2010/01/15

一人呑みデビュー:「やきとん元気」に行ってきた

今日の晩御飯は、ちょうど食材を切らしていたので外食。「大衆酒場王」として北海道では有名な@koiwa氏から教えてもらった「やきとん元気」に行ってきました。実は一人で呑みに行くのは人生初。札幌にいると、呑みに行くときは仕事関係か友達に限られるし、一人であれば家に帰ってご飯食べたいと思ってしまうので、積極的に一人で呑みに行く動機が無いんですよね。初体験にドキドキでした。


「やきとん元気」の場所はJR秋葉原駅の昭和通り口側、どっちかと言えば東京メトロ秋葉原駅に近い感じです。僕の現在の出張仮住まいから徒歩5分くらい。少し奥まったところにあるので判りづらいですが、大きな看板が立っているし、寒さ防止のビニールフードがかかっているので、近くまで行けばすぐわかると思います。

食べたのはこんな感じ。iPhoneで撮影した写真なので、多少汚いのはご愛嬌。

シロコロは薄いタレがついていて、プニップニで柔らかい。生レバーは酢味噌っぽいタレがついていました。焼きレバーも薄いタレつきで、これは超上手かった。生よりは焼きのほうが好みだな。臭みも癖もそれほど強くない良いレバーだと思います。カシラだけは塩で、脂たっぷりでジューシーでした。
皿ナンコツは、最初「これ煮込みじゃないのか」って思ったくらい柔らかく肉肉しい。どうやら評判の高い一品らしく、周りにいたお客さんも皆注文していました。前述の@koiwa氏にもオススメされていたんだけど、確かにこれは美味いです。

コップ燗酒(\250)x2、串(\100)x4、皿ナンコツ(\200)で、ちょっとおまけしてもらって\1000。これは安い。僕にとってコップ燗酒2杯というのはほろ酔い適正量だということが判りましたし、上記の量で結構おなか一杯になりました。これは是非また行きたいお店です。