2009/05/23

デジタル一眼レフ勉強会 in 札幌

今日はLOCALの澤田さんが、僕にデジタル一眼レフについて教えに来てくれました。まずコーヒー+ケーキを食べながら、澤田さんのNikomatとNikon D90を使って色々教わり、その後平岡公園で実地訓練に。とりあえず教えてもらったのは以下みたいな感じだったはず。

・カメラの基本は感度・絞り・シャッタースピードの3つ。

・感度はISOってやつ。
 ・暗いところで綺麗に撮るには感度を上げる。
 ・明るいところでは感度は低くて良い。
 ・明るさは露出補正でも調整できる。+にすれば明るくなるし、-にすれば暗くなる。

・絞りはF値で表す。小さくなれば開く、大きくなれば絞る。
 ・絞れば被写界深度が深くなって全体的にピントが合う。絞ると光の入る量が少なくなるから、シャッター速度が遅くなる。
 ・開けば被写界深度が浅くなって、ピントが狭くなる。開くと光の入る量が多くなるから、シャッター速度は早くなる。
 ・開いたほうが撮影主体がはっきりするしなんかかっこいい。

・シャッタースピードは長いと光を多く取り込むし、短いと光を少なく取り込む。
 ・F値とか感度とかで色々決まる。
 ・遅くすると手ぶれが目立っちゃう。
 ・シャッタースピードが短いと静止で映る、長いと動いているものが線に見える。

・いろんな機能があるけどマニュアルだとほとんど関係ない。
・ライブビューはフォーカスがどこにあってるのか分かりづらいから使わない。
・ISOと絞りとシャッタースピードと露出補正を弄ればいろんな写真撮れる。
・標準レンズにはワイドコンバーターつけたら広く見える。景色とか綺麗に映る。
・本体性能も必要だけどレンズの性能で色々決まる。レンズは色々持ってると楽しい。
・F値1.4とか檄アツ。

で、帰宅したら勢いでD40を発注しちゃいました。だって楽しかったんだもの。到着を楽しみに待ってます。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D40 レンズキット ブラック D40BLK
ニコン (2006-12-01)
売り上げランキング: 21373