2008/12/29

読了:森見登美彦:[新釈 走れメロス 他四篇]

新釈 走れメロス 他四篇
森見 登美彦
祥伝社
売り上げランキング: 20332


やはり「走れメロス」が秀逸ですね。お馴染み図書館警察を相手に主人公が京都の町を駆け抜ける、その疾走感が素晴らしいです。5つの話の中ではもっともコミカルで、かつ爽快です。「桜の森の満開の下」 も、風景描写がとても綺麗で、かつ読後の物悲しさがとても良かったです。5話通して登場人物や背景に共通のものがあるので、楽しみながら読めました。