2008/12/31

読了:神林長平:[今宵、銀河を杯にして]

no image
神林 長平
早川書房
売り上げランキング: 162026


「敵は海賊」みたいな、神林長平のコミカルな面が現れている作品。全体を通し、仲間や愛車(戦車)や、酒や、そういったものへの愛情が、笑えるやり取りの中に見えてほのぼのします。でも種の闘い、そして共存などのテーマはしっかりあるし、ちゃんとSFしてます。戦車物というと士郎正宗の「ドミニオン」を連想しますけど、仲間の中の信頼関係と、自分が乗る戦車への愛情とか、共通点もいくつかあるなぁと思いました。