸類。肉を使う場合はハナマサでドカ買いして小分けして冷凍。
作った野菜炒めは小分けにして冷凍保存用容器に詰めて即冷凍。お弁当用に転用する。

(5)昼ご飯はお弁当
白米、(4)で作って冷凍した野菜炒め、後は卵を詰める。卵は茹でてクレイジーソルトを塗して置いたもの、または煮卵。煮卵は水3醤油1みりん1酢と酒適量を混ぜて煮立てた汁に、茹で卵を投入して置いておく。おかずの塩分が少ない場合は漬物かフリカケを使う。

(6)その他おかず
焼き魚と白菜鍋は時々する。後水菜を一房刻んでドレッシングかけてサラダにする。時間があるときはカレーを作って3日連続で食す。ただしカレーはじゃが芋を入れると痛むのでじゃが芋抜きで、加熱しては冷まして冷蔵庫で保存、を繰り返す。本当に暇なときは凝った料理を作る。

(7)ご飯以外の食費
間食用にバナナを買ったり、人参を刻んでマヨネーズとケチャップを合えたソースに付けて食べたり。お菓子は時々チョコレートか煎餅を買う。どうしても甘いものを食べたいときはガッツリ甘い餡子モノかアイスを食べる。

大体こんなところかな。これに外食(主に油そば)とお酒を足して、大体月3万円くらい。
この単身生活も残すところ4月、5月の2ヶ月間となりました。健康には気をつけて乗り越えたいと思います。

がんばれ自炊くん!ビギナー編 (角川文庫)

角川書店
売り上げランキング: 248463