2009/12/30

読了:[超弦領域 年刊日本SF傑作選]

2008年の日本SF短編傑作選。2007年度の虚構機関―年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)に続き、年間日本SF傑作選の2年目/2作目となります。ちなみにこのタイトルは「漢字4文字で何となくSFっぽい造語」となっているそうです。良い趣味してますねぇ。

本書に含まれている作品は以下の通り。
法月綸太郎「ノックス・マシン」
林  巧「エイミーの敗北」
樺山三英「ONE PIECES」
小林泰三「時空争奪」
津原泰水「土の枕」
藤野可織「胡蝶蘭」
岸本佐知子「分数アパート」(「あかずの日記」より)
石川美南「眠り課」
最相葉月「幻の絵の先生」
Boichi 「全てはマグロのためだった」
倉田英之「アキバ忍法帖」(イラスト・内藤泰弘)
堀  晃「笑う闇」
小川一水「青い星まで飛んでいけ」
円城 塔「ムーンシャイン」
伊藤計劃「From the Nothing, With Love.」
全体を通してめちゃくちゃ面白いんですけど、やはり円城塔、伊藤計劃は秀逸。他の作品と比べても抜きん出てますね。SFぽいかどうかはともかく津原泰水の文体はすごく綺麗だなと思いました。あと世界観が非常に好みなのが小川一水の「青い星まで飛んでいけ」。これはちゃんとSFとして面白かったですね。
倉田英之の「アキバ忍法帖」は反則だと思います(笑)内藤先生、挿絵に本気入りすぎだ。すんげー面白かったけど。

僕は古い好きな作家を読みまわすタイプなので、こういう傑作選は作家の新規開拓という観点で非常に参考になります。今後も継続して刊行して頂きたいですね。

超弦領域 年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)

東京創元社
売り上げランキング: 48985