2009/07/02

鑑賞:[ハンコック]

妻が最初に見て、「面白かったけど映画館で見なくて良かった」と言っていたので、どんなもんかと見てみたところ、完全に同意した。なんだろうこの残念な感じ。

寂しさから飲んだくれて暴走するスーパーヒーローが、命を助けたプレゼンターにプロデュースしてもらい、人に愛されるスーパーヒーローを目指す!というストーリーだったはずが、何故か恋愛ロマンスに転換、しかも説明不足な箇所が多すぎてうやむやなままラストに到達、という...いや、面白く無いわけじゃないんですよ。ショーとしてはまぁまぁな出来だと思うんだけど、なんで前半のストーリーで最期までいかなかったんだろう、途中で転換してからがグダグダです。残念ながらエンターテイメントと呼べるものでは無いなぁ。

僕も妻と同じく、映画館で見なくて良かったなぁという感じです。素材が良い分がっかり感が大きいなぁ。ま、かっこいいウィル・スミスが見れたのは良かったです。