2008/12/07

読了:神林長平:[太陽の汗]

ぶっちゃけちょっと分かりづらいし、謎が残ったまま終わっちゃうので、読後に不完全燃焼感があるのだけど、言葉が不確実なコミュニケーションであって言葉は受容により意味が変化してしまう、というテーマや、目に見えるものと機械が見るものの差異というシチュエーションは面白かったです。ちょっと抽象的なのでカチっとしたSFを好む人には向かないかも知れませんが、こういう物語が書けるのも著者の魅力なんだろうと思います。

no image
神林 長平
早川書房
売り上げランキング: 253981