2009/05/26

GoTheDistanceのLT大会への姿勢に強く共感した

ござさんは本当面白い。

第2回LT大会やろうとおもいまつ - GoTheDistance

形式的には1000speakersなんだろうけど、「とにかくなんても良いからアウトプットしようぜ」というこの姿勢にすごく共感を持つ。
僕自身もアウトプット重要という意識があるし、「アウトプットを練習する為の場を作る」ということに強く興味を持っていて、いつか北海道でも1000speakersをやりたいと思っている。
その練習として第9回北海道開発オフを「成果発表強化集会」と位置づけて、1000speakersのようなLT大会を実施してみたんだけど、なかなかカジュアルに人を集めることが難しいなぁと思っていた。ここでこのござさんの投稿ですよ。僕の言いたいことがここに全部詰まってる。もう技術の話じゃなくてもいいんですよ。発表するものの内容ではなくて、発表すること自体に意味がある、そういう場を作りたい。

東京なんかだと人口比から言っても発表する人/できる人、話せる人は多いのだろうけど、地方は本当にスピーカーを探すのが大変なんです。決して技術力が低いわけじゃないし、アウトプットすることに興味が無いわけじゃないはずなんですよ。でも「やる機会が無い」→「やったことない」→「やれない」じゃあ負の連鎖から抜け出せないんです。一回やってみればどんどんイケると思うんです。だからこそ気軽にアウトプットできる場を作って、できるだけたくさんの人にアウトプット慣れしてもらって、地元のイベントで地元のスピーカーが発表できるようにしたい。したいんですよ!

とりあえずどうしたらいいんだろう、Googleグループの1000speakersになんか投げれば良いのか。後で考えよう。