2009/06/30

読了:ダン・シモンズ:[ハイペリオン]

AmazonではSFファンに酷評されているけど、僕としては絶賛したいくらい面白かった。SFファンよりも、僕みたいな雑食系読書男子にお勧め。

続編である「ハイペリオンの没落」を読むとまた印象が違うのかも知れないけれど、「ハイペリオン」単体で読んだ感想としては、SFという形式を使った中編集。大枠としての「巡礼」と言う形式を、大枠にリンクした6つの中枠が支える構成なのですが、その6つの中枠が、例えば秘境冒険譚、例えば戦記、例えばハードボイルド、全く別のモチーフを使っているのに、全体としては破綻していない。むしろ最後には全てが複線として絡み合ってくる。一人の作家が複数の作風を優れたストーリーテーリングで描けるというのはすごいと思いました。SF作家というよりはストーリーテラーなのだと思います。最初に書いたとおり、僕みたいに「ジャンルにこだわらず面白い小説を読むのが好き」なタイプに合った作家のように感じました。

是非「没落」もその後に続く「エンディミオン」も読みたいと思います。むしろ早く読みたくてたまりません。

ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
ダン シモンズ
早川書房
売り上げランキング: 131188


ハイペリオン〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)
ダン シモンズ
早川書房
売り上げランキング: 135285