2009/05/28

僕が村上春樹と出会ったワケ

村上春樹の新刊「1Q84」がついに発売になりましたねー。

1Q84(1)
1Q84(1)
posted with amazlet at 09.05.28
村上春樹
新潮社
売り上げランキング: 1

1Q84(2)
1Q84(2)
posted with amazlet at 09.05.28
村上春樹
新潮社
売り上げランキング: 2


僕も立派な村上春樹信者なので、早く読みたくて仕方がありません。いつ買おうかなぁ。

さて、中学生の頃から村上春樹を読み漁ってきた僕ですが、その出会いは「谷仮面」でした。



中学生の頃「ベルセルク」が読みたくてヤングアニマルを購入していました。「ベルセルク」以外にも面白い連載がいっぱいあったのですが、その中でピカ一面白かったのが「谷仮面」。作者は柴田ヨクサルで、「エアマスター」がアニメ化、「ハチワンダイバー」がドラマ化されて一気にメジャーになりました。その柴田ヨクサルのデビュー作が「谷仮面」です。

まぁなんというか、なぜか仮面を付けている怪力の高校生が主人公というシュールな漫画なんですけど、その主人公である谷が愛読していたのが村上春樹でした。どんな本なんだろうと興味を持って「風の歌を聴け」を読み始めたらとまらなくなってしまい、そのまま青春三部作を読了、一気に村上ワールドに染まってしまったわけです。

中学生・高校生には青春三部作(風の歌を聴け・1973年のピンボール・羊をめぐる冒険)+ダンス・ダンス・ダンスを強くオススメします。最も読みやすく、共感しやすいので、村上春樹の入り口としては最新刊よりもこっちのほうが良いと思います。谷仮面も面白いので是非(笑)

あぁどんどん村上春樹読みたくなってきた。最初から長編読み返そうかなぁ。