2009/07/27

鑑賞:[バットマン ビギンズ]

ダークナイトを見る前に、未見だったこっちを見ておこうとレンタルしたら、傑作だった。

バットマン ビギンズ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-07-09)
売り上げランキング: 1608


ニュー・バッドマン・ムービーの序章に当たる作品。この後「ダークナイト」に続いていくわけですが、バッドマンが誕生した経緯、バッドマンが蝙蝠をモチーフにした原因などが語られます。これらの要因が、後半のバッドマンの行動の元となっていることが上手く伝わるため、感情移入がしやすくなってますね。

バッドマンの修行の場が「影の軍団」という謎の忍者部隊だったりとアレゲな設定なわけですが、アメコミとして考えれば特に違和感も無く。むし過剰な演出こそがミソであるアメコミの映画の中で、悪役にバッドマンを「演出過多じゃないか?」と評させるなどニヤリとさせるシーンもあったくらいですからね。

豪華な出演陣の中で特筆すべきなのは、ゲイリー・オールドマンが渋い善良警察官を演じていたのと、キリアン・マーフィーがイカれた精神科医を演じていたことですかね。特にキリアン・マーフィーは素晴らしい演技をしていました。キリアンは「28日後...」での演技でもそうだったのですが、痩せ型で目がギョロリとした男前なので、ちょっとイカれた役が非常に似合います。演技上手でもありますしね。

ラストのカードも含め、非常に楽しめました。次はダークナイトだ!